黒い実

キズタ

常緑つる性植物 樹木

キズタ(木蔦)は冬にも葉をつける常緑つる性木本です

キズタ(木蔦)は別名フユズタ(冬蔦)とも呼ばれます、冬の寒さの中で、樹をつたってのびた蔓につく葉が、きれいな緑いろをしています。落葉性のツタ(蔦)にたいして、太さになり木質化するので、キズタと呼ばれま ...

トウネズミモチの黒い実

常緑小高木 広葉樹 樹木

トウネズミモチ(唐鼠黐)の黒い実

トウネズミモチは、中国中南部原産で、モクセイ科イボタノキ属の常緑小高木で、6~7月ころに花が咲き、11月ころに実が黒く熟します。野鳥によって種子散布されますが、急激に増加していて、要注意外来生物に指定 ...

イヌツゲの黒い実

常緑小高木 広葉樹 樹木

イヌツゲ(犬柘植)の黒い実、ツゲとの違い

2021/12/17    , ,

イヌツゲは、モチノキ科モチノキ属の常緑小高木で、庭木や盆栽に使われます。材の価値が、ツゲに対して劣るとしてイヌツゲの名になりましたが、刈込に強く、動物の形などに仕立てられるなど幅広く利用されます。イヌ ...

サンゴジュの実

常緑高木 広葉樹 樹木

サンゴジュ(珊瑚樹)の実

サンゴジュ(珊瑚樹)は、朝鮮半島、台湾や東南アジアの温帯~亜熱帯地域や日本の関東地方南部以西に分布する、スイカズラ科の常緑高木の広葉樹で、庭木、生垣、などでも植栽されます。8月ころに赤い実つけますが、 ...

PR

ムクロジの実

広葉樹 樹木 落葉高木

ムクロジ(無患子)の樹に初めて実がつきました

2021/12/19    ,

山に植えたムクロジ(無患子)の樹に、初めて実がつきました。蒔いた種が発芽して20年ほど経過し、樹の先端に20個ほどつきました。正月の羽根突きなどにも使われ、縁起いいと言われる樹ですが、これからもたくさ ...

マルミノヤマゴボウの花

草本 野草

マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)の赤い花と黒い実

2021/9/7    ,

マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)は、中国、台湾や日本の関東以西に分布するヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草です。名前は、実が分果せず、丸い実になることに由来します。茎から上に向かって伸びた総状花序に赤 ...

クワの実

広葉樹 樹木 落葉高木

クワ(桑)の実が黒く熟しました

2022/1/16    

クワ(桑)の実が、赤から黒く熟してきました。古代に中国から伝来したといわれるクワですが、カイコ(蚕)のえさ用に栽培されていた樹には、いまも花が咲き、実がなっています。こどもの頃よく食べましたが、いまは ...

シロヤマブキ

広葉樹 樹木 落葉低木

シロヤマブキ(白山吹)の白い花がきれいです

シロヤマブキ(白山吹)の白い花が咲いています。冬に葉を落とし、黒い実をたくさんつけていた1mほどの樹に、大きさが4cmくらいで、4枚の花びらの白い花です。ヤマブキと同じバラ科で、花はヤマブキににている ...

ウワズミザクラの花

広葉樹 樹木 落葉高木

ウワズミザクラ(上溝桜)の白い花と実

ウワズミザクラ(上溝桜)は、バラ科の落葉高木で、4~5月ごろ、白く小さな花を総状に連ねてブラシのような花を咲かせます。実は8mmくらいの球形で、初夏に黒く熟し、動物が好んで食べます。古代には、「亀ト( ...

PR

ホソバヒイラギナンテン

常緑低木 広葉樹 樹木

葉が細いホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)の花や実

2021/12/22    , ,

ヒイラギナンテンにくらべて、葉が細長いホソバヒイラギナンテンは、庭木などによく植えられます。冬も紅葉せず1年中きれいな緑の葉をつける常緑樹です。9月から12月に黄色い花を咲かせ、その後実をつけますが、 ...

© 2022 山に出かけてecoライフ