ウラジロ

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

正月飾りのウラジロ、コシダとの違い

2021年1月6日

ウラジロは、正月の鏡餅や松飾に使われるシダ植物です。長く伸びた一対の葉の裏が白いため、夫婦がとも白髪の生えるまでなどの連想から、縁起物とされます。山に生えるウラジロの様子や、よくにたコシダとの違いについて書きました。

正月飾りに使われるウラジロ(裏白)について

ウラジロの正月飾りでの使われ方

鏡餅に敷いたウラジロ

鏡餅に敷いたウラジロ

ウラジロの葉は、正月の鏡餅の下に敷かれるシダ植物です。

また、鏡餅だけでなく、門松や神社のしめ縄などにも使われますが、

鏡餅にジロウラジロを飾る場合、裏側を表向きに置き、その上に鏡餅をのせます。

光沢のある表でなく、白い裏側を表にしますが、

これは、夫婦がともに白髪が生えるまで、長生きをすることを象徴しているようです。

このウラジロが山で生えている様子を見てみたいと思います。

山で育つウラジロ

群生するウラジロ

群生するウラジロ

こちらは、近くの山に生えているウラジロ(裏白)です。

比較的明るく、湿った斜面などにに集まって生えているを見かけます。

地下茎が周辺に伸び、そこから葉柄が立ち上がって、2回羽状複葉が、2方向に分かれてつきます。

表はきれいな緑で光沢があり、小さな葉がたくさんついています。

ウラジロの葉の表と裏をみてみると

ウラジロの表

ウラジロの表

表は、光沢があってきれいな緑いろをしています。

ウラジロの裏

ウラジロの裏

一方、裏は、このように白っぽい色をしています。

ウラジロの名前は、このように裏側が白いことに由来しているんですね。

近づいてみると、もう少しはっきります。

ウラジロの表

ウラジロの表

小葉が少し欠けていますが、きれいに光っていますね。

それに較べて、裏は白く、対照的です

ウラジロの裏

ウラジロの裏

ウラジロのいわれ

ウラジロが、正月の飾りに使われるいわれについて、調べて見ました。

二枚の白い葉を、人の白いひげに見立てて、ともに白髪が生えるまでとして長生きを願ったり、

二枚の複葉が向き合っていることから、夫婦が仲良く暮らせるように、

との願いから飾ると言われているようですが、たしかかではないようです。

異なった説として、

稲の形に似ているとして、ウラジロを豊作の象徴としたのではないか、と考えている方もおられます。(湯浅浩史著 「植物と行事」)

いろいろ説がありますが、定説はないようです。

ウラジロ(裏白)の基本情報・花言葉

ウラジロ(裏白)は、アジアに広く分布しますが、日本では本州中部以南に分布するといわれるシダ植物門ウラジロ科のシダ植物(歯朶)です。

ウラジロの名前は、葉に裏が白いことから名づけられたといわれます。別名はシダ(羊歯)。

細くて長い地下茎がよく伸びて周辺に群落を構成し、長い葉柄を出してその先に一対の2回羽状複葉の葉をつけ、毎年繰り返してつけます。

この葉の長さは、1mくらいになりますが、小葉はたくさんの切れ込みがはいっており、長い楕円形状で先が細く、もとは幅広になっています。

葉の表面は光沢があって緑色をしていますが、裏面は白っぽくなります。

また、一年目の葉は、葉柄の先に2枚に分かれてつきますが、2年目は2枚の葉の間から葉柄がでて、段状につきますが、日本では、3段くらいつくとのことです。

ウラジロの花言葉は、「無限に」、「永遠の契り」。

「無限に」は、ウラジロが、一対の複葉の上に、1年毎に2枚の複葉をつけていくことから名つけられたといわれます。

近縁種のコシダ(小羊歯)、ウラジロ(裏白)との違い

コシダの葉

コシダの葉

ウラジロによく似た植物に、コシダ(小羊歯)があります。

コシダは、中国南部、朝鮮半島南部、台湾から東アジアからインド、日本の福島県南部以南に分布するウラジロ科コシダ属のシダ植物です。

ウラジロによくにた環境で見られ、ウラジロより小さいためコシダと名づけられたと言われます。

ご覧のように、形はよくにていますが、

  • ウラジロより葉が小さく、一回羽状複葉
  • 葉が繰り返して二方向に分岐する

などの点が、ウラジロと異なります。

コシダの群落

コシダの群落

写真のように、大きな群落を構成しているのを見かけます。

ウラジロと同じように、湿っぽく、明るい環境を好むようです。

コシダの表面

コシダの表面

コシダの裏面

コシダの裏面


 

なお、葉の表裏については、表面は光沢がありきれいですが、裏面はウラジロのように白くなっており、この点でもウラジロとよくにています。

以下に、ウラジロとコシダの違いをまとめました。

  ウラジロ コシダ
葉の形 2回羽状複葉 1回羽状複葉
葉の大きさ 長さ50~100cm、幅20~30cm 長さ15~25㎝、幅4~8㎝
葉の付き方 葉柄に多段につく 葉柄が二股に分かれてつく

ウラジロとコシダの違い

おわりに

ウラジロは、縁起物として正月の飾りによく使われ、見慣れていますが、そのいわれは諸説あるようです。

ひらべったくて、たくさんの小葉が出ているので、鏡餅の下に敷くのには都合がいいと思いますが、

先人が、白い髭に見立てたり、一対についている葉から夫婦円満、や稲穂をイメージするのは、発想の豊かさを感じます。

諸説あって確かではないようですが、幸せを願って、正月の飾りに使われたということは言えるのでしょうね。(*´▽`*) 

参照サイト

 Wikipedia  ウラジロ シダ植物 鏡餅 コシダ

 花言葉事典

関連サイト

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

-シダ植物, 多年草, 草本, 野草
-,