検索

ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

アカマツ(赤松)とクロマツ(黒松)の違い

2021年1月2日

アカマツ

アカマツとアカマツの主な違いは、アカマツが内陸部に生えて幹が赤く、葉に触ると痛くて冬芽が赤いのに対し、クロマツは海岸沿いに生えて幹が黒く、葉は痛くなく冬芽が白い、などになります。両者とも日本に自生して良くにており、正月の門松などに使われます。

アカマツ(赤松)とクロマツ(黒松)の違い

アカマツとクロマツの違い一覧

アカマツとクロマツの違いを調べた結果を、一覧表にまとめました。

  アカマツ クロマツ
幹の色 赤褐色  黒褐色
葉の先端の触感 あまり痛くない 痛い
松笠の大き(cm) 4~5 6~8
冬芽の色 赤茶色 白っぽい
生育地 内陸部 海岸沿い

アカマツとクロマツの違いは、幹の色でほぼ見分けることができるかと思いますが、葉の先端を触った触感などによって、また冬であれば冬芽の色によってより確かになると思います。

以下に、アカマツとクロマツの詳細や、松の門松への使われ方などを見てみます。なお、松の仲間には、日本固有種のゴヨウマツ(五葉松)もあり、関連投稿に上げていますので、こちらもご覧ください。

アカマツ(赤松、別名:雌松)

アカマツの小苗

アカマツの小木

冒頭の写真は、山で見かけた大きなアカマツの樹ですが、見てわかるように、幹の色が赤みがかっています。 上の写真は近くに生えていた高さが2mくらいのアカマツの樹です。近づいて見たのがつぎの写真です。

アカマツの幹

アカマツの幹

表面が平滑で、すこし赤みを帯びていることがわかります。アカマツの分布は、本州、四国、九州ですが、北海道には植林されたものが生育していると言われます。

また、クロマツが海岸沿いに多く生えているのに対して、アカマツは内陸に多く、私が山で見かけるものも、すべてアカマツです。

アカマツの冬芽

アカマツの冬芽

写真はアカマツの冬芽ですが、ご覧のように赤茶色の鱗片で覆われています。 いくつもの芽が出ていますが、真ん中の芽が頂芽(チョウガ)と呼ばれ、まっすぐ上にのびます。横についた側芽(ソクガ)は枝になります。

つぎの写真は、アカマツに咲いた雌花と雄花です。アカマツの雌花は茶色っぽいいろをしています。

アカマツの雌花と雄花
雌花と雄花

雌花と雄花

雌花

雌花

雄花

雄花

もう一つの特徴は、アカマツの葉の先端を手に当てた感覚が、クロマツに較べて痛くないことです。

 最後に、おなじみの松笠についてですが、アカマツの松笠の大きさは、4~5cmくらい、でクロマツに較べて小さめです。ただ、樹や松方によって個体差があるようなので、大きさで見極めるのは注意が経験が必要かもしれません。

なお、松茸は、クロマツには生えず、アカマツに生えますが、採れるまでは25年くらいの期間が必要とのことです。

クロマツ(黒松、別名:雄松)

クロマツの樹

クロマツの樹

クロマツは、北海道、本州、四国、九州に自生しますが、塩害に強く、海岸沿いなどによくみられます。 また、各地の防風林、旧街道の並木などや、庭木によく植えられています。

クロマツの冬芽は、

クロマツの冬芽

クロマツの冬芽

写真のように白っぽい鱗片で覆われています。アカマツの鱗片と比べると違うことが分かるかと思います。

つぎの写真は、クロマツの雌花と雄花です。雌花はアカマツにくらべて赤みを帯びており、この点も違っています。

クロマツの雌花と雄花
雌花と雄花

雌花と雄花

雌花

雌花

雄花

雄花

また、クロマツの幹は、

クロマツの幹

クロマツの幹

このように、ゴツゴツして、黒っぽい色をしています。 クロマツという名は、このように幹が黒いことに由来します。 クロマツの松笠の大きさは、6~8cmで、4~5cmのアカマツより大きいのも両者の違いです。

マツの花言葉は、「不老長寿」「永遠の若さ」「勇敢」「向上心」で、真冬でも青々とした葉を茂らせ、寿命も長いことから。縁起物としての位置づけからイメージされたと考えられます。その他に、「哀れみ」「かわいそう」「慈悲」「同情」などがありますが、こちらは。ギリシャ神話に基づくと言われます。(詳細は「花言葉事典」)

また、1月3日、1月19日、12月14日の誕生花です。

門松とマツについて

門松

門松

建材として有用な松ですが、お正月に飾られる門松にも使われています。門松について少し調べて見ました。

一般家庭では、ほとんど作られなくなっていますが、新年の幸せをもたらす歳神様が依りつくためのものとして、平安時代ころから、つくられ始められたと言われます。

ツの名前は、神様を「待つ」や「祀る」ことに由来するのではないかとのことです。また、マツが他の樹がなかなか生えない砂浜などの痩せ地に育ち、長寿であるなど、その生命力の強さから、神が宿る樹と考えたのではないかと想像されています。

門松は、イラストの様に、松、竹、梅などが飾られますが、竹が飾られるようになったのは、鎌倉時代以降と推測されるようです。 そのほか、いまは、ユズリハ、ウラジロ、ナンテン、クロモジなどいろんなものが飾られるているようですね。

マツは、明るい地面で育つ菌根菌と共生するため、痩せ地で良く育つ植物で、先駆(パイオニア)植物とされています。 門松は門などの前に、一対で立てられますが、アカマツ(雌松)を向かって左側、クロマツ(雄松)を向かって右側、として立てることがあるとのことです。 あまり聞いたことがないので、検索してみました。

花屋さんのHP「ハナノオト」によると、香川県では向かって右側にクロマツ、左側にアカマツを使うようです。 また、山口県にある重要文化財 菊屋住宅でも、同じ様に立てられるとのことです。

一般的ではないのでしょうが、このように立てられる場合があるようですね。 私は、子供の頃に親の手伝いで立てたことがありましたが、アカマツとクロマツの区別までは、考慮していませんでした。 というより、利用できるのはアカマツだけだったんだろうと思われます。 

参照サイト

Wikipedia マツ アカマツ クロマツ

松江の花図鑑 アカマツ クロマツ

花言葉事典 ゴヨウマツ 

関連投稿

PR



~いま見ごろの花たち~

カテゴリー

PR

-常緑高木, 樹木, 針葉樹
-, ,