カテゴリー
常緑高木

クロガネモチ(黒鉄黐)の赤い実

庭木や街路樹のクロガネモチ(黒鉄黐)に赤い実がついています。名前から、縁起がいい樹とされ、よく植えられています。

クロガネモチの実

クロガネモチの樹
クロガネモチの樹

このブログでは、赤い実の樹や草木について取り上げてきました。

ソヨゴシロダモミヤマシキミアオキマンリョウヤブコウジイイギリガマズミゴンズイ、などたくさんあります。

赤い実で鳥をひきつけるとも言われますが、まだまだあるんでしょうね。

クロガネモチは、「苦労がない金持ち」などの語呂合わせから縁起のいい樹とされているようです。

写真のように、いま、クロガネモチにたくさんの赤い実がついています。         (^-^)

クロガネモチ
クロガネモチの実

クロガネモチは、他の樹に較べてたくさん実をつけるように思います。

光沢があるきれいな赤い色をしていて、大きさは、5~6mmくらい。

いまは、まだ実が熟していないのでしょうか、鳥もあまり来ていませんが、

時期が来ると鳥がたくさん来て食べて行きます。

樹の下には、毎年、数本の実生が生えてきます。

この樹で食べた実を、糞をとともに落とすんでしょう。

クロガネモチは、樹によって実のつき方が違ったり、葉も多い物や少ないものなどあって、実の見え方も違うようです。

雌雄異株なので、街路樹などで全然実が生っていないのは、雄の樹かもしれませんね。

クロガネモチの花と葉

クロガネモチの花
クロガネモチの花(6月)

クロガネモチは、5~6月ころに可愛い花を咲かせます。

枝先の葉腋(ヨウエキ)に、散形花序の形で2~7個のたくさんの花を付けます。

花色は、淡紫色と言われるんですが、写真では白く見えます。

お気付きでしょうか、花がついている枝が、紫っぽく黒ずんでいますね。

クロガネモチの「クロ」は、枝や葉柄が濃紫に黒ずんでいることに由来するとのことです。

クロガネモチのたくさんの花
クロガネモチのたくさんの花

花は、このように、樹全体に咲いています。

これだけ花がついていれば、たくさんの実がつくこともうなずけますね。

クロガネモチの葉
クロガネモチの葉

クロガネモチの葉の大きさは、長さ6〜10cm、幅3〜4cmです。

楕円形状で、表面が革質、葉の縁に鋸歯がない全縁です。

また、1cmくらいの葉柄があり、枝に互生しています。

クロガネモチの分布・利用など

クロガネモチは、 モチノキ科モチノキ属の常緑高木で雌雄異株、樹高は10mくらいになると言われます。

台湾・中国・インドシナなどで見られ、日本では関東地方以西の、四国、九州、琉球に分布するとのことです。

この樹皮からは、粘着性のある物質がとれ、鳥もちとして利用されたとのことです。

また、枝は、用具の柄に使われてきたようです。強いんですね。

クロガネモチの花言葉は、「魅力」「寛容」「執着」「仕掛け」。

「執着」、「仕掛け」は、鳥もちに由来するようですね。 

                             

クロガネモチとモチノキの違い

モチノキの実と葉
モチノキの実と葉

クロガネモチの仲間にモチノキがありますが、よくにているので、違いを調べてみました。

モチノキ(別名:ホンモチ)は、モチノキ科モチノキ属の常緑高木で雌雄異株、20m程に成長するとのことです。

クロガネモチと同じように赤い実をつけますが、大きさは10mmと大きめです。

葉の大きさは、長さ4~7cm、幅2~3cmの楕円形状で、クロガネモチより、小さめです。

以上の、クロガネモチとモチノキの比較を表にしました。

クロガネモチ     モチノキ
枝・葉柄
の色 
濃紫       緑     
葉の大きさ
(cm) 
長さ6〜10
幅3〜4
長さ4~7
幅2~3
実の大きさ
(mm) 
5~610
 樹高
(m)
1020
クロガネモチとモチノキの比較

おわりに

道を走っていると、クロガネモチの赤い実を見かけます。クロガネモチは、たくさんの実をつけていることが多いので、よく目につきます。

名前から、縁起のいい樹として、庭木にも良く植えられていて、寒い冬にホットさせてくれます。

参照サイト

 Wikipedia クロガネモチ モチノキ

 松江の花図鑑 クロガネモチ

 みんなの 趣味の園芸

 樹木事典

関連投稿

 ソヨゴ(戦、冬青、具柄冬青)の赤い実

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom