赤い実

マンリョウ

庭木

マンリョウ(万両)の赤・白の実とセンリョウ(千両)

2021/4/6    , ,

マンリョウ(万両)には赤い実がつくものと、白い実のものがあります。庭に白、近くの野に赤のマンリョウがあるので、紅白でそろえたいと思っています。センリョウ(千両)は、赤い実と黄色い実がつく種類があり、切 ...

アオキ

常緑低木

アオキ(青木)の赤い実と花

アオキ(青木)は、中国地方を除く本州と、四国東部に分布するといわれるミズキ科の常緑低木です。葉や茎が緑のため、アオキと名づけられ、日陰に強く、庭木や公園などによく植えられます。冬に光沢がある赤い実をつ ...

サルトリイバラの実

つる性植物

サルトリイバラ(猿捕茨)の赤い実

2021/7/1    ,

サルトリイバラ(猿捕茨)は、日本全土に分布する雌雄異株の落葉ツル性低木です。12月になり、1cmほどのきれいな実がついています。太い茎に大きなトゲがあるので、敬遠しがちですが、10~11月には生食や果 ...

ソヨゴ

常緑小高木

シンボルツリーとして人気の高いソヨゴに、赤い実がついています

風が吹くと、ソヨソヨと音がするといわれるソヨゴ(別名:フクラシバ)に、赤くてきれいな実がついています。庭のシンボルツリーとして人気が高いモチノキ科の常緑小高木で、中部地方以西に自生すると言われます。日 ...

ピラカンサ

庭木

トキワサンザシに赤い実、タチバナモドキには黄色い実がつきます

2021/6/25    ,

トキワサンザシ(常盤山櫨子)とタチバナモドキ(橘擬き)は、ピラカンサの仲間ですが、原産地はそれぞれ、ヨーロッパ南部~西アジアと中国です。花期は両者とも4~5月、実は11月ごろ、赤と黄に熟します。通常、 ...

ミヤマシキミ

常緑低木

ミヤマシキミ(深山樒、億両)に赤い実がつきました

2021/7/3    ,

ミヤマシキミ(深山樒、億両)に赤い実がつきました。ミヤマシキミは、シキミににたミカン科の常緑低木で、雌雄異株で有毒です。数年前、山で見たときは何かわからず、調べたところ、ミヤマシキミとわかりましたが、 ...

ナンテンの実

庭木

我が家のナンテン(南天)の実と、食べにくる猿

2021/7/4    , ,

ナンテン(南天)は、中国原産のメギ科ナンテン属の常緑低木です。「難を転じる」とされ、我が家にも植えていて、冬に赤や白の実をつけますが、最近、この実を猿が食べにきます。食べるものがないのでしょうが、困っ ...

シロダモ

常緑高木

シロダモ(白だも)に花が咲き実がついています

2021/7/24    

シロダモ(白だも)は、朝鮮半島、中国、台湾でみられ、日本では宮城県や山形県以南に分布します。クスノキ科の常緑高木で雌雄異株です。花は10~11月に咲き、雌の樹には、翌年の秋に赤い実をつけます。この実は ...

ヤマボウシ

落葉高木

11月に返り咲きしたヤマボウシの花

5月に元気に咲いていたヤマボウシ(山法師)が、8月の日照りで葉や実を落して枯れたようになっていました。心配していましたが、11月になって花がさきました。返り咲きの現象のようです。返り咲きまでの経過や、 ...

イイギリ

落葉高木

黄色く紅葉したイイギリ(飯桐)と、冬に残る赤い実

黄色く紅葉したイイギリ(飯桐)に赤い実がついています。名前の由来は、葉をご飯を包むために使い、キリ(桐)ににているため。ナンテンににた赤い実をつけるので、別名はナンテンギリ。紅葉がきれいで、冬の赤い実 ...

フユイチゴ

野草

フユイチゴ(冬苺)、ヤブコウジ(藪柑子)の赤い実

2021/6/20    ,

11月が近づき、半日陰の石垣のフユイチゴ(冬苺)とヤブコウジ(藪柑子)の実が赤く色ずいています。フユイチゴは小さなツブツブがきれいで、食べることもできます。ヤブコウジ(別名:十両)は7mmほどの小さな ...

ガマズミ

落葉小高木

11月近くなり、ガマズミ(莢蒾)の赤い実がたくさんついています

2021/6/18    ,

11月近くなり、ガマズミ(莢蒾)の赤い実が綺麗です。スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、実は動物が好む餌にもなりますが、生食ができ、果実酒やジュース、漬物の色付けに使われたりするようです。木は強く、カ ...

© 2021 山に出かけてecoライフ