イイギリ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

樹木 落葉高木

黄色く紅葉したイイギリ(飯桐)と、冬に残る赤い実

2020年11月5日

PR

黄色く紅葉したイイギリ(飯桐)に赤い実がついています。名前の由来は、葉をご飯を包むために使い、キリ(桐)ににているため。ナンテンににた赤い実をつけるので、別名はナンテンギリ。紅葉がきれいで、冬の赤い実が魅力的なイイギリについて書きました。

イイギリ(飯桐)の紅葉と実

イイギリの紅葉

黄に紅葉したイイギリ

黄色に紅葉したイイギリ

山道を走っていると、大きな樹がきれいな黄色に紅葉していました。思わず車を止めて、近づいてみました。青空に、黄色い葉がたくさんついた大きな樹は壮観でした。

すぐに、樹のあちこちに、ブドウのような形の赤い実が、あちこちにぶら下がっていることに気づきました調べてみると、イイギリでした。

以前、赤い実をつける樹をインターネットで探していたときに、見たことがあったような気もするのですが、実際に見たのは、今回が初めてです。

イイギリの実

イイギリの実

イイギリの実

イイギリは、ヤナギ科の落葉高木で、雌雄異株。本州、四国、九州、沖縄に分布するそうです。材は、下駄などに使われてきたとのこと。

運よく、この樹は、雌の樹だったんですね。実がついていると、なんだかうれしくなります。(^_^)

イイギリは、山地の湿り気の多いところに自生するようですが、公園樹や街路樹としても植えられているようです。

また、イイギリの実が南天の実ににているので、ナンテンギリ(南天桐)とも呼ばれるそうです。

花期は3~5月で、花が枝先に円錐花序のかたちで、20~30個の花をつけます。

 

冬のイイギリの実

冬のイイギリの実

12月になり、葉が散ったあと、イイギリの樹にたくさんの実がついているのを見かけます。

イイギリの実

イイギリの赤い実

樹に残って、房になってつく赤い実が、きれいで見事ですね。

葉と幹について

イイギリの葉

イイギリの葉

葉は卵形、大きさは、長さ10~20cmで幅8~20cm、互生し、赤く長い葉柄の先についています。

イイギリという名前は昔、ご飯(ゴハン)をこの葉で包んだことから、名付けられたそうです。

葉が大きいので、このような使いかたをされたんでしょうね。

イイギリの幹

イイギリの幹

樹皮は、写真のように灰白色でなめらかですが、樹が呼吸するための穴といわれる褐色の皮目が一面に見られます。

イイギリの基本情報・花言葉

イイギリは日本原産のであり、本州、四国、九州、沖縄に分布するヤナギ科イイギリ属の落葉高木で、雌雄異株です。

イイギリという名前は、昔、ご飯(ゴハン)をこの葉で包んだことから、名付けられたそうです。また、イイギリの実が南天の実ににているので、ナンテンギリ(南天桐)とも呼ばれるようです。

花期は3~5月で、花が枝先に円錐花序のかたちで、20~30個の花をつけます。

葉は卵形、大きさは長さ10~20cmで幅8~20cm、互生し、赤く長い葉柄の先についています。

樹高は10~15m、幹の直径は40~50cmになるそうです。樹皮は、灰白色でなめらかですが、樹が呼吸するための穴といわれる褐色の皮目が見られます。

実は可食で、ジャムにされることもあるようです。材は、下駄や家具、薪炭などに使われてきたとのことです。

イイギリの花言葉は、「恵まれた人」、「豊穣」で、11月14日の誕生花です

ごはんを包むのに使ったので、付けられた花言葉なんでしょうか。

ヽ(´▽`)/~♪

おわりに

山に紅葉を見にいったとき、道沿いに生えているイイギリを見つけました。大きな樹がきれいな黄色に紅葉し、赤い実をつけていました。葉はもうすぐ落ちますが、赤い実は冬にものこり、きれいな姿を見せてくれます。

参照サイト

Wikipedia イイギリ

植木図鑑 植木ペディア

Chills Laboratory

関連投稿

紅葉
山の樹々の紅葉が、いろとりどりできれいです

山の紅葉がきれいだと聞き、出かけてきました。場所は、奈良県吉野の国道309号線の山道の、あちこちで撮りました。普段は人を見ることがないのですが、多くの人で賑やかでした。紅葉を目的としたのではなく、自然 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-樹木, 落葉高木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ