ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

縁起物のカラスウリ(烏瓜)の赤い実

2021年1月8日

カラスウリ

カラスウリは、7~9月ごろ、夕方に幻想的な花を咲かせますが、朝にしぼむため目立たず、赤い実の方が知られているようです。種子の形が打ち出の小槌ににているため、縁起物として財布に入れられます。ここでは、竹藪で見かけたカラスウリについて書きました。

縁起物のカラスウリ(烏瓜)の赤い実

カラスウリの実

たくさんのカラスウリ

たくさんのカラスウリ


カラスウリ(烏瓜、唐朱瓜(別名:玉章、玉梓(タマズサ)など)の実は、写真のように橙色をしているので、よく目につきます。

ここの竹やぶでは、蔓が大きく伸びていて、10個ぐらいついているようです。

近寄れなかったので、大きさを測れなかったのですが、長さは10cm近くあるでしょうか。

竹の中のカラスウリ

竹林の中のカラスウリ


カラスウリは、小説や児童書などに取り上げられているので、知っている方も多いのではないでしょうか。

私は、カラスウリの中の実をくり抜いて、中にロウソクを立てて、提灯のようにして遊んだことを記憶しています。

若い実は、漬物にされることはあるようですが、非常に苦いため、人の食用には適さないとのことです。

ただ、熟した実は、シロップや蜂蜜漬けにされることがあるようです。

また、実、種子、塊根は、生薬として利用されるそうです。

カラスウリの白い花

カラスウリの花

カラスウリの白い花


カラスウリは、写真のように、花弁の縁からたくさんの糸状のものを出して、きれいな花を咲かせます。

雌雄異株で、実は雌株につきますが、雌雄で同じような花が咲きます。

花期は7~9月ごろで日没後から咲きだして、朝には萎んでしまいます

カラスウリは、実が良く知られいていますが、花はあまりなじみがないようですが、幻想的できれいですね。

花言葉は、「よき便り」「誠実」「男ぎらい」で、11月11日、11月20日の誕生花です

「よき便り」は、種が結び文ににていることから、「男嫌い」は夕方から咲いて朝には萎むことに由来しているようです。

縁起物とされるカラスウリの種の形

カラスウリの種

カラスウリの種


カラスウリの種は、「カマキリの頭の形」や「結び文」にていると言われてきたそうです。そういわれれば、確かに、にていますね。

また、「打ち出の小槌」とか「大黒さんの顔」にみたてて、縁起物として、財布にいれる人もいるようです。

詳しくは、「草木図譜」に書かれています。(*´▽`*) 

こういう楽しみ方もいいですね。

カラスウリの基本情報・花言葉

カラスウリ(烏瓜、唐朱瓜)は、中国・日本が原産で、日本では本州以南に自生するウリ科カラスウリ属のつる性多年草です。

名前は、カラスが好んで食べるという説や、カラスウリが生育旺盛で、他に植物にまきついて枯らしてしまうためをする説などがあるようです。

別名は、玉章(たまずさ)、ツチウリ、キツネノマクラ、ヤマウリなどがあります。

学名は、Trichosanthes cucumeroides

雌雄異株で、地下中にデンプンやたんぱ質を含んだ塊根をつくり、蔓は秋に地上に延びて栄養繁殖します。

花期は7月〜9月で、夕方に咲き翌朝にしぼんでしまいます。雄花は一ヶ所に複数個つき、数日間連続して咲きます。

一方、雌花は、おおくが単独でつきます。花びらは白色で主に5弁(4弁、6弁のこともあります)で、後方に少し反り返り、縁がたくさんの白く細いひも状になって伸び、直径7〜10cmほどのレース状に広がります。

このように夜に白い花を咲かせるのは、受粉のために、夜行性で長い口吻を持ったスズメガを引き寄せるためと考えられています。

果実は、直径5〜7cmの卵型形状で、雌株につきます。形は楕円形や丸いものなどいろんな形で、熟す前は縦線が通った緑色で、光沢があります。

10月から11月末ごろに熟して、オレンジ色になります。

葉はハート型で、表面は短い毛で覆われます。

地下にはデンプンやタンパク質をたくさん含んだ塊根をつけており、冬を越します。

夏の間に延びた地上の蔓は、秋になると地面に向かって延び、先端が地表に触れるとそこから根を出し、新しい塊根を形成して栄養繁殖します。

カラスウリの種は、「カマキリの頭の形」や「結び文」にていると言われます。

近縁種に、キカラスウリヘビウリがあります。

また、「打ち出の小槌」とか「大黒さんの顔」にみたてて、縁起物として、財布にいれる人もいるようです。

カラスウリの花言葉は、「よき便り」「誠実」「男ぎらい」で、11月11日、11月20日の誕生花です

「よき便り」は、種が結び文ににていることから、「男嫌い」は夕方から咲いて朝には萎むことに由来しているようです。

参照サイト

 Wikipedia カラスウリ

 草木図譜 カラスウリ

 花言葉-由来 カラスウリ

関連投稿



~いま見ごろの花たち~

-つる性植物, 多年草, 草本, 野草
-, , , ,