オオアレチノギク

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草木 野草

オオアレチノギク(大荒地野菊)に花と綿毛がついています

PR

オオアレチノギク(大荒地野菊)は、南アメリカ原産で、アフリカ、オセアニア、アジアなどに移入分布し、日本では本州から九州で見られるキク科イズハハコ属の二年草です。花期は7~10月で、茎の上部に円錐花序になって、小さな頭状花をにたくさんつけます。

オオアレチノギク(大荒地野菊)の花、綿毛

オオアレチノギクの花

オオアレチノギクの花

オオアレチノギクの花

オオアレチノギク(大荒地野菊)は、空き地などで良く見かける背が高い雑草です。

休耕地でしょうか、畑のような場所に、群生していたにで、撮らせていただきました。

荒地で育つ大きなキク科の野草ということで、この名がつけられたようですが、

南アメリカ原産で、繁殖力が強く、日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100に選ばれています。

長く伸びた茎の上部にたくさんの枝を出し、円錐花序で頭状花を咲かせます。

よく見る野草なので、見かけられた方の多いのではないでしょうか。

ただ、近縁種に、北アメリカ原産のヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)があり、よくにているので、

見分けるのがむつかしいのですが、ここでは花の様子(舌状花、大きさ)から、オオアレチノギクと判断しました。

名前に、ヨモギと入っていますが、たしかに両者とも、ヨモギにもにているように思います。

オオアレチノギクの綿毛

オオアレチノギクの綿毛

花は、茎から伸びた上のほうで、いくつもの茎の先に複数の花を咲かせる円錐花序になって、咲いています。

個々の花は、頭状花ですが、花びらのように見える舌状花は、見られないので、花らしくない花だと思います。(^ ^;)

花が終わったあとは、実に萼(ガク)がたくさんの毛状構造になり冠毛(カンモウ)と呼ばれる綿毛をつけ、風によって運ばれます。

あのたくさんの綿毛は、もとは萼(ガク)なんですね。

葉・茎

葉・茎

葉・茎

茎や葉は、灰色がかった灰緑色をしており、茎につく葉は狭披針形で、両面に短毛が生えます。

冬は、茎が枯れて根生葉となりますが、倒披針形で鋸歯がつきます。

茎は1.5~2mほどになり、軟毛が生えます。

オオアレチノギク(大荒地野菊)の基本情報・花言葉

オオアレチノギク(大荒地野菊)は、南アメリカ原産で、アフリカ、オセアニア、アジアなどに移入分布し、日本では本州から九州で見られるキク科イズハハコ属の二年草です。

日本では、1920年に東京で確認されたいわれます。

花期は7~10月で、茎の上のほうに円錐花序で、小さな頭状花をにたくさんつけます。頭花は長さ5mmで、舌状花は小さく花びらがないように見えます。

茎につく葉は、細長い披針形で、表面に短い毛が生え、ほとんど鋸歯はみられません。冬は、根生葉で過ごしますが、浅い鋸歯のある細長い倒披針形になります。

草丈は、1.5~2mになります。

近縁種に、ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)アレチノギク(荒地野菊)があります。

ヒメムカシヨモギは、舌状花が見られ、頭状花が小さい、ことなどがオオアレチノギクと異なる点と言われます。

日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100に選ばれており、外来生物法要注意外来生物に指定されています。

オオアレチノギクの花言葉は、不明です。

参照サイト

Wikipedia オオアレチノギク ヒメムカシヨモギ

松江の花図鑑 オオアレチノギク

しずおかみんなの しぜんたんけんてちょう ヒメムカシヨモギ

芝地雑草の見分け方と防除 オオアレチノギクとヒメムカシヨモギ

関連投稿

ダンドボロギク
ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花と綿毛

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花が咲き、綿毛が飛んでいます。名前は、名古屋の段戸(ダント)山で発見された襤褸(ボロ)のようなキク科植物であることに由来し、北アメリカ原産の帰化植物です。有毒植物のようで ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-草木, 野草
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ