クズ(葛)の花

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

多年草 草本 蔓性植物

秋の七種(ナナクサ)、クズ(葛)に花が咲いています

2020年9月17日

PR

秋の七種(ナナクサ)のクズ(葛)は、マメ科クズ属のつる性多年草で、空き地などでよく繁殖しています。根にはデンプンが含まれており、くず粉がつくられ、料理や漢方薬に利用されています。ただ、繁殖力が旺盛なので、海外では侵略的外来種に指定されています。

秋の七種(ナナクサ)、クズ(葛)に花が咲いています

クズ(葛)の花とツル

クズの蔓(ツル)と花

クズの蔓(ツル)と花

クズは日本全国に分布するつる性の多年草で、空き地や道路の土手などで、良くみかけます。

花は8~9月ころに、総状花序で上向きにつきます。個々の花は、紫や紺いろの蝶形花となります。

普段あまり見ない花ですが、きれいな花です。匂いもいいようです。蔓の中に隠れていることが多いので、近くでみる機会も少ないですね。

また、クズ(葛)の花は、山上億良によって万葉集において、秋の七種一つとして、次のように歌われています。

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花また藤袴 朝貌(あさがお)の花  (⌒_⌒)

蔓には細かい毛が生えおり、長さがは10m以上に伸びる繁殖力の旺盛な植物です。

繊維質で丈夫なため、古代から布を作り、衣服として利用されたようです。

クズの葉

クズの葉

葉は、長い葉柄をもった3出複葉で、互生します。そして、葉の裏側は、白い毛が蜜に生えています。

クズが成長して蔓が伸びると、たくさんの葉で覆われるようになり、よく目立ちます。

空き地で樹に巻き付いたクズ

空き地で樹に巻き付いたクズ

 

電柱の支線に巻き付いたクズ

電柱の支線に巻き付いたクズ

このような風景を、良くみかけることがあるのではないでしょうか。

樹やフェンスなどに巻き付かれていて、切ってもすぐに伸びてくるので、なかなか取り除くことができず、やっかいです。ヽ('ー`)ノ 

クズの根の利用

クズの根は長芋状で長さ1.5m、直径20cmほどの大きさまで成長します。

クズの根

クズの根

クズの根にはデンプンが含まれるため、葛粉(クズコ)として使われてきました。

冬季に掘り起こした根を砕いて繊維を取り除いたものが、葛粉(クズコ)です。

葛粉(クズコ)

葛粉(クズコ)

写真は、我が家で買った葛粉です。

葛粉を湯に溶かしたものを、葛湯と呼びそのまま食べたり、料理や和菓子などでも利用されます。   (^.^) 

根は葛根と呼ばれ、風邪薬にされていることは、ご存じのとおりです。

クズは、いままでみてきたように有用ですが、繁殖力が強いため拡散が早く、他の植物を駆逐する場合があります。

クズ(葛)の基本情報・花言葉

クズは日本全国に分布するつる性の多年草で、空き地や道路の土手などで、良くみかけます。

学名は、 Pueraria montana var. lobata。英名は、kudzu。

花は8~9月ころに、総状花序で上向きにつきます。個々の花は、紫や紺いろの蝶形花となります。

このため、海外では「世界の侵略的外来種ワースト100」に入れられています。 (;_・)

繁殖力が強すぎるのも、考え物ですね。人々の暮らしが昔と違ってしまい、利用する場面が少なくなっている一方で、害になることが多くなってしまっているんですね。

葛の花言葉は「活力」、「芯の強さ」、「治癒」、「思慮深い」、「根気」、「努力」、「恋のため息」

9月12日の誕生花です。

おわりに

クズ(葛)は、古代から日本人に親しまれ、利用されてきました。ところが、いまは繁殖力が旺盛なことが災いして、厄介者になっています。時代によって、評価も変わるんですね。

参照サイト

Wikipedia クズ 世界の侵略的外来種ワースト100

はなたま

関連投稿

ハギ(萩)
秋の七種(ナナクサ)、ハギ(萩)

ハギ(萩)は、秋の七種の一つで、マメ科ハギ属の落葉低木で、根粒菌で育つパイオニア(先駆)植物です。「萩」は、日本でつくられた漢字で日本の秋の代表的植物です。花は、あまり目立ちませんが、万葉集で一番よく ...

続きを見る

ススキ
秋の七種(ナナクサ)、オバナ(尾花)

オバナ(尾花)とはススキ(芒、薄)のこと。ススキの穂が動物の尾を連想することに由来すると言われます。以下、ススキと呼びます。        <目次> 山のススキ(芒、薄)魔除けとしてのススキおわりに参 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-多年草, 草本, 蔓性植物
-, , , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ