PR

ヒイラギ

常緑小高木

ヒイラギ(柊)の白い花

2020年11月7日

PR

葉についた鋭いトゲが特徴のヒイラギ(柊)は、魔除けの効果があるとされ、よく庭木に植えられています。山で生えるヒイラギも、トゲによって獣害を防いでいるようです。そのようなヒイラギ(柊)ですが、いま、白く可愛い花がたくさん咲いています。

我が家のヒイラギ

庭のヒイラギ
庭のヒイラギ

11月に入り、庭のヒイラギに花が咲き始めました。

いまはたくさんの花が咲いています。

ヒイラギは、関東以西に分布するモクセイ科モクセイ属の常緑小高木で、雌雄異株です。

樹高は、8mくらいになるようです。

山でも、生えているのをよく見かけます。日陰に強く、鋭いトゲがあるので、鹿にも食べられません。

我が家のヒイラギも、山からとってきたものだろうと思いますが、雌株で、毎年、花が咲いて黒い実をつけます。

西洋ヒイラギは赤い実ですが、こちらは黒い実になります。

毎年、種を落とし、何本かの実生が生えます。

 

ヒイラギの花

ヒイラギの花(1)
ヒイラギの花(1)

ヒイラギの花は、葉の付け根からたくさんの花柄(カヘイ)をだし、その先に花を咲かせます。

ひとつの花の大きさは、5mmくらいでしょうか。小さいので、拡大しないとよくわかりません。

ヒイラギの花(2)
ヒイラギの花(2)

写真のように、花びらは反り返り、2本の雄しべが長くでています。雌しべは、中央に低くついています。

愛嬌があって可愛いですね。

雄しべが長くのびているのが印象的ですね。(^_^)

ヒイラギの花とハチ
ヒイラギの花とハチ

少し見にくいですが、花にハチがとまっています。

この樹には、いま、たくさんのハチが飛んできて蜜をあつめています。

ハナバチの仲間でしょう、ちいさなハチです。

このハチは、人を刺すことはないんでしょうか。近くによっても、刺されたことはありません。

ヒイラギの利用

ヒイラギの葉
ヒイラギの葉

ヒイラギは、節分の魔除けの呪いやクリスマスの飾りなどにもつかわれますね。

我が家では、節分に、ヒイラギの葉、鰯の頭、高野槙の葉を木(都合いいので割りばしを使っています)に取り付けて、家の周囲の窓の近くに飾ります。

普通は、ヒイラギと鰯の頭を飾るのだと思いますが、当地では、防火のためときいていますが、高野槙も飾ります。

田舎では、まだ行われているところがあるのではないでしょうか。

かざっても、鰯の頭は、すぐに鳥が飛んできて食べてしまいます。ヒイラギがあっても平気のようです。

葉にトゲがあるので、防犯を兼ねて生け垣に植えられることもあるようですね。

また、ヒイラギの木は、強いそうです。

なので、昔は石を割ったりするときに使う玄翁(ゲンノウ)の柄に使われてきたそうです。

                   (^-^ )   

ヒイラギの花言葉は、「用心深さ」、「先見の明」、「保護」。

 

おわりに

いまヒイラギの花が満開です。小さい花がたくさん集まって咲いていますが、

ひとつひとつは可愛い花です。

葉にトゲをつけていることや、木が強いことなどで、

男性的な樹ともいえるんでしょうか。 

 

参照サイト

 Wikipedia ヒイラギ セイヨウヒイラギ

 花言葉-由来

 

関連投稿

 節分の魔除けを飾りました!

 ヒイラギモクセイ(柊木犀)の花

 ヒイラギ(柊、疼木)の丸い葉

 

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-常緑小高木
-, , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ