鹿の不嗜好性植物

トモエソウの花

草木 野草

トモエソウ(巴草)の黄色い花

トモエソウ(巴草)は、シベリア、中国、朝鮮半島、日本全土に分布するオトギリソウ科の多年草です。日当たりのいい草地などに自生し、7月から9月にかけて直径5cmほどの黄色い花を咲かせます。5枚の花びらがね ...

カナクギノキ

落葉高木

カナクギノキ(鉄釘の木)の花

カナクギノキ(鉄釘の木)は、別名コガ、ナツコガ、シロコガ、タニコガなど。春に黄色い花が咲き、秋に赤い実をつけるクスノキ科の落葉高木で、静岡県以西に自生。明るい山地に生えますが、樹は脆く、枝や幹が折れて ...

アセビ

落葉低木

アセビ(馬酔木)の花がきれいです

この間までツボミだったアセビ(馬酔木)に、花が咲いています。スズランやドウダンツツジなどの花と同じような、壺形の花を枝にたくさんつけていて、ついつい見とれてしまいます。馬が食べると酔ったようになる木と ...

ミツマタ

落葉低木

今年もミツマタ(三椏、三又)の樹を植えました

ミツマタ(三椏、三又)は、中国中南部やヒマラヤが原産で、ジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木です。名前は、枝が必ず3つに分かれることから名づけられ、皮の繊維が強いため、お札用の和紙の原料に使われます。花 ...

ヒイラギの葉

常緑小高木

ヒイラギ(柊、疼木)の丸い葉 

節分の魔除けなどに使われるヒイラギ(柊、疼木)の葉には、普通、鋭いトゲがついているとイメージされています。しかし、古い樹は、トゲがなくなって丸みを帯びると聞きます。我が家のヒイラギの樹について、実際は ...

コウヤマキ

常緑高木

水に強いコウヤマキ(高野槙)

コウヤマキ(高野槙)(別名:ホンマキ(本槙))は、秋篠宮悠仁親王のお印として知られていますが、木曽や高野山に多く植えられているといわれます。水に強いため、古墳時代には木棺や木簡に使われていたそうですが ...

ナンキンハゼと鳥

落葉高木

ナンキンハゼ(南京櫨)の実を食べる鳥たち

ナンキンハゼ(南京櫨)は、中国原産のトウダイグサ科ナンキンハゼ属の落葉高木です。日本在来のハゼの樹の代わりにロウを採ったので、ナンキンハゼの名がつけられました。実は、白く美しいので装飾などに使われ、秋 ...

センダン

落葉高木

センダン(栴檀)に白い実がなっています

近くの公園のセンダン(栴檀)の樹に、実がたくさんなっています。紅葉が終わって葉が落ちた後にも、樹には黄っぽい実だけついているのをよく見かけます。この樹は、成長が早く、木目が美しいなどのため、耕作放棄地 ...

ソヨゴ

常緑小高木

シンボルツリーとして人気の高いソヨゴに、赤い実がついています

風が吹くと、ソヨソヨと音がするといわれるソヨゴ(別名:フクラシバ)に、赤くてきれいな実がついています。庭のシンボルツリーとして人気が高いモチノキ科の常緑小高木で、中部地方以西に自生すると言われます。日 ...

ナンキンハゼ

落葉高木

ナンキンハゼ(南京櫨)の紅葉と実

秋は紅葉が楽しみですが、今年もナンキンハゼ(南京櫨)がきれいです。いろんな樹が紅葉しますが、ナンキンハゼは最もきれいな一つかと思います。きれいな白い実もクリスマスの飾りなどに使えて楽しいですね。繁殖力 ...

ヒイラギ

常緑小高木

ヒイラギ(柊)の白い花

ヒイラギ(柊)は、台湾や日本の福島県以南に分布するモクセイ科の常緑小高木で、雌雄異株です。葉に鋭いトゲがあるため、節分の魔除けに使われ、庭木にも植えられます。山のヒイラギもトゲで獣害を免れでいるようで ...

ダンドボロギク

野草

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花と綿毛

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花が咲き、綿毛が飛んでいます。名前は、名古屋の段戸(ダント)山で発見された襤褸(ボロ)のようなキク科植物であることに由来し、北アメリカ原産の帰化植物です。有毒植物のようで ...

© 2021 山に出かけてecoライフ