ヤブソテツ

PR     

検索

ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

常緑性シダ植物のヤブソテツ(藪蘇鉄)

2022年2月9日

ヤブソテツは、山でよく見る常緑性のシダ植物です。シダ植物だからでしょうか、鹿などの動物にも食べられず、日陰にも強いからだと思われますが、人工林の下でも育っています。また、常緑植物で形が整っているからでしょうか、観葉植物にもされるようです。

常緑性シダ植物のヤブソテツ(藪蘇鉄)

ヤブソテツの葉・茎

ヤブソテツの葉

ヤブソテツの葉

近くの石垣や道路沿いで見かけたヤブソテツです。

花が咲かないシダ植物ですが、整った形で、常緑性だからでしょうか、観葉植物にもされるようです。

葉が薄くて、ペラペラなので、食べても消化しにくいためでしょうか、鹿にも食べられないようで、他の植物があまり生えない日陰の人工林の下でも生えています。

ヤブソテツの名前は、ヤブ(藪)のなかで育つソテツ(蘇鉄)のようだとして名づけられたとのことですが、ここでは、ヤブでない日陰に育っています。

ヤブソテツと書きましたが、ヤブソテツの種類はたくさんあり、写真のものは、葉が少なく、小葉の付け根の形などから、ヤマヤブソテツではないかとも思われますが、ここではヤブソテツと呼びます

ヤブソテツは、写真のように、50cmほどに伸びた茎に、奇数羽状複葉で三角状の小葉がたくさんついています。そして、ヤブソテツは、この小葉の数や、形などで、分類されます。

写真の小葉は10対ほどで、比較的少なく、また小葉の付け根の部分が角ばっている感じがします。ヤブソテツは10〜25対、ヤマヤブソテツは10〜15対とされており、葉の根元は、ヤブソテツが円形〜切形で、ヤマヤブソテツはくさび形〜切形で耳片が突起する、と言われるので、ヤマヤブソテツに近いように思われます。(もう少し確認したいと思います。(^ ^;))

いままでの写真は、葉が1~2枚で出ていましたが、株が大きくなるとたくさんの葉がでてきます。

株になって育つヤブソテツ

株になって育つヤブソテツ

こちらは、4~5本の葉が出ています。小葉はとれやすいようで、かけているものも見られますが、ほぼ同じような長さでついています。葉の縁には小さな鋸歯が見られます。

ヤブソテツの胞子嚢

ヤブソテツの胞子嚢

ヤブソテツの胞子嚢

ヤブソテツンプラには、小さな丸い胞子嚢がたくさんついているものがあります。葉の縁のや先のほうに多めのようですが、葉によって微妙にちがっているようですね。

いままでに、マメズタやノキシノブを記事に書き、それぞれの胞子嚢をみてきましたが、それぞれに違った様子でついているのも面白いと思います。

ヤブソテツの胞子嚢

ヤブソテツの胞子嚢

ここからどのように胞子が飛び出し、どのように増えていくのかも、興味深いと思います。

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 (^◎^)

ヤブソテツの基本情報・花言葉

ヤブソテツ(藪蘇鉄)は、ヒマラヤから日本にかけて分布するオシダ科ヤブソテツ属の常緑シダ植物です。

名前は、ヤブ(藪)で育ち、ソテツ(蘇鉄)にているされることに由来します。

ヤブソテツの近縁種は十数種とたくさんありますが、ヤブソテツ、オニヤブソテツなどが身近とされ、観葉植物としても利用されています。

学名は、Cyrtomium fortunei var. fortunei

英名は、holly fern

葉は、長さが50cm前後の長い楕円状の奇数羽状複葉になります。小葉は、先が尖った長い三角状で、ほぼ同じ大きさで2列になってつきます。

葉の裏は全体に白っぽく、円形の胞子嚢がついています。

茎は太くて短く、多数の複葉がロゼット状にでています。また、葉の軸の下部には褐色の鱗片がみられます。

ヤブソテツは近縁種が多く、Wikipediaではつぎのように分類されています。

  • ヤブソテツ ヤマヤブソテツ ミヤコヤブソテツ イズヤブソテツ
  • オニヤブソテツ キレハヤブソテツ ナガバヤブソテツ ヒメオニヤブソテツ
  • ヒロハヤブソテツ ツクシヤブソテツ クマヤブソテツ
  • メヤブソテツ
  • ホソバヤブソテツ

参照サイト

Wikipedia ヤブソテツ ソテツ

松江の花図鑑 ヤマヤブソテツ ヤブソテツ

花の日記 ヤブソテツ ヤマヤブソテツ

関連投稿

マメズタ
丸い葉をした常緑性シダ植物、マメズタ(豆蔦)

マメズタ(豆蔦)は、石、コンクリートや樹などに着生して育つウラボシ科マメズタ属の常緑性シダ植物です。細長い茎が長く伸ばし、丸い形の栄養葉と、へら状の胞子葉をつけます。葉は多肉質で、胞子葉の裏面には、2 ...

続きを見る

樹についたノキシノブ
細長いく肉厚の葉をつける常緑性シダ植物、ノキシノブ(軒忍)

ノキシノブ(軒忍)は、直射日光が当たらない樹の幹や枝、石垣やコンクリートなどで良く見られます。薄緑いろをした細長い葉で、すこし肉厚の常緑性ウラボシ科のシダ植物です。花や実をつけず、葉の裏につく丸い形の ...

続きを見る

PR



カテゴリー

~いま見ごろの花たち~

PR

-シダ植物, 草本
-