PR

ヒイラギナンテン

常緑低木

縁起がいいと言われるヒイラギナンテン(柊南天)

2021年3月1日

PR

ヒイラギナンテンは、葉にヒイラギのようなギザギザがあり、葉の付き方がナンテン(南天)ににているために、ヒイラギナンテンと呼ばれます。ヒイラギは「魔除け」、ナンテンは「難を転じる」とされ、両方を引き継いだでいる縁起ものとも言われています。

ヒイラギナンテン(柊南天)

ヒイラギナンテンの葉

紅葉中のヒイラギナンテン(11月13日)
紅葉中のヒイラギナンテン(11月13日)

ヒイラギナンテンは、庭木や公園樹などに植えられています。

常緑低木ですが、葉にギザギザがあり、冬には葉が赤くなるのでよく目につきます。

11月には、まだ緑いろの葉が多かったヒイラギナンテンですが、

2月には、冒頭の写真のように紅葉しています。

表面に光沢があって光り、赤くてきれいです。 (^_^)

紅葉したヒイラギナンテンの葉
ヒイラギナンテンの葉

また、葉は鋸歯がある小葉(ショウヨウ)がたくさんついた奇数羽状複葉(キスウウジョウフクヨウ)で1枚の葉を構成し、幹に互生します。

ヒイラギナンテンは、写真のように、この小葉にたくさんの鋸歯がついていることから、ヒイラギ(柊)の名がつかわれ、

葉の付き方がナンテン(南天)ににていることから、ナンテン(南天)の名前が付けられたとのことです。

ヒイラギの葉
ヒイラギの葉

ヒイラギ(柊)の葉は、より厚くて硬く、トゲも鋭いようですが、よくにていますね。

ヒイラギは、節分に魔除けとして使われる樹として知られている常緑広葉樹で、年中緑の葉をつけている点も共通しています。

ナンテンの葉
ナンテン(南天)の葉

こちらは、ヒイラギナンテンと同じメギ科で、常緑低木のナンテン(南天)の葉です。

ナンテンの葉は、3回3出羽状複葉(サンカイサンシュツウジョウフクヨウ)ですが、たしかにヒイラギナンテンとよくにています。

      

ヒイラギナンテンの花

ヒイラギモクセイの花
ヒイラギモクセイの花

ヒイラギナンテンは、2月にツボミをつけており、3~4月に小さな花が咲きます。

花は黄色く、長く伸びた茎のまわりに円錐状に花が咲く総状花序で、たくさん咲きます。

赤い葉に黄色の花なので、よく目立ちます。

近くで見たヒイラギナンテンの花
近くで見たヒイラギナンテンの花

   

ヒイラギナンテンの実

ヒイラギナンテンの実
ヒイラギナンテンの実

花が終わると実が付き、9~10月ころには濃い紫いろに変わります。

実は液果で、中に汁気の多い液体が入っているとのことです。

  

ヒイラギナンテンの特徴・花言葉

ヒイラギナンテンの別名はトウナンテン(唐南天)で、中国南部、台湾、ヒマラヤ原産です。

メギ科ヒイラギナンテン属の低木常緑広葉樹で、樹高は50cm~2mの大きさになると言われます。

日本には、江戸時代に渡来したと言われ、庭木や公園樹によく植えられています。

 

ヒイラギナンテンの花言葉は、「激しい感情」、「激情」、「愛情は増すばかり」。

「激しい感情」、「激情」は、葉に鋸歯があることに由来すると言われています。

    

おわりに

いま、ヒイラギナンテンが赤く色づいていますが、ツボミがつき、花を咲かせる準備をしているようです。

常緑低木なので庭木としても適しており、

春に花が咲き、秋に実が熟して、葉が赤くなるので、1年を通じて楽しめるだろうと思います。 \(^W^)/


  

参照サイト

Wikipedia ヒイラギナンテン ヒイラギ ナンテン メギ属

GreenSnap ヒイラギネンテン

  

関連投稿

赤くて綺麗なオタフクナンテン(お多福南天)

ナンテン(南天)の赤と白の実

ヒイラギ(柊、柊木)の葉

  

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-常緑低木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ