カテゴリー
庭木

サザンカ(山茶花)が咲き始めました

庭のサザンカ(山茶花)が咲き始めました。近くの神社では白いのが咲いています。

ピンクのサザンカ

サザンカの樹(1)
サザンカの樹(1)

庭のサザンカです。

1週間前くらいだったでしょうか、咲き始めました。

花は花びらが5枚の一重です。

花弁が変形しやすいので、見た目はいまいちなのですが、毎年よく咲きます。

そして、よく種をつけ落とします。

なので、ときどき実生が生えてきます。

サザンカは品種改良が行われており、たくさんの種類があるようなので、名前を調べてみましたが、よくわかりません。

NHKのみんなの趣味の園芸に出ている品種によると、「七福神」という品種ににているように見えますが、関東で栽培されてきたととのことなので、違うようにも思います。

樹は、毎年何回か剪定します。

といっても、長くなってきた枝を切るだけなのですが。

なので、あまり大きくなっておらず、1.2mくらいの高さでしょうか。

サザンカのツボミ(1)
サザンカのツボミ(1)

まだ、咲き始めて間がないので、花は少な目ですが、たくさんの蕾がついています。

これから、当分さいてくれるでしょう。 \( ^o^ )/

サザンカの花(1)
サザンカの花(1)

もう一本のサザンカです。

八重の花で、前のサザンカより、少し濃い目のピンクのようです。

また、形はより整っていて見た目が綺麗な感じがします。

NHKの趣味の園芸によると、「獅子頭」という品種に近いようの思います。

時間がたつと、花の形がすこし変わってくるようです。

サザンカの花(2)
サザンカの花(2)

この形もきれいですね。

もうすぐに、花びらを落とすのかもしれません。

サザンカは、花びらがばらばらになって落下します。花の根元から、花毎に落下するツバキと違う点ですね。

また、サザンカは、10~12月に咲きますが、ツバキは12~4月頃に咲きます。

サザンカとツバキの違いについて興味のある方は、「山茶花と椿の違いは?」をご覧ください。

サザンカの樹(2)
サザンカの樹(2)

このサザンカは、あまり日当たりが良くない場所に植えられています。

このような場所でも、よく育ち花を咲かせます。ただ、寒さにはあまり強くないようで、原種は山口や四国以南に分布するとのことです。

我が家もサザンカもそんなんでしょうが、品種改良されたものは、耐寒性がつよくなっているそうです。

水をよくやると、花の咲き方がいいように思います。

サザンカのツボミ(2)
サザンカのツボミ(2)

ツボミは前の種類と区別がつきませんね。

当然でしょうね。

こちらも、たくさんのツボミがついているので、これから本格的にさいてくれるでしょう。    (^-^ ) 

白いサザンカ

白いサザンカ
白いサザンカ

こちらは、近くの神社に植えられているサザンカです。

ここも、かなりの日陰なのですが、樹が大きく、たくさんの八重の花が咲いています。

「富士の峰」という品種ににているように感じます。

白いサザンカとツボミ
白いサザンカとツボミ

綺麗な花ですね。

日陰なためか、白にサザンカが良く目立ちます。

サザンカの樹(3)
サザンカの樹(3)

樹高は5mくらいでしょうか。

剪定をしないで、大きく育てているのでしょうか。大きいですね。

サザンカも、こんなに大きくなるんですね。場所があったら、このように育てるのもいいですね。

サザンカのツボミ(3)
サザンカのツボミ(3)

白いツボミもたくさんついています。

先端が少し赤みを帯びたものもあるようでしたが、やはり白が主体ですね。

サザンカは、寒くなってくるこの時期に咲くのがいいですね。

                (^▽^)

サザンカは、ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹です。名前の由来は、以下の通り。

山茶花は中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来し、サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれる。

Wikipediaより

サザンカの花言葉は、ピンクは「永遠の愛」、白は「愛嬌」、「あなたは私の愛を退ける」。

ピンクと白に違いがあるようですが、なぜなんでしょうね。

ちなみに、赤は、「謙譲」「あなたがもっとも美しい」。

おわりに

今年も、サザンカが咲く時期になったんですね。きれいなピンクの花を見ると、なんとなくほっとします。白いサザンカも寒さの中で、凛として気持ちがいいと思います。

参照サイト

 Wikipedia サザンカ

 みんなの趣味の園芸

 花言葉ー由来

関連投稿

 山茶花と椿の違いは?

   

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom