蔓性植物

PR

アレチウリの花

草本 蔓性植物

アレチウリ(荒地瓜)のツルが伸び、花が咲いています

アレチウリ(荒地瓜)は、北アメリカ原産で、日本全土に分布するウリ科のツル性1年生です。1952年(昭和27年)に輸入大豆に混入した種子で日本に持ち込まれたと言われます。繁殖力が旺盛なため、日本の侵略的 ...

草本 蔓性植物

マルバルコウ(丸葉縷紅)のオレンジの花

マルバルコウ(丸葉縷紅)は、熱帯アメリカ原産で、日本では中部地方以南でよく見られるヒルガオ科サツマイモ属の一年草です。江戸時代に、日本に観賞用に渡来し、いまは野生化していると言われます。8~10月の間 ...

ガガイモの花

草本 蔓性植物

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)の薄紫の花

2021/10/14    ,

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)は、中国、朝鮮半島などの東アジア一帯や日本全土に分布する、キョウチクトウ科のツル性多年草です。名前は、葉がスッポン(ガガ)ににていて、地下にイモがつくことに由来するいわれます。古 ...

ヤブガラシの花

草本 蔓性植物

色がきれいな、ヤブガラシ(藪枯)の花

2021/10/7    

ヤブガラシ(藪枯)は、東南アジアから東アジアや日本の北海道南西部から南西諸島に分布する,、ブドウ科のツル性多年草です。名前は、藪を覆って他の植物を枯らしてしまうほど元気なことに由来します。小さな花は、 ...

PR

ノウゼンカズラの花

草本 蔓性植物

ノウゼンカズラ(凌霄花)のオレンジの花

ノウゼンカズラ(凌霄花)は、平安時代に中国から伝来したといわれる、つる性の落葉植物です。蔓は、3~10mほど伸びるといわれ、高い樹から垂れ下がっているのを見かけます。6~7月に、オレンジ色の漏斗状の花 ...

ウキツリボクの花

草本 蔓性植物

ウキツリボク(浮釣木)に咲く、赤と黄の花がきれいです

2021/10/7    ,

ウキツリボク(浮釣木)は、ブラジル原産のつる性常緑低木です。別名はチロリアンランプで、赤くふくらんだ萼と、その下の黄色い花びらが、人の目を引くきれいな花です。関東南部以西で露地栽培でき、花期は6~11 ...

ミツバアケビの花

草本 蔓性植物

ミツバアケビ( 三葉木通 )の花が咲きました

ミツバアケビ(三葉木通)は、中国や朝鮮半島に分布し、日本では北海道から九州に生えるアケビ科アケビ属の落葉つる性植物です。蔓(ツル)はカゴなどの細工に使われ、実や新芽は食べられてきました。3月後半になり ...

クズ(葛)の花

多年草 草本 蔓性植物

秋の七種(ナナクサ)、クズ(葛)に花が咲いています

秋の七種(ナナクサ)のクズ(葛)は、マメ科クズ属のつる性多年草で、空き地などでよく繁殖しています。根にはデンプンが含まれており、くず粉がつくられ、料理や漢方薬に利用されています。ただ、繁殖力が旺盛なの ...

ノブドウ

樹木 落葉つる性植物 落葉低木 蔓性植物

ノブドウ(野葡萄)とヤマブドウ(山葡萄)の実と違い

2021/10/19    ,

ノブドウ(野葡萄)とヤマブドウ(山葡萄)は、日本全土に分布するブドウ科のツル性落葉低木です。ノブドウは実がたべられず熟すと青や紫になり、葉が9cmであるのに対し、ヤマブドウは雌雄異株で実が食べられ、葉 ...

PR

サルナシの実

常緑つる性植物 常緑低木 樹木 蔓性植物

山でみのるサルナシ(猿梨)の実

キウイはマタタビ科マタタビ属のツル性植物で雌雄異株です。雌株には大きさが3cmくらいで、表面に毛がないキウイににた形の実をつけます。サルが好んで食べ、梨ににているのでサルナシ(猿梨)と名づけられたとの ...

テイカカズラ・スイカズラの花

蔓性植物

テイカカズラ(定家葛)とスイカズラ(吸い葛)の花がさきました

テイカカズラ(定家葛)、スイカズラ(吸い葛)の花が見ごろです。常緑性で、つる性植物のテイカカズラ(定家葛)とスイカズラ(吸い葛)に花が咲いています。テイカカズラの花は2cmくらいで、いろは白く、花びら ...

© 2021 山に出かけてecoライフ