PR

ミズキの白い花

落葉高木

ミズキの白い花が咲いています

2020年5月20日

PR

今の季節には、ミズキ(水木)の白い花をよく見かけます。ヤマボウシやトチノキと同じころに、ミズキの花もよく見かけます。大きな花で白いため、新緑の季節に良く目立ちます。

ミズキ

ミズキは、北海道から九州に分布する落葉高木で、樹高は10~20m、幹の直径は10~50cmに成長します。

水の多いところでよく育ち、よく水を吸い上げるため、枝を切ると切り口から水がしたたり落ちることから名付けられたとのことです。

また、材としては白色で軟らかく緻密なことから、こけしなどの細工物、器具、下駄に利用されてきたようです。(Wikipedia、池田書店発行:「葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑」より)

同じミズキ科ミズキ属でもハナミズキヤマボウシとは全く違った花ですね。両者は、人が民家近くや庭木、街路樹などとして植えられていることがほとんどのようです。

ミズキの花

ミズキの花
ミズキの花

葉の上にたくさんの小さな花を付けたかたまり(散房花序)が咲いており、その花序は小さな花を密につけています。

葉は互生し、枝先に集まってつきます。葉身は、長さ6~15cm、幅3~8cmで、卵型をしており、先が短く急にとがっています。葉脈が綺麗に弧を描いているのも印象的です。

枝を広げ、階段状の樹形になっていることから、テーブルツリーとも呼ばれるそうです。

ミズキの花(遠景)
ミズキの花(遠景)

道路沿いや雑木林など、あちこちで見かけ、目を楽しませてくれます。ミズキの実はあまり印象が無いのですが、直径6~7mmほどの球形の実がつき、赤色から紫黒色に熟すようです。

熟した実は、野鳥やクマなどの重要な餌になっているようです。もちろん猿も見逃すはずありませんね。

ナナカマドなどのようにイイギリのように赤い実を付けると印象に残るのですが、少し地味なんでしょうか。それとも、早い段階で食べられるのでしょうか。あまり印象に残っていません。

遠くで咲くミズキ
遠くで咲くミズキ

このように遠くで咲いていても、新緑の中に咲く白い花なので良く目につきます。

このように特徴のある花を咲かせてくれると、見分けやすいというメリットもあります。樹には関係ないことですが。

ミズキの大木
ミズキの大木

トチノキや欅と同じとまではいかないようですが、大くなったものも見かけます。やはり迫力があります。

いろんな樹が共存して育っているのは、豊かで健全な森と言うことなのだと思いますね。

ミズキの実

6月のミズキの実
6月のミズキの実

6月のミズキの実はまだ青く、出来立てという感じですが、たくさんの実をつけています。

猿の餌にもなるのだったら、山にミズキがたくさん生えていればそれを食べてくれるのでしょうか。それとも、やはり人間が作っている柿や栗をとりに来るのでしょうか。

やはり、人工のものの方が、うまくて食べがいがあるような気がしますね。人間が食べるものと同等のものを山の中に準備して、猿の楽園を作る必要があるのでしょうか。

参照サイト

  月刊 杉 WEB版

関連投稿

 5月の里山の樹々

 森をもっと生かす方法は?

 クマノミズキとミズキの違い

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-落葉高木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ