ネジバナ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

野草

花が茎の周りにラセン状に咲く雑草、ネジバナ(捩花)がきれいです

2020年7月13日

PR

花が茎の周りにラセン状に咲く珍しい雑草、ネジバナ(捩花)の花がきれいです。ピンクのきれいで小さな花が、茎の下から上へ、たくさん咲いていてユニークな咲き方だろうと思います。花言葉は思慕。万葉集で歌われたロマンチックな恋の歌に由来するそうです。

花が茎の周りにラセン状に咲く雑草、ネジバナ(捩花)

ネジバナ(捩花)の花

いままで、この花が咲いていたのか、良く分かりません。

ピンクの花が伸びた茎についていたので、何かなと思ってよく見ると、

ネジバナ、別名:モジズリ(綟摺)でした。

ネジリバナ、ネジレバナなどとも呼ばれるようです。

 

最初の写真を見ると、鳥が飛んでいるような、

愛嬌がある花だと思いますがいかがでしょうか。

みる角度によって見え方は違いますが、面白い表情も見られます。

 

以後、詳しい記述は、廣野郁夫氏のHPネジバナの花の構造と花粉塊の様子

Wikipediaを参考にさせていただきました。

 

両側の羽根に見えるのは萼片(ガクヘン)、

上下の頭と白い腹に見える部分(唇弁)は主に花弁、

中央の丸い茶色の部分は花粉塊となるようです。

 

長く伸びたネジバナの茎

長く伸びたネジバナの茎

背丈は50cmほどで、左まきです。

高く伸びたためか、雨に打たれて倒れ気味になっています。

 

ネジバナの葉・茎

上の写真では、葉は映っていませんが、次の写真は根元を写してみました。

細長い葉が根元から四方に伸びていて、その中心から茎が伸びています。

 

ネジバナの葉

ネジバナの葉

周囲に雑草があるのでわかりにくいですが、中央から左に伸びているのが茎で、

その先に花がついています。

この花は、1本だけですが、別のプランタには、まだ背の低いネジバナが生えています。

ネジバナは、このプランタだけなのですが、5~6本生えて、花をつけています。

 

小さなネジバナ

小さなネジバナ

背丈は20cmほどですが、下の方から花を咲かせています。

まだ高くなりそうですが、どこまでの伸びるのでしょうか。

 

いままでだと、雑草だと思ってに抜いていたでしょうが、

ブログのコンテンツを探している今は、貴重な雑草です。(^_^)

 

ネジバナの基本情報・花言葉

ネジバナは、ラン科ネジバナ属の小型の多年草で、日本全土やヨーロッパ東部からシベリア、温帯・熱帯アジア全域、オセアニアなどなどに分布しています。

また、いろんな種類があるようです。

  • 色の濃淡
  • 花のつき方が、右巻き、左まきの種類
  • ねじれのない種類
  • いろが白の種類
  • 秋に咲く秋ネジバナ
  • 屋久島に分布するヤクシマネジバナ
  • 緑花のミドリモジズリ

などです。ひとつの花でこれだけの種類があるとは驚きですね。

ネジバナは、江戸時代から栽培されていたようですが、

ネジバナは菌根菌と共生しているため、

栽培にあたっては共生環境をこわさないことが大切のようです。

 

ネジバナの花言葉は、「思慕」。

万葉集に詠まれた、以下の恋歌に由来するそうです。「根都古草」がネジバナです。

芝付(しばつき)の 御宇良崎(みうらさき)なる 根都古(ねつこ)草(ぐさ) 逢ひ見ずあらば 吾(あれ)恋ひめやも

ネジバナを見て、「あなたに会うことがなかったら恋に苦しむことが無かったのに」と読んだものだそうです。

 

おわりに

我が家でネジバナが咲きました。

かわいくて綺麗な花が、長い茎に螺旋状についたユニークな花です。

この花は菌根性であり、栽培する場合は、生育環境に注意が必要です。

我が家でも、気をつけて育てたいと思います。

 

参照サイト 

Wikipedia ネジバナ

続 樹の散歩道 ネジバナ

花言葉-由来 ネジバナ

 

関連投稿

-

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-野草
-

© 2021 山に出かけてecoライフ