PR

ホソバヒイラギナンテン

常緑低木

葉が細いホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)

2021年3月2日

PR

ヒイラギナンテン(柊南天)にくらべて、葉が細長いホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)は、庭木などに植えられているのをよく見かけます。冬も紅葉せず1年中きれいな緑の葉をしています。9月から12月に黄色い花を咲かせ、今は実をつけていますが、やがて黒く熟します。

ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)

ホソバヒイラギナンテンの葉
ホソバヒイラギナンテンの葉

散歩の途中で見かけた、ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)、別名:マホニア、の樹です。

ヒイラギナンテン(柊南天)にくらべて、葉が細長くて軟わらかで、ギザギザそれほどとがっていません。

葉は、長さが10~28cmの奇数羽状複葉で、互生します。

奇数羽状複葉を構成する小葉は、2~5対ついていて、長さは4.5~14cm、幅は0.9~2.5cmと細長い形をしています。

そして、冬も緑いろをして、紅葉はしないようです。

ホソバヒイラギナンテンによく似た品種に、ナリヒラヒイラギナンテン(業平柊南天)という品種もありますが、こちらは紅葉するとのことです。

ナンテンと名がついた、よくにた樹があって混乱しそうですね。

ホソバヒイラギナンテンの花
ホソバヒイラギナンテンの花

ホソバヒイラギナンテンの花期は、9~11月で、黄色くて小さな花を咲かせます。

葉の先に伸びた茎にそって、総状花序の形で、たくさん咲きます。

秋から冬にかけて咲くことも、好まれる要因のようですね。(^_^)

ホソバヒイラギナンテンの実
ホソバヒイラギナンテンの実

花が終わると、翌年に実をつけているのが見られます。

2月には、緑色の実がたくさんついているのを見かけました。

実は食べられないようですが、液果で、中には果汁が含まれているようです。

この実は、やがて熟し黒くなります。

ホソバヒイラギナンテンの基本情報・花言葉など

ホソバヒイラギナンテン(別名:マホニア)は、中国原産で、メギ科メギ属の低木常緑広葉樹です。

樹高さは1~2mといわれ、あまり大きくならないようです。

秋から冬にかけて黄色い小さな花をたくさんつけ、一年中、緑の葉を保ち、

庭木や公園などに植えられることが多いようです。

 

ホソバヒイラギナンテンの花言葉は、「優しい暖かさ」、「過敏」。

 

おわりに

2月に、緑の実をつけた、ホソバヒイラギナンテンを見かけました。

最初は、名前がわからなかったのですが、すぐにナンテンの仲間であることがわかりました。

ナンテンの仲間なので、縁起物と考える方もいるかもしれませんね。

あまり大きくならず、秋から冬にかけて花が咲くのも、庭木にはいいですね。 (o^<^)o

 


   

参照サイト

Wikipedia ホソバヒイラギナンテン

Chills Laboratory  ホソバヒイラギナンテン

EVERGREEN  ナリヒラヒイラギナンテン

   

関連投稿

葉がギザギザなヒイラギナンテン

   

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-常緑低木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ