トモエソウの花

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草木 野草

トモエソウ(巴草)の黄色い花

PR

トモエソウ(巴草)は、シベリア、中国、朝鮮半島、日本全土に分布するオトギリソウ科の多年草です。日当たりのいい草地などに自生し、7月から9月にかけて直径5cmほどの黄色い花を咲かせます。5枚の花びらがねじれた形に変形した特徴のある一日花です。

トモエソウ(巴草)の黄色い花

トモエソウ(巴草)の花

トモエソウの花

トモエソウの花

冒頭の写真が、正面から見たものです。花びらがねじれた形で、

ちょっと変わっていますが、きれいな花だと思います。

トモエ(巴)の意味を調べて見ると、とぐろを巻いたヘビの形を表す漢字で、「うずまき」、「うずまき形の模様」などの意味があると出ています。

花びらのねじれている姿を、うずまきのように見て、トモエソウと名づけられたようです。

くっついて咲くトモエソウ

花びらが変形して咲くトモエソウ

ビヨウヤナギオトギリソウの花によくにていますが、

トモエソウは、うずまき状にねじれてもいますが、厚さ方向にもねじれていて、変形しやすい花びらのようです。

花の直径は5cmくらいで、たくさんの雄しべがついています。

わかりにくいのですが、雌しべが中心にあり、その先端が5つに分かれています。

トモエソウのツボミ

トモエソウのツボミ

花は変形しますが、咲き前のツボミは、さすがにしっかりとして、きれいな形をしています。

トモエソウは、咲いても一日で萎む、一日花のようです。

せっかく咲いても、一日だけとは残念ですね。

群落とでもいうのでしょうか、周辺にはたくさんのトモエソウが生えていてます。

トモエソウの群落

トモエソウの群落

ここは、鹿が生存している場所で、普通の草木は食べられてしまうのですが、

トモエソウはこのように繁殖しています。

鹿が嫌がるトゲがついていないので、有毒か、嫌な匂いがするなどの原因があるんだろうと思います。

富士山こどもの国」というHPには紫外線にあたると毒性が現れるとあるので、このことが原因かもしれません。

トモエソウ(巴草)の茎と葉

トモエソウの茎と葉

トモエソウの茎と葉

トモエソウは、草丈が50~130cmくらいになり、その先に花がつきます。

葉は十字対生し、葉の付け根から枝がでていますが、その枝の先にも花が咲いています。

葉の形は披針形で、長さ5~10cm幅5~10mmくらいでしょうか。茎に、茎を抱くような形でつきます。

トモエソウ(巴草)の基本情報・花言葉

トモエソウ(巴草)は、シベリア、中国、朝鮮半島や日本の全土に分布するオトギリソウ科オトギリソウ属の多年草で、日当たりのいい草地などに自生します。

名前は、花びらがねじれるような形で、渦巻状()になっていることに由来するとのことです。

別名は、クサビヨウ(草未央)。ビヨウヤナギ(未央柳)ににていることに由来するのでしょうか。

花期は7~9月で、5cmくらいの大きさの黄色い花を咲かせる一日花です。花びらは5枚で、コゴメオトギリソウ(小米弟切草)オトギリソウににていますが、花びらがねじれている点が違うようです。

たくさんの雄しべがつき、その中心に雌しべがつきますが、先端は5つに分かれます。

葉は十字対生し、披針形で、長さ5~10cm幅5~10mmくらいでしょうか。茎には、茎を抱くような形でつきます。

草丈は50~130cmくらいになります。

紫外線に当たると毒性が現れるといわれ、触れるとかぶれることがあるとのことです。

この毒性のためでしょうか、鹿に食べられずに、育っています。

トモエソウ(巴草)の花言葉は、「秘密」、「人気のある」。

おわりに

この花は、去年も見たのですが、記事にできなかった野草です。

オトギリソウかと思っていたのですが、

花びらの形が渦巻っぽく変形していることから、トモエソウと判断しました。

毒性、トゲ、匂いのない草花だと、鹿に食べられるのですが、繁殖しているので、

おそらく毒性があるのではないかと想像しています。(・_・)

参照サイト

Wikipedia トモエソウ

木のぬくもり・森のぬくもり トモエソウ

季節の花 300 巴草

富士山こどもの国 夏の植物(6~9月)

関連投稿

コゴメバオトギリの花
コゴメバオトギリ(小米葉弟切)の黄色い花

コゴメバオトギリ(小米葉弟切)は、ヨーロッパ原産で日本全土に分布するオトギリソウ科の多年草です。母種はセイヨウオトギリソウでよくにています。花期は5~8月、2cmほどの黄色い花が咲きます。花びらのふち ...

続きを見る

ビヨウヤナギの花
ビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)、キンシバイ(金糸梅)との違い

ビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)に、黄色い花が咲いています。オトギリソウ科の半落葉低木ですが、よくにた花を咲かせる樹にキンシバイ(金糸梅)があります。ビヨウヤナギは、半落葉性で葉が十字対生でつきますが、 ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-草木, 野草
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ