カニクサ

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

カニクサ(蟹草)は、シダ類の中で最も長い葉をつけるツル性植物です

2021年10月23日

カニクサ(蟹草)は、シダ類で最も長い葉のシダで、葉がツル状に伸びて3mほどになります。石垣やコンクリート壁の水抜きなどの湿っぽいところで、よく見かけます。名前は、子供がこの植物のツルを使ってカニ釣りをしたことに由来します。別名は、ツルシノブ。

カニクサ(蟹草)は、シダ類の中で最も長い葉をつけるツル性植物です

コンクリート壁の水抜きから伸びたカニクサ

コンクリート壁から伸びたカニクサ

ときどき見るツル性の野草なのですが、名前は知りませんでした。

子供がカニを釣るのに使っていたので、カニクサ(蟹草)と名づけられたとのことです。

コンクリートの壁に開けられた、水抜きの穴の奥の方からツルが伸びていたので、水を好む植物のようです。また、ツル性の植物としては珍しいシダ類になります。そして、茎のように伸びているのは葉なのだそうです。

つまり、茎のように伸びているのは、葉の軸で、左右対称に羽のような形の小さな葉をたくさんつけています。

根元の葉は大きくなっていますが、先の方は、軸が枝分かれして、小さな葉がついています。

カニクサの葉先

カニクサの葉先

また、根元の近い¥くの大きな葉は、濃い緑で光沢がありますが、先端の葉は黄緑でしょうか、葉も小さくて可愛い形ですが、最先端を見ると、つぎの写真のように、小さな葉らしいものがついていて、伸びようとしているようです。

長くなると、全長は2~3mになるそうで、どんどん伸びるようです。

カニクサの葉の先端

カニクサの葉の先端

カニクサの基本情報・花言葉

カニクサ(蟹草)は、東アジアや東南アジアからオセアニアに分布し、日本では中部地方以南で見られるフサシダ科カニクサ属のツル性シダ植物です。

名前は、子供がこの植物のツルを使ってカニ釣りをしたことに由来すると言われます。

別名は、ツルシノブ。ツル性のシダ植物であるためにつけられたとのことです。

学名は、Lygodium japonicum

英名は、Japanese climbing fern

地下に根茎があって、地中で伸び、先端から葉をだし、茎のようになって巻きつきながら成長し、枝分かれした葉軸(枝)にたくさんの葉をつけます。

裂片の幅は変化が大きい。胞子嚢は小羽片の縁に2列に並ぶ。

葉は複葉で、羽状の小さな葉をつくって伸びていきますが、胞子嚢は羽状の葉の縁に2列に並んでつきます。

葉は、2~3mの長さになると言われます。

また、冬の葉は地域によって枯れたり、常緑になったりするようです。

花言葉は不明です。

参照サイト

Wikipedia カニクサ

植物写真鑑 カニクサ

季節の草 300  蟹草(かにくさ)

MEDICAL HERB LIBRARY  カニクサとイワヒバ

EVERGREEN カニクサ

PR

カテゴリー

ギャラリー

PR

-つる性植物, シダ植物, 多年草, 草本, 野草
-