有毒植物

フタリシズカ

多年草 草本 野草

フタリシズカ(二人静)、ヒトリシズカ(一人静)との違い

フタリシズカ(二人静)は、白く小さな花をたくさんつけた花序を、茎の先に2本(ときには1~5本)つけます。花は両性花で、花びらがなく、1個の雌しべを3個の雄しべが包みます。ここでは、フタリシズカの詳細と ...

キケマンの花

多年草 草本 野草

キケマンは、総状の花序になって筒状の黄色い花をたくさん咲かせます

道路沿いの日当たりのいい場所で、キケマン(黄華鬘)を見かけました。赤みを帯びた茎の先に、総状の花序になって筒状の黄色い花をたくさん咲かせています。キケマンは、ちぎると匂いがしますが、プロトピンと呼ばれ ...

スズランの花

多年草 草本 草花

4月から咲き始めるスズランの花言葉は、「再び幸せが訪れる」

4月中ごろから、庭のスズラン(鈴蘭)が咲き始めました。花言葉は、「再び幸せが訪れる」で、多くのひとに好まれています。地下茎から伸びた花茎に、花序になって鈴のような白い花をうつむくようにつけますが、全草 ...

ハナニラ

球根性多年草 草本 草花

ハナニラ(花韮)は、春に星のような形の薄紫の花を咲かせます

4月になり、ハナニラの花をよく見かけます。星のような形をした薄紫の花で、茎の先に一つ咲きます。名前は、葉や茎を切ると、ニラのような匂いがすることに由来します。アルゼンチン原産で、明治時代に鑑賞用に輸入 ...

ミツマタ

広葉樹 樹木 落葉低木

和紙の原料にされるミツマタ(三椏)に咲く黄や赤の花と、蝶など

和紙の原料になるミツマタ(三椏)に花が咲き、いまが満開のようです。たくさんの小さな花が集まって丸い花序になり、下を向いて咲く黄色い花や、赤い花がきれいです。青空の元、蝶、蛾、アリなどの小さな虫たちが蜜 ...

八重咲きニホンズイセン

球根性多年草 草本 草花

中心部の黄色い花びらが印象的なヤエザキニホンズイセン

散歩の途中、空き地でヤエザキニホンズイセンを見かけました。冬に咲くニホンズイセンかと思ったのですが、よく見ると、花の中央の副花冠の部分にもたくさんの花びらがあり、八重咲でした。白地の花の、中心部の黄の ...

エンジェルトランペットの花

広葉樹 樹木 落葉低木

エンゼルトランペットの大きな花が咲いています

エンジェルトランペットは、熱帯アメリカ原産の栽培品種でナス科の落葉低木です。名前は、天使が空からトランペットを吹いているとイメージした花姿に由来しますが、和名はキダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔) ...

ドキニンジンの花

草本 野草

ドクニンジン(毒人参)の白い花

ドクニンジン(毒人参)は、ヨーロッパ原産で、北海道と本州の一部に分布し、全国に広がりつつあると言われるセリ科の多年草です。名前は、有毒で、葉が人参ににていることに由来します。山菜として採取される「シャ ...

タマスダレの花

球根性多年草 球根性多年草 草本 草花

タマスダレ(玉簾)は、ヒガンバナ科の多年草で、白い花を咲かせます

タマスダレ(玉簾、別名:レインリリー、ゼフィランサス)は、花期は8~10月ころで、地下から伸びた20~30cmほどの花茎の先に、直径4~5cmの白色の6枚の花びらの花を上向きに、一つ咲かせます。ペルー ...

シロバナチョウセンアサガオ

多年草 草本 野草

シロバナヨウシュチョウセンアサガオの白い花と、トゲに覆われた実

シロバナヨウシュチョウセンアサガオは、夏から秋に6~9cmほどの長さの白くてアサガオのような花を咲かせ、トゲに覆われた実をつけます。日本へは明治初期に伝わったとされる世界の温帯から熱帯域に分布するナス ...

トモエソウの花

多年草 草本 野草

トモエソウ(巴草)は一日花で、ねじれた形の黄色い花を咲かせます

トモエソウ(巴草)は、日当たりのいい草地などに自生し、7月から9月にかけて直径5cmほどの黄色い花を咲かせます。5枚の花びらがねじれた形に変形した特徴のある一日花です。シベリア、中国、朝鮮半島、日本全 ...

キョウチクトウの花

常緑小高木 広葉樹 樹木

キョウチクトウ(夾竹桃)は、春から夏に赤や白の花を咲かせます

キョウチクトウ(夾竹桃)は、6~9月の暑い時期に、赤や白、ピンクなどの花を咲かせます。樹全体に強い毒性があり、取り扱いには注意が必要です。インドから中近東が原産で、日本では主に関東以南で栽培されるキョ ...

ジキタリスの花

二年草 草本 野草

山道で咲くジキタリス(別名:キツネノテブクロ)のピンクの花

山道で、ジキタリスのピンクの花が咲いているのを見かけました。花期は5~7月で、まっすぐ伸びた茎に、釣鐘状の花を穂状に咲かせる栽培用の草花です。ヨーロッパが原産のオオバコ科の二年草や多年草です。有毒植物 ...

シャクナゲの花

常緑低木 広葉樹 樹木

シャクナゲ(石楠花)は、ツツジのような花を総状の花序で咲かせます

2022/4/20    ,

シャクナゲは、4月ごろから、総状花序でピンクや白の大きな花を咲かせます。日本には4~6種類の自生種があるツツジ科の常緑低木で、ヒマラヤ周辺に多く分布します。19世紀に中国からヨーロッパに渡って改良され ...

クサノオウの実

一年草 草本 野草

クサノオウ( 瘡王 )は、有毒植物で黄色い花を咲かせます

クサノオウ(瘡王)は、春に黄色くきれいな花を咲かせますが、アルカロイド系の有毒物を含んでおり、注意が必要です。皮膚病などに効くとされ、生薬として使われてきました。ユーラシア大陸と周辺に分布し、日本全土 ...

© 2022 山に出かけてecoライフ