ヒイラギの実

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

動物 生き物

ヒイラギ(柊)の黒い実を食べる、ヒヨドリと猿を動画撮影

2021年7月6日

6月に、庭のヒイラギ(柊)の実が、黒く熟しました。鳥が食べに来るだろうとトレイルカメラをセットし、数回写すことができました。ところが、突然に、想定外の猿がやってきて、食べていきました。彼らには、ヒイラギのトゲは痛くもかゆくもないようです。

ヒイラギ(柊)の黒い実を食べるヒヨドリと猿

ヒイラギ(柊)に実った黒い実

たくさんついたヒイラギの実

たくさんついたヒイラギの実

昨年の11月に白い花を咲かせていたヒイラギにたくさんの黒い実がつきました。

こんなにたくさん実をつけるのかと、驚くほどでした。長さ十数mm、太さ4mmくらいの大きさです。

こんなに実っているんだから、鳥が食べにくるだろうと思って、トレイル カメラをセットしてみました。

カメラをセットすると、警戒するのでしょうか、それまでは来ていたようだった鳥が来なくなりました。

そのままにしておいたところ、何回か、写っていました。  

ところが、ある朝、猿という思わぬ客がやってきて、美味しいのかどうかわかりませんが、食べていきました。

私が、留守にしていた朝に来たようです。

大きな猿が、ほとんど食べていったようで、その後は鳥も来なくなりました。

猿は、冬にナンテンも実を食べにくるのですが、ヒイラギの実を食べにくるとは、想外で驚きました。

動画処理が未熟ですが、のせて見ました。

ヒイラギの実を食べるヒヨドリ

ヒヨドリが、美味しそうに食べています。

ヒイラギの実を食べる猿

猿が、横取りにきて、むしゃむしゃと食べています。

ヒイラギの基本情報・花言葉

ヒイラギは、台湾と日本の関東以西に分布する、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木です。

雌雄異株で、花や実は雌の樹につきます。育つ速度は遅いようですが、山の日当たりが良くない場所でも育つようです。

ヒイラギの名前の由来は、

和名は、の縁のに触るとヒリヒリと痛むことから、「ヒリヒリと痛む」旨を表す日本語古語動詞である「疼(ひひら)く・疼(ひいら)ぐ」の連用形・「疼(ひひら)き・疼(ひいら)ぎ」をもって名詞としたことによる。 Wikipedia

ヒイラギの花期は11~12月で、花のあとにつけた実は、時間をかけて大きくなり、

6~7月ころに長さ十数mm、太さ3~4mmくらいでしょうか、紫黒に熟します。

葉は対生し、長さ3~7cm、幅2~4cmで、表面は革質で硬く、クチクラ層のために光沢があります。

形は、楕円形状で、縁に鋭い鋸歯が2~5対でつきます。 樹高は4~8m、樹皮は灰白色で、円形の皮目が見られます。

ヒイラギの花言葉は、「用心深さ」、「先見の明」、「保護」。  

おわりに

まさか猿が食べに来るとは思いませんでした。

最初に鳥が食べに来ていましたが、ある日突然屋根伝いにやってきて、食べていきました。

ヒイラギの葉はトゲトゲしていて、触るととても痛いのですが、鳥や猿には平気なようです。

ヒイラギの実はそれほど美味しくはないでしょうが、よほど困っているようです。(・_・)

参照サイト

Wikipedia ヒイラギ

花言葉-由来 ヒイラギ

関連投稿

ヒイラギの葉
ヒイラギ(柊、疼木)の丸い葉 

節分の魔除けなどに使われるヒイラギ(柊、疼木)の葉には、普通、鋭いトゲがついているとイメージされています。しかし、古い樹は、トゲがなくなって丸みを帯びると聞きます。我が家のヒイラギの樹について、実際は ...

続きを見る

ピラカンサを食べるヒヨドリ(動画撮影に挑戦)

庭のピラカンサに、今年も赤い実が沢山つきました。毎年つくのですが、いつの間にか野鳥が来て、食べていくようで、気が付いた時には、無くなっています。今年は、カメラをセットして動画撮影に挑戦しました。何とか ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-動物, 生き物,
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ