鹿の不嗜好性植物

ミツマタ

広葉樹 樹木 落葉低木

和紙の原料にされるミツマタ(三椏)に咲く黄や赤の花と、蝶など

和紙の原料になるミツマタ(三椏)に花が咲き、いまが満開のようです。たくさんの小さな花が集まって丸い花序になり、下を向いて咲く黄色い花や、赤い花がきれいです。青空の元、蝶、蛾、アリなどの小さな虫たちが蜜 ...

コウヤノマンネングサ

コケ

スギ林の中で育つ大きなコケ、コウヤノマンネングサ

近くのスギ林にコウヤノマンネングサが生えています。コウヤノマンネングサは、5~10cmの高さに育つ大きなコケですが、10m×10mほどの面積で、ほとんど日が当たらない場所に群生し、近くにはヒカゲノカズ ...

イノモトソウ

シダ植物 草本

細長く薄い葉をつける常緑性シダ植物、イノモトソウ(井之許草)

2022/2/25    

イノモトソウは、東北地方以南の、日当たりのいい石垣や空き地などで見られる、細長く薄い葉をした常緑性のシダ植物です。地面から伸びた、ほそい針金のような葉柄の先に、細長くて薄い葉が2~3対つきます。鹿の不 ...

ヤブソテツ

シダ植物 草本

常緑性シダ植物のヤブソテツ(藪蘇鉄)

2022/2/25    

ヤブソテツは、山でよく見る常緑性のシダ植物です。シダ植物だからでしょうか、鹿などの動物にも食べられず、日陰にも強いからだと思われますが、人工林の下でも育っています。また、常緑植物で形が整っているからで ...

センダンの実

広葉樹 樹木 落葉高木

センダン(栴檀)の白い果実

冬のセンダンの樹についた果実について調べて見ました。センダンの果実は、楕円形状の球体で、白~黄色い色をした薄い皮で覆われていて、中には核と呼ばれる木質した内果皮があり、種が入っています。この果実は有毒 ...

ヒカゲノカズラ

シダ植物 草本

正月飾りやドライフラワーなどに使われるヒカゲノカズラ(日陰の葛)

2022/3/3    

ヒカゲノカズラは、痩せ地で育ち、地面を這ってのびる常緑ツル性のシダ植物です。正月の飾りやドライフラワーなどに使われるほか、養殖金魚などの産卵巣に用いられます。また、胞子は石松子と呼ばれ、丸薬の衣やリン ...

ナンキンハゼの実

樹木 落葉高木

ナンキンハゼ(南京櫨)の黄色い花と白い実

ナンキンハゼ(別名:トウハゼ、カンテラギ。)は、中国原産で、トウダイグサ科ナンキンハゼ属の落葉高木です。6月にたくさん咲いていた花が、7月ころから、青い実に変わりました。秋になると、実が熟して硬い皮が ...

シロバナチョウセンアサガオ

多年草 草本 野草

シロバナヨウシュチョウセンアサガオの白い花と、トゲに覆われた実

シロバナヨウシュチョウセンアサガオは、夏から秋に6~9cmほどの長さの白くてアサガオのような花を咲かせ、トゲに覆われた実をつけます。日本へは明治初期に伝わったとされる世界の温帯から熱帯域に分布するナス ...

トモエソウの花

多年草 草本 野草

トモエソウ(巴草)は一日花で、ねじれた形の黄色い花を咲かせます

トモエソウ(巴草)は、日当たりのいい草地などに自生し、7月から9月にかけて直径5cmほどの黄色い花を咲かせます。5枚の花びらがねじれた形に変形した特徴のある一日花です。シベリア、中国、朝鮮半島、日本全 ...

カナクギノキ

広葉樹 樹木 落葉高木

カナクギノキ(鉄釘の木)は、黄色い花が咲き、赤い実をつけます

カナクギノキ(鉄釘の木)は、4~5月にたくさんの黄色い花を枝先に咲かせ、秋に赤い実をつけます。材は器具材、爪楊枝、薪などに使われます。中国、朝鮮半島や日本の箱根以西に自生するクスノキ科クロモジ属の落葉 ...

アセビ

落葉低木

アセビ(馬酔木)の花がきれいです

アセビ(馬酔木)は、本州から九州に自生するツツジ科の低木常緑広葉樹で有毒植物ですが、庭木、公園樹や、盆栽として植えられます。花期は2~4月で、ドウダンツツジなどの花のような壺形の白やピンクの花を、枝に ...

ミツマタ

広葉樹 樹木 落葉低木

今年もミツマタ(三椏、三又)の樹を植えました

ミツマタ(三椏、三又)は、中国中南部やヒマラヤが原産で、ジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木です。名前は、枝が必ず3つに分かれることから名づけられ、皮の繊維が強いため、お札用の和紙の原料に使われます。花 ...

ヒイラギの葉

常緑小高木 広葉樹 樹木

ヒイラギ(柊、疼木)の老木にはトゲがない丸い葉がついています

節分の魔除けなどに使われるヒイラギ(柊、疼木)の葉には、普通、鋭いトゲがついているとイメージされています。しかし、古い樹は、トゲがなくなって丸みを帯びると聞きます。我が家のヒイラギの樹について、実際は ...

コウヤマキ

常緑高木 樹木 針葉樹

コウヤマキは、水回りの用材に利用され、仏花としても使われます

コウヤマキ(別名ホンマキ)は、日本固有種で、水に強いため、墳時代には木棺や木簡に使われていたと言われます。いまは、家の土台用建材や橋梁、風呂桶などの水回りに利用され、仏花としても使われますが、木曽や高 ...

ナンキンハゼと鳥

広葉樹 樹木 落葉高木

ナンキンハゼ(南京櫨)の白い実を食べる鳥たち

ナンキンハゼ(南京櫨)の実は、白く美しいので装飾などに使われ、秋の紅葉もきれいなので街路樹に植えられています。日本在来のハゼの樹の代わりにロウを採ったので、ナンキンハゼの名がつけられました。中国原産の ...

© 2022 山に出かけてecoライフ