花が綺麗な草

カラスウリ

蔓性植物

カラスウリの実がなっていました!

車で走っていると、竹藪の中に赤い実が目に入りました。何かと思って車を止めてみると、たくさんのカラスウリの実がついていました。あまり見かけることがないので、さっそく写真に撮らせてもらいました。 カラスウ ...

ヤブマメ

蔓性植物

ヤブマメ(藪豆)の花が終わりかけて、実がつき始めました

10月になり、ヤブマメ(藪豆)の花が終わりかけて、実をつけ始めています。ヤブマメは、地上に開放花と閉鎖花を咲かせ、地中にも閉鎖花を咲かせる3種類の花で種をつくり、子孫を残す戦略をとっています。地中の種 ...

ママコノシリヌグイ

野草

なんでママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)?   

2021/7/30    

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)は、日本全土に分布するタデ科イヌタデ属の1年草です。ツル性の茎や葉などにトゲをつけ、他の植物などに寄りかかって成長します。このトゲを使って、にくい継子の尻拭いをしそう ...

アキチョウジ

野草

秋の野で咲くアキチョウジ(秋丁字)の花、花言葉は「秘めた思い」

8月になると、野原でアキチョウジ(秋丁子)の青紫いろの花が咲き出します。70~100cmほどの茎の下から上に、2cmほどの細長い唇形の花をたくさんつけます。群生して咲いていることも多く、人目を惹きます ...

ツルボ

野草

ヤブラン(藪蘭)に良くにたツルボ(蔓穂)

2021/7/16    

ヤブラン(藪蘭)によくにたツルボ(蔓穂)を見つけました。ツルボは、中国、朝鮮半島や日本の北海道南西部以南に分布するユリ科ツルボ属の球根性の多年草です。同じユリ科のヤブランににていて、花期の8~9月に、 ...

ヒガンバナ

野草

秋の彼岸を前にヒガンバナ(彼岸花)が咲きました

秋の彼岸にあわせたように、あちこちから開花の声を聞くヒガンバナ(彼岸花)ですが、我が家でも咲きました。真っ赤で、反り返ったいくつもの花弁が、きれいで、人の目を引き付けるヒガンバナは、秋を彩ってくれる楽 ...

アザミ

野草

ナンブアザミ(南部薊)の花も咲きました

5月には、トゲがついた葉だけだったナンブアザミ(南部薊)ですが、8月になり、紫いろの花が咲き出しました。茎の先に花がさく頭状花序ですが、たくさんの筒状花で構成され、少し下向きかげんで咲いています。花言 ...

クズ(葛)の花

蔓性植物

秋の七種(ナナクサ)、クズ(葛)に花が咲いています

秋の七種(ナナクサ)のクズ(葛)は、マメ科クズ属のつる性多年草で、空き地などでよく繁殖しています。根にはデンプンが含まれており、くず粉がつくられ、料理や漢方薬に利用されています。ただ、繁殖力が旺盛なの ...

アケボノソウ

野草

アケボノソウ(曙草)のきれいな花が咲いています!

アケボノソウ(曙草)の花は、直径2cmほどの大きさで、5枚の花弁に2つの黄色い点と小さな黒い斑点ついてきれいです。苦い民間薬でしられるセンブリと同じリンドウ科で苦いためか、動物に食べられないようです。 ...

タケニグサ

野草

タケニグサ(竹似草)にたくさんの種がつきました

葉に大きな切れ込みが入ったタケニグサ(竹似草)は、茎の中が中空で竹ににているとして、名づけられました。7月に綿毛のようなの花をさかせ、9月にたくさんの種をつけます。有毒植物なので、鹿なども食べないよう ...

ヤブラン

野草

ヤブラン(藪蘭)とジャノヒゲ(蛇の髭)の違い

2021/7/16    ,

ヤブラン(藪蘭)とジャノヒゲ(蛇の髭)は、同じキジカクシ科の多年草でよく似ていますが、つぎのような違いがあります。ヤブランの花は紫で、実は黒く、葉の幅は7mmくらい、一方、ジャノヒゲは花は白、実は青色 ...

ボタンズル

蔓性植物

ボタンズル(牡丹蔓)とセンニンソウ(仙人草)、葉の違い

ボタンズル(牡丹蔓)は、キンポウゲ科センニンソウ属の落葉つる性の有毒植物です。よくにたセンニンソウ(仙人草)とは、葉に違いがあります。ボタンズルは、牡丹の葉ににた深い切れ込みがあり、センニンソウは、卵 ...

© 2021 山に出かけてecoライフ