薬用植物

センダン

落葉高木

センダン(栴檀)に白い実がなっています

近くの公園のセンダン(栴檀)の樹に、実がたくさんなっています。紅葉が終わって葉が落ちた後にも、樹には黄っぽい実だけついているのをよく見かけます。この樹は、成長が早く、木目が美しいなどのため、耕作放棄地 ...

アオキ

常緑低木

アオキ(青木)の赤い実と花

アオキ(青木)は、中国地方を除く本州と、四国東部に分布するといわれるミズキ科の常緑低木です。葉や茎が緑のため、アオキと名づけられ、日陰に強く、庭木や公園などによく植えられます。冬に光沢がある赤い実をつ ...

サルトリイバラの実

つる性植物

サルトリイバラ(猿捕茨)の赤い実

2021/7/1    ,

サルトリイバラ(猿捕茨)は、日本全土に分布する雌雄異株の落葉ツル性低木です。12月になり、1cmほどのきれいな実がついています。太い茎に大きなトゲがあるので、敬遠しがちですが、10~11月には生食や果 ...

ナンテンの実

庭木

我が家のナンテン(南天)の実と、食べにくる猿

2021/7/4    , ,

ナンテン(南天)は、中国原産のメギ科ナンテン属の常緑低木です。「難を転じる」とされ、我が家にも植えていて、冬に赤や白の実をつけますが、最近、この実を猿が食べにきます。食べるものがないのでしょうが、困っ ...

クスノキ

常緑高木

クスノキ(樟、楠)に黒い実がついています

2021/6/22    , ,

クスノキ(樟、楠)は、樟脳が採れる樹として有名ですが、日本の巨樹トップ10のうち、8本と長寿命で大きくなります。別名は、ナンジャモンジャ。防虫効果があり、古くから、仏像やタンスなどに使用されてきました ...

クズ(葛)の花

蔓性植物

秋の七種(ナナクサ)、クズ(葛)に花が咲いています

秋の七種(ナナクサ)のクズ(葛)は、マメ科クズ属のつる性多年草で、空き地などでよく繁殖しています。根にはデンプンが含まれており、くず粉がつくられ、料理や漢方薬に利用されています。ただ、繁殖力が旺盛なの ...

クサギの花

落葉小高木

葉をちぎると臭いクサギ(臭木)ですが、花はいい香りがします

8~9月にきれいな花を咲かせるクサギ(臭木)は、葉や枝をちぎりると嫌なにおいがするので、クサギと名づけられました。このように不名誉な名前を付けられたクサギですが、花は甘ずっぱいいい香りがします。実は草 ...

ナンテンの花

庭木

難を転じるといわれる縁起物のナンテン(南天)の花

ナンテン(南天)は、難(ナン)を転(テン)じる、との語呂合わせから縁起がいいとされ、庭木や切り花などにされます。また、実や葉に薬効や殺菌効果があり、民間薬や料理の添え物にも使われますが、初夏に小さな花 ...

ツユクサ

野草

夏に咲く、ツユクサ(露草)、ヘクソカズラ(屁糞葛)の花

ツユクサとヘクソカズラは6~9月ころに咲く野草です。ツユクサはツユクサ科の一年草で草丈は15~50cmほどで、2cmほどの紫の花が咲きます。ヘクソカズラはアカネ科のつる性の多年草で、別名サオトメバナ。 ...

© 2021 山に出かけてecoライフ