ヤハズアジサイ

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

山地に自生するヤハズアジサイに咲く白い花と特徴のある葉

2022年7月25日

ヤハズアジサイは、7~8月に、ガクアジサイのような両性花と装飾花の白い花を咲かせます。名前は、葉の形がヤハズ(弓の矢の端の部分)ににていることに由来します。紀伊半島、四国、九州中部以北の山地に分布するアジサイ科の落葉低木広葉樹で、日本固有種です。

山地に自生するヤハズアジサイに咲く白い花と特徴のある葉

ヤハズアジサイの花

上から見たヤハズアジサイの花

ヤハズアジサイの花

昨年の8月初めでしたが、山道の谷沿いで、ヤハズアジサイ(矢筈紫陽花)が咲いていました。

ことしも咲いているかと一昨日見に出かけましたが、残念ながら咲いていませんでした。

なので、今回は、昨年撮った写真で紹介させていただきます。 m(__)m

ヤハズアジサイは、紀伊半島、四国、九州中部以北の限られた山地に自生するアジサイ科バイカアマチャ属の落葉低木広葉樹で、日本固有種です。

限定した地域の山地にしか自生しないので、見られた方は少ないのではないかと思います。

栽培品種のガクアジサイと同じような構造の花で、中心部にたくさんの両性花をつけ、周辺にまばらに装飾花をつけています。

いろは全体に白く、花の形はきれいな円形にはならず変則的で、地味な感じの花です

先日記事にした、ヤマアジサイの仲間のアマチャにくらべると少しおとなしく感じます。

アマチャ
ガクアジサイのようなアマチャ(甘茶)の花

アマチャは、葉を乾燥して発酵させることによって飲物の「甘茶」がつくられ、4月8日の「花まつり」などで使われます。ヤマアジサイの変種で、5~6月にガクアジサイによくにた花を咲かせます。主に、本州以南で園 ...

続きを見る

この樹の名前は、葉の先端部が複数に裂けており、形が弓の矢の端の弦を受ける部分であるヤハズ(矢筈)ににているとして、ヤハズアジサイと名づけられました。

このアジサイは、花より、むしろ葉の形に特徴があるように感じます。

横から見たヤハズアジサイ

横から見たヤハズアジサイ

花は、散房花序と呼ばれる形で、今年でた枝の先にいくつもの花柄を出し、その先に花をつけています。

ピンボケで恐縮ですが、つぎの写真が拡大した両性花です。

ヤハズアジサイの両性花

ヤハズアジサイの両性花

両性花は、3mmほどと小さく、4枚の萼片とたくさんの雄しべ、雌しべが付きます

よく見るとアリが写っており、蜜を吸いに来ているようです。

周囲にまばらについている装飾花は、大きさが直径2cmほどで、4枚の萼片をつけ、中心部に花がつきます。

ヤハズアジサイの葉、茎

ヤハズアジサイの葉

ヤハズアジサイの葉

ヤハズアジサイは、名前の元になったように特徴のある形の葉をしています。

葉は茎に対生し、大きさは長さ12~24cm 幅7~20cmの広卵形から長楕円形ですが、

写真のように、上半部がたくさんに裂け、その先は三角状に尖っていますが、形はみな微妙に違っているようです。

ヤハズアジサイの葉の付き方

枝の対生する葉

普通のアジサイでは見られない形で、一目でヤハズアジサイだとわかりそうです。

つぎの写真は、ここのヤハズアジサイの全景を撮ったものです。

山道沿いの、普段水が流れていない小さな谷に、一株だけで生えていました。

ここの標高は1000mぐらいだと思いますが、近くにはミズナラなどが生えています。

ヤハズアジサイの全景

ヤハズアジサイの全景

アジサイには、毒性があると言われますが、鹿には食べられると聞きます。でも、ここのヤハズアジサイは食べられていないようです。

ヤハズアジサイは、毒性がつよいのでしょうか。

本日も読んでいただきありがとうございました!

ヤハズアジサイの基本情報

ヤハズアジサイ(矢筈紫陽花)は日本固有種で、紀伊半島、四国、九州中部以北の山地に自生するアジサイ科バイカアマチャ属の落葉低木広葉樹です。

名前は、葉が、ヤハズ(矢筈:弓の矢の端の弓の弦を受ける部分)のような形をしたアジサイ科の樹であることに由来します。

学名は、Hydrangea sikokiana Maxim.

花期は7~8月で、枝の先に直径20~25cmの散房花序になって、ガクアジサイのような花を咲かせます。

すなわち、中心部にたくさんの小さな両性花を、周辺に白い装飾花をつけます。

両性花は3mmほどの大きさで、4枚の萼片とたくさんの雄しべ、雌しべが付きます。

装飾花は直径2cmほどで、4枚の萼片をつけ、中心部に花がつきます。

葉は、5~15cmの葉柄があって対生し、長さ12~24cm 幅7~20cmの広卵形から長楕円形で、上半部は2~8裂し、裂片は三角状に尖ります。

葉の基部は円形状で、葉の縁には不揃いな細かな鋸歯が見られます。

樹高は2~3mになり、前年枝の樹皮は淡褐色になり、縦に剝れます。

花言葉は不明です。

参照サイト・書籍

野の花賛花 ヤハズアジサイ

葉と枝による樹木検索図鑑 ヤハズアジサイ

宮崎と周辺の植物 ヤハズアジサイ

自然毒のリスクプロファイル アジサイ

林将之著 山と渓谷社 「山渓ハンディ図鑑14 樹木の葉

城川四郎 他著 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花

関連投稿

山で咲くヤマアジサイ
山で咲くヤマアジサイ(山紫陽花)の青い花

ヤマアジサイ(山紫陽花)は、ガクアジサイににていますが、花や葉などが全体に小さく、青く可憐な花を咲かせます。日本の福島県以南の太平洋側に分布するユキノシタ科アジサイ属の落葉小低木です。海外では、千島列 ...

続きを見る

PR



カテゴリー

~いま見ごろの花たち~

PR

-広葉樹, 樹木, 落葉低木
-, ,