クロガネモチの実

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

常緑高木 樹木

クロガネモチ、モチノキとの違い

2020年12月17日

PR

クロガネモチは、冬の寒い時期に赤い実をつけてよく目立ちます。「カネモチ」の名前から縁起がいい樹とされ、庭木や街路樹によく植えられます。クロガネモチと、近縁種のモチノキとの違についてもまとめました。

クロガネモチ(黒鉄黐)、モチノキ(黐の木)との違い

クロガネモチの赤い実

クロガネモチの樹

クロガネモチの樹

このブログでは、草木を中心に記事を書いていますが、

赤い実の樹や草木についても取り上げてきました。

ソヨゴシロダモミヤマシキミアオキなどたくさんあります。

赤い実で鳥をひきつけるとも言われますが、まだまだあるんだろうと思います。

クロガネモチは、「苦労がない金持ち」などの語呂合わせから縁起のいい樹とされているようです。

写真のように、12月のいま、クロガネモチにたくさんの赤い実がついています。(^-^)

クロガネモチ

クロガネモチの赤い実

クロガネモチは雌雄異株なので、この樹は雌の樹です。他の赤い実をつける樹に較べて、たくさん実をつけるのではないでしょうか。

光沢があるきれいな赤い色をしていて、大きさは5~6mmくらいです。

いまは、まだ実が熟していないようで、鳥はあまり来ていませんが、時期が来ると鳥がたくさん来て食べて行きます。

樹の下には、毎年、数本の実生が生えてきます。この樹で食べた実を、糞をとともに落とすんでしょう。

クロガネモチは、樹によって実のつき方が違ったり、葉も多いものや少ないものなどがあるようです。

また、街路樹で、全然実がついていないものも見かけますが、雄の樹なのでしょうか。

クロガネモチの花と葉

クロガネモチの花

クロガネモチの花(5月)

クロガネモチは、5~6月ころに可愛い花を咲かせます。

枝先の葉腋(ヨウエキ)に、散形花序の形で2~7個のたくさんの花を付けます。

この樹は、雌の樹なので中心部に雌しべがつき、周囲の6個の雄しべは退化しています。逆に、雄の樹に咲く雄花では、雌しべが退化し、4~6個の雄しべがつきます。

花の色は淡紫色と言われますが、写真では白いようにも見えます。

お気付きでしょうか、花がついている枝は、黒っぽくなっています。クロガネモチの「クロ」は、このように、枝や葉柄が濃い紫に黒ずんでいることに由来するとのことです。

クロガネモチのたくさんの花

クロガネモチに咲いた花

花は、このように樹全体に咲いています。

これだけ花がついていれば、たくさんの実がつくこともうなずけますね。

クロガネモチの葉

クロガネモチの葉

クロガネモチの葉の大きさは、長さ6〜10cm、幅3〜4cmです。

楕円形状で、表面が革質、葉の縁に鋸歯がなく全縁です。

また、1cmくらいの葉柄があり、枝に互生しています。                 

クロガネモチとモチノキの違い

モチノキの実と葉

モチノキの実と葉

クロガネモチの仲間にモチノキがあります。よくにているので、違いを調べてみました。

モチノキ(別名:ホンモチ)は、モチノキ科モチノキ属の常緑高木で雌雄異株、15m程に成長するとのことです。

クロガネモチと同じように赤い実をつけますが、大きさは10mmと大きめです。

葉の大きさは、長さ4~7cm、幅2~3cmの楕円形状で、クロガネモチより、小さめです。

以上の結果を、表にしました。

クロガネモチとモチノキの違い
 クロガネモチ    モチノキ
枝・葉柄の色 濃紫 緑     
葉の大きさ(cm) 長さ6〜10
幅3〜4
長さ4~7
幅2~3
実の大きさ(mm) 5~610
 樹高(m)10~205~15

クロガネモチの基本情報・花言葉

クロガネモチは、台湾・中国・インドシナなどや、日本の関東地方以西の、四国、九州、琉球に分布するモチノキ科モチノキ属の常緑高木で雌雄異株、樹高は10~20mくらいになると言われます。

名前は、若い枝や葉柄が濃紫色であり、葉が乾燥すると鉄色になり、モチノキ属であることに由来するとのことです。

学名は、Ilex rotunda。英名は、Kurogane holly。

花期は5~6月で、枝先の葉腋(ヨウエキ)に、散形花序の形で2~7個のたくさんの花を付けます。また、雌花は、中心部に雌しべがつき、周囲の6個の雄しべは退化しています。逆に、雄の樹に咲く雄花では、雌しべが退化し、4~6個の雄しべがつきます。

葉は、長さ6〜10cm、幅3〜4cmの楕円形状で、表面が革質で、全縁です。また、1cmくらいの葉柄があり、枝に互生しています。

樹高は10~20m、樹皮は灰白色でなめらかで、皮目があります。

この樹皮からは、粘着性のある物質がとれ、鳥もちとして利用されたとのことです。

また、枝は、用具の柄に使われてきたようです。強いんですね。

クロガネモチの花言葉は「魅力」、「寛容」、「執着」、「仕掛け」で、12月19日の誕生花です

「執着」、「仕掛け」は、鳥もちに由来するようです。 

参照サイト

 Wikipedia クロガネモチ モチノキ

 松江の花図鑑 クロガネモチ

 みんなの 趣味の園芸

 樹木事典

関連投稿

 

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-常緑高木, 樹木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ