黄色い実

センダンの実

広葉樹 樹木 落葉高木

センダン(栴檀)の白い果実

冬のセンダンの樹についた果実について調べて見ました。センダンの果実は、楕円形状の球体で、白~黄色い色をした薄い皮で覆われていて、中には核と呼ばれる木質した内果皮があり、種が入っています。この果実は有毒 ...

キンカンの実

常緑低木 広葉樹 樹木

キンカン(金柑)の実を食べる猿

12月に、我が家のキンカンの実が黄色くいろづいてきましたが、猿が食べに来たため収穫しました。以前の動画ですが、キンカンや雑草を食べる猿の様子を載せました。キンカンは、ジャムや甘露煮などにして食べますが ...

ハッサクの果実

常緑小高木 広葉樹 樹木

ハッサク(八朔)の黄色い果実

ハッサクの樹に、黄色い実がついています。江戸時代末期に尾道市で原木が発見された日本原産の柑橘類です。栽培は関東以西の太平洋側が適していると言われますが、少し苦みがある美味しい味が特徴です。家の近くで実 ...

カリンの実

広葉樹 樹木 落葉小高木

カリン(花梨)の実が黄色く熟しています

カリン(花梨)は、中国東部の原産で、日本の東北地方以南で栽培されているバラ科カリン属の落葉小高木です。4~5月に花を咲かせ、10~11月に長さ10 ~ 15 cmの楕円形状の実が黄色く熟します。近くの ...

センダン

広葉樹 樹木 落葉高木

センダン(栴檀)についた白や黄色の実

冬のセンダンの樹に、白や黄色の実がたくさんついています。ヒマラヤ原産の落葉高木で、公園樹や街路樹などに植えられていますが、材は杢目が綺麗なことから、建築材、家具、器具材などに利用されます。ここでは、セ ...

ツルウメモドキ

樹木 落葉つる性植物 落葉低木

ツルウメモドキ(蔓梅擬)の薄緑の花と黄色い実

ツルウメモドキは、5~6月ごろに薄緑色の小さな花を咲かせて実をつけ、10~12月ごろに黄色く熟して3つに割れ、中から赤い仮種皮に包まれた種が顔を出します。ニシキギ科のつる性落葉低木で、生け花や盆栽にし ...

ピラカンサ

常緑低木 広葉樹 樹木

トキワサンザシの赤い実、タチバナモドキの黄色い実

トキワサンザシ(常盤山櫨子)とタチバナモドキ(橘擬き)は、ピラカンサの仲間ですが、原産地はそれぞれ、ヨーロッパ南部~西アジアと中国です。花期は両者とも4~5月、実は11月ごろ、赤と黄に熟します。通常、 ...

クチナシの花

常緑低木 広葉樹 樹木

クチナシは、7月ごろに白い花を咲かせ、いい香りを漂わせます

クチナシは、6~7月の梅雨の頃に白い花を咲かせ、いい香りがします。八重咲きと一重咲きがあり、八重咲きには実がつかず、鑑賞用に栽培されます。一方、一重咲きは実をつけ、鑑賞用以外に、薬用、衣服の染料、料理 ...

© 2022 山に出かけてecoライフ