カテゴリー
蔓性植物

カラスウリの実がなっていました!

車で走っていると、竹藪の中に赤い実が目に入りました。何かと思って車を止めてみると、たくさんのカラスウリの実がついていました。あまり見かけることがないので、さっそく写真に撮らせてもらいました。

カラスウリの実

たくさんのカラスウリ
たくさんのカラスウリ

カラスウリ(烏瓜、唐朱瓜(別名:玉章、玉梓(タマズサ)など)の実は、

写真にように橙色をしているので、よく目につきます。

蔓が大きく伸びているのでしょうか、

10個くらいついています。

近寄れなかったので、測れなかったのですが、

実の長さは10cm近くあるでしょうか。

竹の中のカラスウリ
竹の中のカラスウリ

カラスウリは、小説や児童書などに書かれているので、

知っている方も多いのではないでしょうか。

詳しいことは忘れましたが、私は、

カラスウリの中の実をとって、中にロウソクを立てて、

提灯のようにして遊ぶイメージが残っています。

カラスウリの若い実は、漬物にされることはあるようですが、

非常に苦いため、人の食用には適さないとのこと。

ただ、実、種子、塊根は、生薬として利用されるそうです。

カラスウリの花

カラスウリの花
カラスウリの花

カラスウリは、写真のように、

花弁の縁からたくさんの糸状のものを出して、

きれいな花を咲かせます。

雌雄異株で、実は雌株につきますが、雌雄で同じような花で、

夏季は7~9月ころ、

日没後から咲きだして、朝には萎むそうです。

カラスウリは、実が良く知られいている一方、

花は、あまりなじみがないようですが、

幻想的というんでしょうか、きれいですね。

カラスウリの種

カラスウリの種
カラスウリの種

カラスウリの種は、

「カマキリの頭の形」や「結び文」にていると

言われてきたそうです。

そういわれれば、確かに、にていますね。

また、「打ち出の小槌」とか「大黒さんの顔」にみたたて、

縁起物として、財布にいれる人もいるようです。

詳しくは、「草木図譜」に書かれています。

(*´▽`*) 

カラスウリについて

カラスウリは、中国・日本が原産で、日本では本州以南に自生する、ウリ科カラスウリ属のつる性多年草です。

雌雄異株で、地下中にデンプンやたんぱ質を含んだ塊根をつくり、蔓は秋に地上に延び、栄養繁殖するそうです。

カラスウリの名前は、カラスが好んで食べるなどに由来すると言われます。

カラスウリの花言葉は、「よき便り」、「誠実」、「男ぎらい」。

「よき便り」は、種が結び文ににていることから、「男嫌い」は夕方から咲いて朝には萎むことに由来するようです。

近縁種に、キカラスウリヘビウリがあります。

おわりに

通りかかった竹藪に、赤いカラスウリが生っていました。

ちょっと変わった植物なので、以前から興味をもっていて、

種芋を買って育てようとしたことがありますが、

うまく育てられなかったので、見事に実った様子に驚きました。

条件があえば、このよう育つと感心?した次第です。

参照サイト

 Wikipedia カラスウリ

 草木図譜

 花言葉-由来

関連投稿

 山で実るアケビ

  

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA