雌雄異株

イヌツゲの黒い実

常緑小高木 樹木

イヌツゲ(犬柘植)の黒い実、ツゲとの違い

イヌツゲは、モチノキ科モチノキ属の常緑小高木で、庭木や盆栽に使われます。材の価値が、ツゲに対して劣るとしてイヌツゲの名になりましたが、刈込に強く、動物の形などに仕立てられるなど幅広く利用されます。イヌ ...

アオキ

常緑低木 樹木

アオキ(青木)の赤い実と花

アオキ(青木)は、中国地方を除く本州と、四国東部に分布するといわれるミズキ科の常緑低木です。葉や茎が緑のため、アオキと名づけられ、日陰に強く、庭木や公園などによく植えられます。冬に光沢がある赤い実をつ ...

マタタビの実

樹木 落葉つる性植物 落葉低木

猫が喜ぶという「マタタビラクトン」を含んだマタタビ(木天蓼)

2021/10/18    , ,

山に生えるているマタタビ(木天蓼)が実をつけています。猫が好きと言われるマタタビですが、6月に咲いた花が、8月になると、虫がついてごつごつ変形した実や、きれいな実がついています。マタタビの花言葉は、「 ...

サルナシの実

常緑つる性植物 常緑低木 樹木 蔓性植物

山でみのるサルナシ(猿梨)の実

キウイはマタタビ科マタタビ属のツル性植物で雌雄異株です。雌株には大きさが3cmくらいで、表面に毛がないキウイににた形の実をつけます。サルが好んで食べ、梨ににているのでサルナシ(猿梨)と名づけられたとの ...

PR

ハナイカダ(花筏)の実

樹木 落葉低木

葉の上に花が咲くハナイカダ(花筏)に、実がつきました

花筏は、葉の上で花が咲き、実をつけるかわった植物です。他には見たことがない珍しい樹だと思いますが、10年位前に、雌雄で一対の花筏の苗木を買って育ててきましたが、花が咲き、実が付くようになりました。ここ ...

黒い小さな実がついたユズリハ

常緑高木 樹木

ユズリハ(譲葉)は黒い実で増え、よく繁殖しています

ユズリハ(楪、譲葉)の葉は、新芽が出ると古葉が落ちて入れ替わるため、世代交代がうまくいく象徴され、縁起物の樹とされています。また、秋に黒い実をつけて自生しますが、有毒植物なので鹿などによる食害を受ける ...

花の形

樹木 落葉低木

ニシキギ(錦木)に咲く花と集まる虫

5月になり、ニシキギ(錦木)に無数の小さな花が咲き、いろんな虫が集まっています。花言葉は、枝にカミソリのような羽根をつけるので「危険な遊び」、秋に可愛い実をつけるため「あなたの魅力を心に刻む」。秋の真 ...

キウイ

樹木 落葉つる性植物 落葉低木

キウイの収量を改善した経験について

十数年前に植えたキウイが育ち、今は、そこそこ収穫があります。しかし、以前はあまり、実が生りませんでした。調べた結果、実をつける雌(キウイは雌雄異株)の樹の日当たりが悪いのが原因と思われました。ここでは ...

© 2021 山に出かけてecoライフ