カテゴリー
庭木

ナンテンの花を見たことあります?

ご訪問ありがとうございます。ランキング応援をお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

皆さんは、ナンテンの花を見たことあります? 私はよく見たことがなかったので、今回見てみました。

我が家のナンテン

ナンテンのつぼみと花
ナンテンのつぼみと花

ナンテンは、「難を転じる」の言葉を連想して、縁起がいい植物とされてます。我が家でも植えられています。

もちろん、災難は起こらないでもらいたいですよね。

家のナンテンのほとんどは赤い実をつけますが、中に数本白い実をつけるものもあります。

たくさんの実を落とすので、樹の周辺にはたくさんの実生苗が生えています。

ナンテンは、もっぱら葉や実に利用されて、花はほとんど注目されることはありませんが、今回は花も撮ってみました。

ナンテンの花

写真のように、枝先に円錐花序(花序とは、花が集まってまとまった形になっている状態のこと。ナンテンは、全体が円錐状になります。)の形でたくさんの花が咲きます。

ナンテンの花
ナンテンの花

ひとつひとつの花は、写真のように花弁が6枚で、6mmほどの大きさです。黄色い雄しべが6個、雌しべが1個で構成されます。

周辺には、花が咲き終わった細長い実がついています。これが育つと丸く大きな実になります。

ナンテンのつぼみ
ナンテンの花

この写真で、中心の花の左下や右上で、つけ根近くにうろ状の模様がついたものがつぼみです。

うろこ状の部分はガク(萼:一般的に、花びらの付け根にある葉のようなもの)ですが、開花するときに落下するそうです。

花が散ったあとに、たくさんの小さなごみが落ちて困るのですが、花びらやガクだったようです。

ナンテンの花言葉は、「私の愛は増すばかり」、「良い家庭」。

ナンテンの葉と実

ナンテンの葉
ナンテンの葉

ナンテンの葉は、腐敗防止作用があるため、食べ物に添えられてきました。葉が平で、綺麗な形であることも、都合よかったのだでしょうか。

ナンテンの葉は、3回奇数羽状複葉と呼ばれます。羽状複葉とは、小葉が葉軸の左右に羽状に並んでいることを表し、ナンテンでは3回繰り返しているのでこう呼ばれます。

奇数とは、先端に葉がついているため付けられています。先端に2枚の葉がついている場合は、偶数となります。

ナンテンの実と聞くと、のど飴を思い出すように薬用効果があります。

また、正月の松飾やいろんな装飾などに利用されますね。長持ちすることも、都合がいいですね。

当地では、山に食べ物がなくなるためか、猿が食べに来て困ります。

ナンテンの実
ナンテンの実

ナンテンのその他の特徴

ナンテンは、茨城県以西に分布する中国原産のメギ科ナンテン属の落葉低木で、樹高は、3m程度になります。

葉は殺菌効果のほか、健胃、解熱、鎮咳などの作用があり、実は鎮咳に有効とされます。

また、実用品として、長寿のお祝いなどとしてお箸や杖の材料に使われます。

おわりに

ナンテンは、殺菌効果や薬効とともに、縁起ものでもあるため、いろんな形で使われてきました。あまり馴染みのなかった花ですが、可憐と感じた次第。

関連投稿

  庭木に花が咲きました!

  ナンテン(南天)の赤と白の実

楽天roomも、よろしく!

私のroom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA