赤い実

ヤマボウシの実

樹木 落葉高木

ヤマボウシ(山法師)の実を食べてみました

ヤマボウシ(山法師)は、中国、朝鮮半島、日本の本州から九州に分布する、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜科の落葉高木です。9月になり、実が赤みを帯びて熟してきていたので、食べてみました。2cmほどの弾力があ ...

コブシの実

樹木 落葉高木

コブシ(辛夷、拳)の実が赤みをおびてきました

コブシ(辛夷、拳)は、韓国の済州島や日本全土に分布するモクレン科モクレン属の落葉高木です。湿った山地などで自生しますが、街路樹や公園樹として植えられています。7月末になり、袋果がたくさんついた集合果の ...

ザクロの花

常緑小高木 樹木

ザクロ(柘榴)にたくさんの赤い花が咲いています

ザクロ(柘榴)の赤い花が、樹全体に咲いています。西南アジアや中東が原産の落葉小高木で、鑑賞用に庭木に植えられますが、実は食用にでき、薬用にもされてきたようです。初夏にきれいな花が咲き、秋に熟した丸い実 ...

常緑小高木 樹木

常緑ヤマボウシの白い花がきれいです

常緑ヤマボウシの花が咲きました。中国原産の栽培品種で、品種名はホンコンエンシス「月光」、180cmほどの樹高です。花の形が、僧兵が頭巾をつけた姿ににているとしてヤマボウシの名づけられたとのことですが、 ...

PR

ガマズミの花

樹木 落葉低木

ガマズミ(莢蒾)の白い花が咲いています

ガマズミ(莢蒾)は、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、北海道南西部から九州の山地に分布します。昨年10月に、小さな赤い実をつけていたガマズミに、5月から白い花が咲いています。花言葉は、「結合」、「私 ...

落葉低木

ナツグミの実が赤くなってきました

近所のグミの実が、赤くなってきました。ナツグミは、実が枝から垂れ下がり、5~6月に熟します。近縁種のアキグミは、花柄が短いので実が垂れ下がらず、9~11月に熟します。同じグミ仲間の違い、興味いですね。 ...

カナクギノキ

樹木 落葉高木

カナクギノキ(鉄釘の木)の花

カナクギノキ(鉄釘の木)は、中国、朝鮮半島や日本の箱根以西の本州、四国、九州に自生するクスノキ科クロモジ属の落葉高木で、雌雄異株です。4~5月に黄色い花を枝先に咲かせ、秋に赤い実をつけます。材は器具材 ...

ニシキギの枝

樹木 落葉低木

紅葉がきれいなニシキギ(錦木)の冬の姿

2021/10/18    , ,

ニシキギ(錦木)は、中国、アジア北東部に分布し、日本では北海道から九州で見られるニシキギ科の落葉低木です。秋に小さな実をつけ、真っ赤な紅葉がきれいなニシキギ(錦木)ですが、冬には実も葉も落として、枝に ...

マサキ

常緑低木 樹木

マサキ(柾、正木)の赤い実

2021/10/18    ,

マサキ(柾、正木)は、中国、朝鮮半島、日本の北海道以南の海岸近くなどに自生するニシキギ科ニシキギ属の常緑低木です。丈夫で成長が早く、刈込にも強いため、生垣や庭木に植えられます。秋に、実が紅色に熟して皮 ...

PR

カラスウリ

つる性植物 多年草 草本 野草

カラスウリの実がなっていました!

車で走っていると、竹藪の中に赤い実が目に入りました。何かと思って車を止めてみると、たくさんのカラスウリの実がついていました。あまり見かけることがないので、さっそく写真に撮らせてもらいました。 カラスウ ...

オモト

多年草 草本 草花

一年中青々としたオモト(万年青)は、縁起物です

オモト(万年青)は、日本固有種で、関東以南に自生するキジカクシ科オモト属の常緑多年草です。古典園芸植物として、たくさんの品種が開発されています。また、常緑で長寿なことなどから縁起物とされ、庭の鬼門(北 ...

クロガネモチの実

常緑高木 樹木

クロガネモチ(黒鉄黐)の赤い実と花、モチノキ(黐の木)との違い

2021/10/18    ,

12月にクロガネモチ(黒鉄黐)に赤い実がついています。一年中緑の葉をつけ、5月ころに花が咲き、秋に実をつけますが、「カネモチ」の名前から縁起がいい樹とされます。ここでは、クロガネモチの実や花についてや ...

マンリョウ

常緑低木 樹木

マンリョウ(万両)の赤・白の実とセンリョウ(千両)

マンリョウ(万両)には赤い実がつくものと、白い実のものがあります。庭に白、近くの野に赤のマンリョウがあるので、紅白でそろえたいと思っています。センリョウ(千両)は、赤い実と黄色い実がつく種類があり、切 ...

アオキ

常緑低木 樹木

アオキ(青木)の赤い実と花

アオキ(青木)は、中国地方を除く本州と、四国東部に分布するといわれるミズキ科の常緑低木です。葉や茎が緑のため、アオキと名づけられ、日陰に強く、庭木や公園などによく植えられます。冬に光沢がある赤い実をつ ...

PR

サルトリイバラ

樹木 落葉つる性植物

春のサルトリイバラ(猿捕茨)と、秋の赤い実

サルトリイバラ(猿捕茨)は、日本全土に分布する雌雄異株の落葉ツル性低木です。12月になり、1cmほどのきれいな実がついています。太い茎に大きなトゲがあるので、敬遠しがちですが、10~11月には生食や果 ...

© 2021 山に出かけてecoライフ