紫の花

キリの花

広葉樹 樹木 落葉高木

5月に咲くキリ(桐)の紫の花と、冬の花芽や実のようす

2022/5/15    ,

キリは、5月に紫いろのたくさんの花を、30~50cmの花序で咲かせ、3~4cmの卵形の実をつけます。材は良質で、柔らかくて軽く、割れや狂いが少なくて湿気を通さないため、家具などに使われます。ここでは、 ...

ツリガネズイセン

多年草 草本 草花

ツリガネズイセン(釣鐘水仙)に青い花が咲いています

ツリガネスイセンは、シラーカンパニュラータやブルーベルとも呼ばれ、30cmに伸びた花茎の周りに、総状花序で直径1.5cmほどの細長い釣鐘形の青い花を、10輪ほどつけます。花びらは6枚で、表面に濃い色の ...

カキドオシの花

つる性植物 多年草 草本 野草

カキドオシ(垣通し)は、春に薄紫の唇形花を咲かせます

2022/5/2    ,

カキドウシ(垣通し)は、4~5月に薄紫の唇形花を咲かせます。人形のようなユーモラスな花ですが、ツル状の茎が垣根を通り抜けるほど勢いがいいとして、「垣通し」とつけられました。若葉は食用になり、薬効もある ...

モクレンの花

広葉樹 樹木 落葉小高木

世界最古の花木と言われるモクレン(木蓮)に咲く、大きな紫の花

モクレン(木蓮)は、ハス(蓮)ににた花が咲く木として、名づけられました。白い色のハクモクレン(白木蓮)が咲いて少ししてから、花が咲き、間もなく若葉が出てきます。中国原産で、世界最古の花木と言われ、日本 ...

ハナニラ

球根性多年草 草本 草花

ハナニラ(花韮)は、春に星のような形の薄紫の花を咲かせます

4月になり、ハナニラの花をよく見かけます。星のような形をした薄紫の花で、茎の先に一つ咲きます。名前は、葉や茎を切ると、ニラのような匂いがすることに由来します。アルゼンチン原産で、明治時代に鑑賞用に輸入 ...

オオアラセイトウ

草本 草花 越年草

オオアラセイトウ(ムラサキハナナ)は食用可能で、紫の花が咲きます

オオアラセイトウ(大紫羅欄花)は、ムラサキハナナ(紫花菜)やショカツサイ(諸葛菜)とも呼ばれ、原産地の中国では食用にもされました。3~5月、30~80cmほどの茎の先に、花序で紫の花びらの花を咲かせま ...

ヒヤシンス

球根性多年草 草本 草花

3~4月に青やピンクなどの花を咲かせる、ヒヤシンスがきれいです

3月中ごろに、ヒアシンス(風信子)の花が咲き出しました。原種は青紫と言われますが、青、ピンク、赤、白など、いろんな色の花があります。地中海東部沿岸が原産で、寒さに比較的つよい球根性の多年性植物で、南関 ...

多年草 草本 蔓性植物

ツルニチニチソウ(蔓日々草、ビンカ・マジヨール)の薄紫の花

3月になって、ツルニチニチソウ(蔓日々草、ビンカ・マジヨール)の薄紫の花が咲きはじめました。常緑ツル性の栽培草花で、地面に這って伸び、広がります。花期は3~6月で、薄紫や白の5弁の花を咲かせます。ヨー ...

ラベンダー

常緑小低木 樹木

冬に咲く、四季咲きラベンダーの紫の花

ラベンダーは暖かくなってからだと思っていたのですが、2月に、紫の花が咲いていました。散歩の途中で見かけたので、撮らせていただきました。ラベンダーの中でも、デンタータ系やプテロストエカス系などの系統は暖 ...

タチツボスミレ

多年草 草本 草花

冬に咲くタチツボスミレ(立坪菫)の紫の花

庭にタチツボスミレ(立坪菫)の紫の花が咲いていました。比較的明るい日陰ですが、元気に咲いています。中国南部や朝鮮半島南部、日本全土で自生する、普通に見られるスミレです。多くのスミレの中でも、葉が丸く、 ...

ローズマリーの花

常緑低木 樹木

匍匐性ローズマリーに咲く薄紫の花

寒さが続くなか、匍匐性のローズマリーに薄紫色の小さな花が咲いていました。地中海沿岸が原産地のハーブで、料理の香りづけや、薬用、そして鑑賞用などといろんな活用ができるローズマリー、育てやすいと言われます ...

ラッキョウの花

家庭菜園

ラッキョウ(辣韮)の紫いろの花

ラッキョウ(辣韮)は、中国・ヒマラヤ地方が原産で、9世紀ころまでに日本に伝来し、日本全土で作られているヒガンバナ科ネギ属の多年草の野菜です。10月中どろから、長くのびた花茎の先に、紫色の可愛い花が花序 ...

ヨメナの花

草本 野草

ヨメナ(嫁菜)の薄紫の花

ヨメナ(嫁菜)は、本州中部以西、四国、九州に分布するキク科の多年草です。道端でよくみる植物ですが、山間でも見かけ、やや湿ったところを好むと言われます。万葉集では「ウハギ」という名前で登場し、食用に春の ...

キツネノマゴ

一年草 草本 野草

キツネノマゴ(狐の孫)は、8~10月に紫いろの花を咲かせます

2022/2/27    ,

キツネノマゴ(狐の孫)は、花期は8~10月、茎の先端に穂状花序をつけ、赤紫の小さな花を咲かせます。花言葉は「女性の美しさの極致」など。中国、朝鮮半島、インドシナ、インドなどや、日本の本州以南に分布する ...

アレチハナガサの花

多年草 草本 野草

道端で咲くアレチハナガサ(荒地花笠)の紫の花

アレチハナガサ(荒地花笠)は、南アメリカ原産で、日本の東北地方北部を除く本州以南に分布するクマツヅラ科クマツヅラ属の多年草です。日本へは、1957年(昭和32年)ころ渡来したと言われます。花期は8~9 ...

© 2022 山に出かけてecoライフ