縁起物

ヤブコウジ

常緑小低木 樹木

赤い実をつける縁起物のヤブコウジ(藪柑子、十両)

ヤブコウジは十両とも呼ばれ、高さが10~30cmほどになるサクラソウ科ヤブコウジ属の常緑小低木です。赤いきれいな実をつけ、縁起物として正月の寄せ植えなどによく植えられます。名前は、ヤブに生え、実が柑橘 ...

つるにぶら下がったカラスウリ

多年草 草本 草花

カラスウリにぶら下がった、たくさんの赤い実

カラスウリのツルが大きく伸びて、たくさんの赤い実をつけていました。駆除されることもなく、主がいない家の壁を伝って大きくなったようで、ツルを壁全面に伸ばしているようですが、冬になって葉が落ち、実が赤く熟 ...

ムクロジの実

広葉樹 樹木 落葉高木

ムクロジ(無患子)の樹に初めて実がつきました

2022/2/26    ,

山に植えたムクロジ(無患子)の樹に、初めて実がつきました。蒔いた種が発芽して20年ほど経過し、樹の先端に20個ほどつきました。正月の羽根突きなどにも使われ、縁起いいと言われる樹ですが、これからもたくさ ...

ヒイラギナンテン

常緑低木 広葉樹 樹木

秋に紅葉するヒイラギナンテンは、黄色い花が咲き、実は黒く熟します

ヒイラギナンテンの名前は、葉にヒイラギのようなギザギザがあり、葉のつき方がナンテンににていることに由来します。3~4月に黄色い花を咲かせ、実は秋に黒く熟し、紅葉します。ヒイラギの「魔除け」、ナンテンの ...

オタフクナンテン

常緑低木 広葉樹 樹木

赤くて綺麗なオタフクナンテン(お多福南天)

冬に真っ赤に紅葉した姿がきれいなオタフクナンテン(お多福南天)は、ナンテンの園芸品種とのことです。ナンテン(南天)と違って、背は50cmくらいで大きくならず、剪定もほとんど必要ないなどから好まれるよう ...

ムクロジ

広葉樹 樹木 落葉高木

邪気をはらい、縁起がいいムクロジ(無患子)

2021/12/19    ,

ムクロジ(無患子)は、アジアの熱帯から亜熱帯や、日本の新潟県・茨城県以西に分布する落葉高木です。名前が「子が患わ無い」と書かれ、子供の無病息災を願って神社や寺に植えてられてきました。種は丸く硬いため、 ...

カラスウリ

つる性植物 多年草 草本 野草

縁起物のカラスウリ(烏瓜)の赤い実

カラスウリは、種の形が打ち出の小槌ににているため、縁起物として財布に入れられたりします。花期は7~9月ごろで、夜に咲く幻想的な花をつけますが、朝には萎んでしまうためか、赤い実の方が知られているようです ...

ウラジロ

シダ植物 多年草 草本 野草

正月飾りのウラジロ、コシダとの違い

2022/1/26    ,

ウラジロは、正月の鏡餅や松飾に使われるシダ植物です。長く伸びた一対の葉の裏が白いため、夫婦がとも白髪の生えるまでなどの連想から、縁起物とされます。山に生えるウラジロの様子や、よくにたコシダとの違いにつ ...

ユズリハ

常緑高木 広葉樹 樹木

ユズリハは、正月飾りなどに使う縁起がいい樹

2022/1/23    ,

ユズリハ(楪、譲葉)は、福島県以南で自生するユズリハ科の常緑高木で雌雄異株です。新芽が出た後、譲るように古い葉が落ちるため、家が代々続くことを象徴する縁起のいい植物として正月の鏡餅や門松に使われます。 ...

ナンテンの花

常緑低木 樹木

初夏に咲くナンテン(南天)の白い花と、赤い実

ナンテンは、「難(ナン)を転(テン)じる」と言われることから縁起物とされ、赤い実が好まれて庭木や切り花などにされますが、初夏には小さな白い花をたくさん咲かせます。ここでは、あまり注目されないナンテンの ...

© 2022 山に出かけてecoライフ