クマノミズキの花

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

落葉小高木

ミズキ(水木)とクマノミズキ(熊野水木)の違い

2020年6月23日

PR

クマノミズキ(熊野水木)は、ミズキ(水木)とそっくりな花をつけますが、つぎのような違いがあります。クマノミズキは、花期が6~7月、西日本以西に分布、葉が対生でつく、ミズキは、花期が5~6月、北海道から九州に分布、葉が互生してつく、などです。

クマノミズキ(熊野水木)とミズキ(水木)の花

実は、クマノミズキのことを知りませんでした。

5月に「ミズキの白い花」という題名で記事を書きましたが、

その後、ミズキにそっくりな花をつける樹を見かけ、違った時期に同じ樹に花が咲いているので、

不思議に思って調べたところ、クマノミズキでした。

クマノミズキの花

クマノミズキの花

ところが6月になって、ミズキと同じような花が、こののように咲いたので、

おかしいなと思い調べたところ、ミズキと近縁のクマノミズキだとわかりました。

クマノミズキは、西日本以西で多くみられるミズキ科ミズキ属の落葉高木です。

名前の由来は、三重県の熊野で見つけられたためとされます。

クマノミズキの花

クマノミズキの花

こちらが、クマノミズキの花です。

つぎの写真のミズキの花と、花そのものも花のつき方もそっくりのように見えます。

撮影距離がすこし違っていますが、どうでしょうか。

 

両者とも、枝先に散房花序(花柄のついた花が球面上あるいは平面上についたようになる)を出し、小さな白っぽい花を密につけています。

ミズキの花

ミズキの花

花の詳しい写真はありませんが、両者は、花弁が4個、雄しべが4個、花柱が1個つく点でも同じです。

このように、良くにたもの同士ですが、違う点もあります。

クマノミズキ(熊野水木)とミズキ(水木)の違い

調べたところ、つぎのような点に違いがあることがわかりました。花期については先ほど述べた通りで、私が体験済です。

  クマノ
ミズキ
ミズキ  
分布 関西以西 北海道から
九州
花期 6~7月 5~6月
葉の形 卵状長楕円 広楕円
葉のつき方 対生 互生
                            クマノミズキとミズキの違い

葉については、写真をみていただければわかるかと思います。

先ほどの両者の2枚の花の写真を較べてください。明らかに、クマノミズキの方が、細長いことがわかるかと思います。

クマノミズキの葉

クマノミズキの葉

葉のつき方を見てください。葉が対になって出ていることがわかるかと思います。

この写真は、6月23日に撮影しましたが、花はまだ咲く前の蕾で、これからのようです。このことから、クマノミズキであることもわかります。

ミズキの葉

ミズキの葉

クマノミズキに隣接して生えていたミズキの葉です。

葉が、対ではなく互い違いにつけていることがわかります。

ミズキは早く花が咲いただけに、実をつけています。まだ小さいのですが、たくさんついています。

鳥や動物も早く熟すのを楽しみにしているんでしょうね。

ミズキの実

ミズキの実

参考図書

池田書房 「葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑」

関連投稿

クマノミズキとミズキの違い
ミズキ(水木)に咲く白い花と、その後につく実

5月になり、山では、ミズキ(水木)の白い花をよく見かけます。ヤマボウシやトチノキと同じころに咲くミズキですが、小さな花が集まった大きく白い花なので、新緑に良く目立ちます。材は、緻密で加工しやすいため、 ...

続きを見る

山茶花と椿
サザンカ(山茶花)とツバキ(椿)の違いは?

サザンカ(山茶花)とツバキ(椿)は、よくにた樹と花ですが、つぎのような点が違います。サザンカは、花期が10~2月、花は平面的で、花びらはバラバラで落下、ツバキは、花期が12~4月、花は筒状で厚みがあり ...

続きを見る

カヤの実
カヤ(榧)とイヌガヤ(犬榧)の違いについて

カヤ(榧)とイヌガ(犬榧)は、よくにていますが、次のような点で違います。カヤの葉は、先が尖っていて痛く、ちぎると匂いがし、実を食用にします。一方、イヌガヤの葉は、先が柔らかいので触っても痛くなく、ちぎ ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-落葉小高木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ