オレンジの花

ナガミヒナゲシの花

一年草 草本 草花

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)に咲くオレンジの花

ナガミヒナゲシは、長く伸びた花茎の先に、4枚のオレンジの花びらの花を1個咲かせます。地中海沿岸が原産で、日本へは輸入穀物に混入して移入して全土に広まったと言われ、1961年に東京都で確認されました。繁 ...

つる性植物 一年草 草本 野草

マルバルコウ(丸葉縷紅)のオレンジの花

マルバルコウ(丸葉縷紅)は、8~10月の間にオレンジ色でロート状の花を咲かせます。江戸時代に、日本に観賞用に渡来し、いまは野生化していると言われます。熱帯アメリカ原産で、日本では中部地方以南でよく見ら ...

グラジオラスの花

球根性多年草 草本 草花

グラジオラス(別名トウショウブ)のオレンジの花

グラジオラスは、アフリカ・地中海沿岸などが原産のアヤメ科で、球根性の多年草です。日本へは、明治時代に渡来しました。名前は葉が古代ローマの剣であるグラディウスににていることに由来します。別名は、トウショ ...

オニユリの花

球根性多年草 草本 草花

オニユリ(鬼百合)に咲くオレンジ色の花

オニユリは、オレンジの花びらに斑点がついたきれいな花で、ユリの仲間では珍しくムカゴ(零余子)をつけて増えます。グアム東部、中国、朝鮮半島に自生し、古い時代に中国から伝来したと言われるユリ科ユリ属の多年 ...

ヒメヒオウギズイセン

球根性多年草 草本 草花

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)のオレンジ色の花

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)は、南アフリカ原産で、アヤメ科フリージア属の多年草です。園芸名は、クレコスミアやモントブレアと呼ばれますが、世界的に野生化しているといわれます。7~8月に、花茎にオレ ...

カンナの花

球根性多年草 草本 草花

カンナは初夏から秋に咲く、黄やオレンジの大きな花です

カンナは、花期は6~10月中旬で、暑い夏から秋に咲き続ける熱帯アメリカ原産のカンナ科カンナ属の多年草です。コロンブスの時代にヨーロッパにもたらされ、日本へは江戸時代に渡来したが、栽培品種が多くあり、花 ...

ヤブカンゾウの花

多年草 草本 野草

ヤブカンゾウのオレンジの花、ノカンゾウとの違い

ヤブカンゾウ(藪萱草)は7~8月に、八重咲きのオレンジの花を咲かせる中国原産のユリ科ワスレグサ科の多年草です。よくにたノカンゾウ(野萱草)も、同じ時期に咲く近縁種の多年草ですが、一重咲きで咲き、日本、 ...

ノウゼンカズラの花

草本 蔓性植物

夏に咲くノウゼンカズラ(凌霄花)のオレンジの花

ノウゼンカズラ(凌霄花)は、平安時代に中国から伝来したといわれるつる性の落葉植物です。蔓は3~10mほど伸びるといわれ、高い樹から垂れ下がっているのを見かけます。夏の6~7月に、オレンジ色の漏斗状の花 ...

クンシラン

多年草 草本 草花

オレンジのクンシラン(君子蘭)の花が咲きました

クンシラン(君子蘭)が咲きました。いままでは、葉を見るだけだったのですが、今年はオレンジのきれいな花が咲きました。一昨年に、一つの鉢に3株生えていたクンシランを株分けし、土を入れ替え、肥料をあげたのが ...

金木犀

常緑小高木 広葉樹 樹木

秋の彼岸が近くなり、キンモクセイ(金木犀)の香りがしています

秋の彼岸が近ずくと、キンモクセイ(金木犀)のいい香りが漂ってきます。江戸時代に中国から伝来したモクセイ科の常緑小高木で、雌雄異株、庭木でよく見かけます。花がサイ(犀)の足の裏の形で、黄い(金色)ことか ...

ヒオウギ(檜扇)の実

多年草 草本 野草

ヒオウギは、夏にオレンジの花が咲き、秋に黒い実をつけます

ヒオウギは、8月ごろにオレンジの花を咲かせ、秋にヌバタマ(射干玉)と呼ばれる黒い実をつけます。名前は、葉が扇状にでる様子が、宮中で使われる檜扇ににていることに由来します。また、きれいな花は切り花に、茎 ...

オニユリ

球根性多年草 草本 草花

オニユリ(鬼百合)とコオニユリ(小鬼百合)の違い

オニユリ(鬼百合)のオレンジ色の花が咲き始めました。オレンジの花びらに、クロっぽい色の点々がついた様子が、鬼のパンツを連想させるのでオニユリと聞きました。オニユリによくにた、近縁種のコオニユリ(小鬼百 ...

© 2022 山に出かけてecoライフ