黒い実

アオツズラフジ

樹木 落葉つる性植物 落葉低木

アオツヅラフジ(青葛藤)の長いツルに、黒い実がついています

アオツヅラフジ(青葛藤)は、雌雄異株のツル性落葉植物で、秋に黒くて小さな実をつけます。ブドウのようにかたまってたくさんの実をつけますが、粒は小さく、有毒です。見た目は美味しそうですが、食べてはいけない ...

ニラの花

家庭菜園

畑で咲くニラ(韮)の白い花

9月に、畑で咲くニラ(韮)に白い小さな花が、たくさんかたまって咲いています。古事記の時代から作られていた多年草の緑黄色野菜で、中国料理でよく使われますね。花が終わると、黒い種をつけて落とします。花言葉 ...

ヤブラン

多年草 草本 野草

ヤブランの黒い実、ジャノヒゲの青い実

ヤブランとジャノヒゲはキジカクシ科の多年草でよくにていますが、ヤブランの花は紫・実は黒・葉の幅は約7mm、一方、ジャノヒゲは花は白・実は青・葉の幅は3mmなどが違います。 ヤブランの黒い実、ジャノヒゲ ...

ヒオウギ(檜扇)の実

多年草 草本 草花 野草

ヒオウギ(檜扇)のオレンジの花と黒い実

7月ころに咲き始めたヒオウギ(檜扇)の花が終わり、ヌバタマ(射干玉)と呼ばれる黒い実をつけようとしています。葉が宮中で使われる檜扇ににているのが名前の由来ですが、花や実は、切り花や装飾に使われます。ヒ ...

PR

クサギの花

樹木 落葉小高木

葉をちぎると臭いクサギ(臭木)ですが、花はいい香りがします

8~9月にきれいな花を咲かせるクサギ(臭木)は、葉や枝をちぎりると嫌なにおいがするので、クサギと名づけられました。このように不名誉な名前を付けられたクサギですが、花は甘ずっぱいいい香りがします。実は草 ...

ヤマゴボウの実

多年草 草本 野草

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)が実をつけています

6月末から、ヨウシュヤマゴボウが実をつけています。アメリカ原産の帰化植物で、ゴボウのような根を付けるため、ヨウシュヤマゴボと呼ばれ、漢字では「洋種山牛蒡」と書きます。有毒植物なので、動物の食害にも強い ...

クマノミズキの花

樹木 落葉小高木

ミズキ(水木)とクマノミズキ(熊野水木)の違い

クマノミズキ(熊野水木)は、ミズキ(水木)とそっくりな花をつけますが、つぎのような違いがあります。クマノミズキは、花期が6~7月、西日本以西に分布、葉が対生でつく、ミズキは、花期が5~6月、北海道から ...

黒い小さな実がついたユズリハ

常緑高木 樹木

ユズリハ(譲葉)は黒い実で増え、よく繁殖しています

ユズリハ(楪、譲葉)の葉は、新芽が出ると古葉が落ちて入れ替わるため、世代交代がうまくいく象徴され、縁起物の樹とされています。また、秋に黒い実をつけて自生しますが、有毒植物なので鹿などによる食害を受ける ...

クマノミズキとミズキの違い

樹木 落葉高木

ミズキ(水木)に咲く白い花と、その後につく実

5月になり、山では、ミズキ(水木)の白い花をよく見かけます。ヤマボウシやトチノキと同じころに咲くミズキですが、小さな花が集まった大きく白い花なので、新緑に良く目立ちます。材は、緻密で加工しやすいため、 ...

© 2021 山に出かけてecoライフ