実がなる樹

イイギリ

樹木

2月末の木の実 ~鳥が食べたもの残っているもの~

2月末になり、鳥が食べられ、木の実も少なくなりました。身近に見る、センダンの白い実、イイギリやクロガネモチ、ピラカンサなどの赤いの実などは、すっかりなくなりましたが、なぜか、マンリョウ、ナンテンなど、 ...

ヤマナシの実

広葉樹 樹木 落葉高木

ナシ(梨)の野生種、ヤマナシ(山梨)の小さな実と白い花

ヤマナシ(山梨)は、和梨の野生種と言われ、古い時代に中国から渡来し、野生化したとも言われます。ニホンヤマナシ(日本山梨)とも呼ばれ、中国南部、朝鮮半島南部や日本の中部地方以南に自生するバラ科の落葉高木 ...

ミツバアケビの花

つる性樹木 草本 落葉低木

ミツバアケビは、紫の花を咲かせ、紫や薄茶色の実をつけます

ミツバアケビは、3月後半になり、たくさんの紫色の花が咲きました。秋には、紫や薄茶色の実をつけるだろうと思います。蔓(ツル)はカゴなどの細工に使われ、実や新芽は食べられてきましたが、中国や朝鮮半島や日本 ...

ヤマボウシ

広葉樹 樹木 落葉高木

11月に返り咲きしたヤマボウシの花

5月に元気に咲いていたヤマボウシ(山法師)が、8月の日照りで葉や実を落して枯れたようになっていました。心配していましたが、11月になって花がさきました。返り咲きの現象のようです。返り咲きまでの経過や、 ...

イイギリ

広葉樹 樹木 落葉高木

黄葉したイイギリ(飯桐)と、冬に残るオレンジの実

秋になり、黄葉したイイギリにオレンジ色の実がついています。名前は、葉をご飯を包むために使い、キリににていること由来します。ナンテンにに形で実をつけるので、別名はナンテンギリ。紅葉がきれいで、冬のオレン ...

ブナの実(10月2日)

広葉樹 樹木 落葉高木

山の動物の貴重な食料、ブナ(山毛欅、橅)の実が落ち始めました

2021/12/19    

10月になり、山のブナ(山毛欅、橅)の実が落ち始めました。材が人の役に立たないと、「木」で「無い」と書いてブナと呼んだそうですが、森の動物にとっては貴重な食料です。秋に実ったブナの変化の様子と、春の新 ...

トチノ実

広葉樹 樹木 落葉高木

9月になって落ち始めたトチ(橡、栃)の実について

トチ(橡、栃)の実が落ち始めました。トチの実は、3枚の厚い皮で覆われていていますが、簡単に割って実を取り出せます。この実は栗のような色で、丸みを帯びた硬い皮で覆われています。トチを利用するには、中の実 ...

ミズナラ

広葉樹 樹木 落葉高木

ミズナラ(水楢)とコナラ(小楢)の違い

2022/2/25    ,

ミズナラとコナラは、ブナ科の落葉高木です。ミズナラは、高級家具や建材用材に使われてきましたが、コナラとともに、椎茸の榾木や薪にも利用されてきました。ミズナラはコナラにくらべて、葉やドングリが大きくなり ...

ノブドウ

樹木 落葉つる性植物 落葉低木 蔓性植物

ノブドウ(野葡萄)とヤマブドウ(山葡萄)の違い

ノブドウ(野葡萄)とヤマブドウ(山葡萄)は、日本全土に分布するブドウ科のツル性落葉低木です。ノブドウは実がたべられず熟すと青や紫になり、葉が9cmであるのに対し、ヤマブドウは雌雄異株で実が食べられ、葉 ...

エゴノキの実

広葉樹 樹木 落葉小高木

エゴノキにたくさんの実がついています

5月の初めに、たくさんの花を咲かせていたエゴノキに実がついています。花は、5枚の白い花弁の中に、10個の黄色い雄しべをつけ、2個並んで下を向いて咲いています。いい香りがして、虫が飛び交っています。実は ...

サルトリイバラ

つる性植物 樹木 落葉半低木

猿は嫌い? サルトリイバラ(猿捕茨)

サルトリイバラ(猿捕茨)は、日本全土に分布する雌雄異株の落葉ツル性低木です。4月にはボンボリのような可愛い花でしたが、7月になり、青い実をたくさんつけています。秋に赤い実をつけるのが楽しみです。花言葉 ...

キンカンの実

常緑小高木 広葉樹 樹木

キンカン(金柑)が実を付けました

8月になり、キンカン(金柑)が実をつけ始めました。7月中ごろ咲いた花が、実にかわっています。健康によく、甘露煮やジャムなどにして美味しくいただけます。猿が出没する当地でのキンカン栽培について書きました ...

山のアケビ

樹木 落葉つる性植物 落葉低木

山に生えたアケビの実が、もうすぐ食べごろのようです

山の中で育つアケビの実が大きくなっています。アケビは、ツル性で甘い実をつけますが、もう少しすると、熟して食べごろになるでしょう。葉が5枚のアケビと、3枚のミツバアケビがあり、どちらもよく見かけます。ア ...

サルナシの実

常緑つる性植物 常緑低木 樹木 蔓性植物

山でみのるサルナシ(猿梨)の実

キウイはマタタビ科マタタビ属のツル性植物で雌雄異株です。雌株には大きさが3cmくらいで、表面に毛がないキウイににた形の実をつけます。サルが好んで食べ、梨ににているのでサルナシ(猿梨)と名づけられたとの ...

山法師

広葉樹 樹木 落葉高木

8月のヤマボウシ(山法師)とトチ(栃)の実のようす

8月に入り、山の木の実も大きくなってきました。5月に花が咲いていた、ヤマボウシやとトチの実の様子を撮りました。ヤマボウシには、表面にごつごつした感じの実が、トチにも小さな実がついています。実が熟す9月 ...

© 2022 山に出かけてecoライフ