アケボノソウ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

二年草 草本 野草

アケボノソウ(曙草)のきれいな花が咲いています!

2020年9月16日

PR

アケボノソウ(曙草)は中国、朝鮮半島と日本の北海道から九州に分布するリンドウ科センブリ属の2年草です。花は直径2cmほどで、5枚の花弁に2つの黄色い蜜腺と小さな黒い斑点ついており、きれいです。花言葉は、「今日も元気で」。

アケボノソウ(曙草)のきれいな花

アケボノソウの花

アケボノソウの花

アケボノソウは、リンドウ科センブリ属の2年草で、日本全土に分布します。ただ、いくつかの都道府県では、絶滅危惧種のレッドリストの指定を受けています。

2年草とは、種(タネ)が蒔かれてから、一年目は、茎、葉、根をのばしてその冬は休眠し、二年目の春から夏にかけて花を咲かせ、その後枯れる草花のことを言います。

花の大きさは1.5cm程度で、花弁は5枚に見えますが基部で合着している合弁花です。それぞれの花びらには、二つの黄色い点が並び、その外側にたくさんの細かな点がついています。

黄色い点は、1.5mmほどの大きさで蜜腺です。

自然の造形ですが、きれいですね。 (^_^)

アケボノソウの名前は、この花びらについた細かな点を、暁の星のようだとしてつけられたと言われます。

アケボノソウの葉と花

アケボノソウの葉と花

茎は、枝分かれしながら伸びて、高さ90cm程度までのびますが、それぞれの枝にたくさんの花を咲かせます。

私が観察したところでは、アケボノソウは、鹿に食べられません。

資料を調べても毒性があるという記述がないので、理由はよくわかりませんでした。

ただ、非常に苦い薬草であるセンブリ(千振)の仲間だと言う点から、もしかすると、アケボノソウも苦いのかもしれないと、この記事を書きながら思いました。

一度、味を見てみたいと思います。違うかもしれません。

(後日確認したところ、たしかに苦い味がします。)

しかし、苦いたけで鹿が食べないのかという疑問は残りますが・・

センブリの花

センブリの花

こちらは、センブリの写真です。

アケボノソウによく似ていますね。花弁の模様は違いますが、センブリの花も綺麗ですね。

センブリはゲンノショウコドクダミとともに、日本の三大民間薬と言われ、薬用にされますが、苦いことで知られています。

じつは以前、センブリを育ててみようと苗を買って鉢に植えたことがあるのですが、上手くそだてられませんでした。

センブリの栽培は難しいと聞いていたのですが、残念ながらその通りでした。(;_;)

話がそれてしまいました。

アケボノソウ(曙草)の基本情報・花言葉

アケボノソウは中国、朝鮮半島と日本の北海道から九州に分布するリンドウ科センブリ属の2年草です。

アケボノソウの名前は、花びらについた斑点が夜明けの星を連想させるとして名づけられたとのことです。

別名は、キツネノササゲ、ヨシノソウ、ヨシノシズカ。

学名は、Swertia bimaculata。

開花時期は9~10月。葉の脇から、集散状円錐花序で、長さ1~5 cmの花柄がある白色(黄白色)の花をつけます。離弁花のように見えますが、花冠は深く4-5裂しますが付け根で合着しています。また裂片には濃緑色の斑点が多数あり、直径1.5 mmの黄緑色の蜜腺が2個あります。

葉は、根出葉と茎葉があります。根出葉は、大きな長楕円形で長い葉柄と平行する数脈がついており花期には枯れます、茎葉は、卵状の楕円形で長さは5~12cm、先が尖っています。

草丈は50~90cmで、茎は角ばっています。

なお、いくつかの都道府県では、絶滅危惧種のレッドリストの指定を受けています。

アケボノソウ(曙草)の花言葉は「前向き」、「今日も元気で」で、10月8日の誕生花です

参照サイト

Wikipedia アケボノソウ センブリ ゲンノショウコ ドクダミ 

SPITOPI

関連投稿

ホオズキ
ホオズキ(鬼灯)やノイバラ(野茨)の花が咲く季節になりました

ホウズキ(鬼灯)とノイバラ(野茨)の白い花が咲く季節になりました。山の自然になかで、鹿などの動物に食べられるとこもあまりなく、いきいきと育っています。ホオズキは有毒なため、またノイバラはトゲを持ってい ...

続きを見る

ミズヒキ
赤いミズヒキ(水引)、黄色いヒメキンミズヒキ(姫金水引)の花

贈答用の包装に使われる飾り紐の名がついた野草の、水引(ミズヒキ)と、姫金水引(ヒメキンミズヒキ)の花が咲いています。水引は茎に赤い小さな花が点々とつき、姫金水引も黄色く可愛い花です。花言葉は、それぞれ ...

続きを見る

ダンドボロギク
ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花と綿毛

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花が咲き、綿毛が飛んでいます。名前は、名古屋の段戸(ダント)山で発見された襤褸(ボロ)のようなキク科植物であることに由来し、北アメリカ原産の帰化植物です。有毒植物のようで ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-二年草, 草本, 野草
-, , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ