ビヨウヤナギの花

PR

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

常緑低木 広葉樹 樹木

ビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)、キンシバイ(金糸梅)との違い

2020年7月15日

ビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)に、黄色い花が咲いています。オトギリソウ科の半落葉低木ですが、よくにた花を咲かせる樹にキンシバイ(金糸梅)があります。ビヨウヤナギは、半落葉性で葉が十字対生でつきますが、キンシバイは、半常緑低木で葉は対生します。

ビヨウヤナギ、キンシバイとの違い

ビヨウヤナギの黄色い花

たくさん咲いた金糸梅

たくさん咲いた金糸梅

近所の庭にこの花が咲いていたので、撮らせてもらいました。

名前は、ビヨウヤナギ(美容柳、未央柳)とのことでした。恥ずかしながら、この花を知りませんでした。

樹の高さは、1mほどで小さめです。

花は5cmくらいの大きさで、5枚の花弁の中にたくさんの雄しべが長くのびています。

枝の先が少し下がっていて、ヤナギの葉に似ていることからビヨウヤナギ(美容柳)と名付けられたとのことです。

寒いころは、黄色い花が多かったのですが、

いまは、サルスベリ(ピンクや白)、ユリ(白や赤)、キキョウ(紫や白)など、

いろんな色の花がさいています。

そんな中で、ビヨウヤナギは、黄色で頑張っているようです。

この写真のように、枝がたくさん出ていて、それぞれの枝の先に複数の花をさかせています。

たくさん枝と花

たくさん枝と花

たくさんの枝には、先が細い楕円形の葉が対になってついていますが、葉の付き方が上と下で90°違う十字対生になっています。

葉のみどりと、花のきいろのコントラストが、美しさを引き立てています。

金糸梅のつぼみ

ビヨウヤナギのつぼみ

樹には、つぼみもたくさんついていて、梅雨があけても花をさかせ続けるようです。

ビヨウヤナギとキンシバイの違い

ビヨウヤナギキンシバイ違いを調べた結果をまとめてみました。

ビヨウヤナギとキンシバイの違い
  ビヨウヤナギ キンシバイ
葉の付き方 十字対生     対生      
雄しべの長さ 長く伸びる 短い

ビヨウヤナギとキンシバイは、どちらも半落葉低木のようです。

両者で、雄しべの長さが違いますが、葉の付き方で見分けるのが、はっきりすると思われます。

ビヨウヤナギの育て方

キンシバイを植える場所は、

日当たりが良く水はけのいいところで、

広めの場所を確保することが大切です。

また、花をよくさかせるためには、日当たりがよいことが必要です。

そして、株立でひろがって増えるので場所の確保が必要になります。

移植時期は、3~4月下旬、9月下旬~10月。

剪定は、3月。

大きくしたくない場合は、3月に根元から20~30cmの所で切り戻しても問題ありません。

 

増やし方は、5~6月ころに挿し木でふやせます。

     (みんなの趣味の園芸 ビヨウヤナギより)

ビヨウヤナギの基本情報・花言葉

ビヨウヤナギは、中国原産で約300年前に伝来したオトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉低木です。

枝先がやや垂れ下がり、葉がヤナギに似ているので、ビヨウヤナギと呼ばれるようになったといわれます。

花期は5~7月です。花の直径は5cmくらいで、5枚の黄いろい花びらをつけ、たくさんの長い雄しべを持っています。

葉は、

ビヨウヤナギの花言葉は、「気高さ」、「多感」で、6月23日、6月26日の誕生花です

参照サイト

Wikipedia  ビヨウヤナギ キンシバイ

みんなの趣味の園芸 ビヨウヤナギ

HORTI キンシバイ

花言葉-由来 ビヨウヤナギ

関連投稿

サツキが満開です。ツツジとの違い
サツキ(皐月)とツツジ(躑躅)の違い

サツキ(皐月)とツツジ(躑躅)は、同じツツジ科で識別しにくいので、違いを書きました。両者の主な違いは、開花時期については、ツツジが4~5月、サツキは5~7月、葉は、ツツジは光沢がなく柔らかくて大きめ、 ...

続きを見る

PR

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

PR

PR ー断捨離はこちらで!ー

楽天ROOM

私のroom

-常緑低木, 広葉樹, 樹木
-, , ,

© 2022 山に出かけてecoライフ