PR

ハラン

草花

庭の木陰で育つハラン(葉蘭)

2020年12月25日

PR

庭の木陰に植えているハラン(葉蘭)、古名:バラン(馬蘭)が、元気に育っています。幅が広く、長く伸びた葉は、料理の飾りや切り花などに使われるといわれますが、一年を通じてきれいな緑を見せてくれます。

ハラン

我が家のハラン

長く伸びたハラン
長く伸びたハラン

家の北側で、樹の陰、日当たりが良くない場所に、

我が家のハランが植えられています。

使うこともなく放任状態で、自由に伸びていますが、

しっかりと地下茎がしっかりと伸びており、

引き抜くのも大変です。

ハランの茎
ハランの茎

根元はこのように、たくさんの茎が出ていて、

葉も密に重なり合っています。

ハランの葉

ハランの葉
ハランの葉

ハランの葉には、抗菌作用があると言われ、

料理などで、食品の下に置かれたり、飾りに使われますね。

今は、お弁当などで、ビニール製の人造ハラン(バラン)が

使われますが、もとは、このハランだったんですね

1本のハランの葉は、写真のような形をしており、

葉の部分の長さは50cm、茎の長さが30cm、

くらいです。

幅は、12cmくらいの大きさです。 ヘ(*^0^*)v

ハランの葉の表
ハランの葉の表

ハランの葉の表面は、光沢があり、

表側にすこし湾曲気味で、しっかりしています。

ハランの葉の裏
ハランの葉の裏

裏側は、光沢がなく、中心の葉脈が目立ちます。

なお、葉や茎を乾燥したものは、利尿や強壮剤の効用があると言われます。

斑入りハラン

天の川
天の川

ハランは、先にも触れたように、

伝統園芸品種として、改良が進められてきたとのことで、

いろんな斑入りの品種があります。

写真は、天の川(別名:星月夜)と呼ばれる品種で、

葉にたくさんの小さな点々がついています。

あまり大きくならないようで、手元のものは30cmほどの背丈です。

天の川の葉
天の川の葉

好き嫌いはあるかもしれませんが、

ちょっとおもしろい品種だと思います。

縞ハラン
縞ハラン

こちらは、黄色っぽい縞模様が入った品種です。

斑が入ると、印象が微妙に違ってくるように思いますね。

斑入りの品種は、観葉や装飾用として使われるんでしょうか。

ハランの花と実

ハランの花と実
ハランの花と実

写真の、左側の緑の球状のものが実で、

右側の紫いろのものが花です。

ハランは、5月ころに、写真のように地面近くで、紫いろの花を咲かせるそうです。

変わった花と実ですね。

来年は、気を付けて見てみたいと思います。

その他のハランのこと

ハランは、キジカクシ科ハラン属の常緑多年草です。

ハランの花言葉は、「強い心」「強い意志」「平癒」。

「平癒」は、葉に抗菌作用があり、

乾燥した葉や茎に薬用効果があるとされる

ことに由来するとのことです。

おわりに

ハランは、日陰で元気に育つ植物です。

あまり目立たない草花ですが、料理の添え物や切り花などに利用され、観葉植物や庭園の下草としても利用されるようです。

また、古くから伝統園芸品種として、多くの品種がつくられているもともあり、いろんな形で楽しめる植物だと思います。

   

参照サイト

 Wikipedia ハラン(植物)

 みんなの趣味の園芸

 GREEN SNAP

関連投稿

 猿の被害を受けにくい作物は?

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ