ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


シンボルツリーとして人気の高いソヨゴに、赤い実がついています

2020年11月29日

ソヨゴ

風が吹くと、ソヨソヨと音がするといわれるソヨゴ(別名:フクラシバ)に、赤くてきれいな実がついています。庭のシンボルツリーとして人気が高いモチノキ科の常緑小高木で、中部地方以西に自生すると言われます。日陰にも強く、庭木や公園樹に最適です。

シンボルツリーとして人気のソヨゴ

ソヨゴの赤い実

ソヨゴの実

ソヨゴの実

ソヨゴは、日本では、中部地方以南に自生する常緑小高木で、シンボルツリーとして庭木や街路樹によく植えられています。

山で生えているソヨゴに、今年も赤くてきれいな、7mmほどの実がついています。

冬の寒い時期に見る赤い実は、なぜか人を引きつけるようです。

ソヨゴの赤い実

ソヨゴの赤い実


実は、葉腋(ヨウエキ)から伸びた4cmほどの長さの果柄(カヘイ)の先についており、光沢があってきれいです。(^-^)

ただ、ソヨゴは雌雄異株なので、雌の樹にしか実がつきません。

また、近くに雄の樹がないと、実がつきにくいようです。

ソヨゴの花

ソヨゴの花

ソヨゴの花

ソヨゴの花は、直径4mmほどの大きさで、6~7月ごろに咲きます

小さな花なので、あまり目立ちませんが、花弁が4~5枚、雄しべが4~5本つきます。

近づいてよく見ると、しろくて可愛い花です。

花言葉は、「先見の明」

ソヨゴの葉

ソヨゴの葉

ソヨゴの葉

ソヨゴの葉は、革質で、表面に光沢があり、鋸歯(キョシ)がなく、波打っています。

また、1~2cmほどの葉柄(ヨウヘイ)があり、枝に互生しています。

風が吹くと、この葉が触れ合ってソヨソヨと音がする「戦(ソヨグ)」として、ソヨゴと名付けられたと言われます。

たしかに、風が吹くと葉が触れ合う音がして、いい感じです。

別名にフクラシバがありますが、葉を燃やした時に、内部で発生した水蒸気が膨張して破裂することから、

「膨らし葉(フクラシバ)」と呼ばれるようになったことに由来します。

なお、ソヨゴの葉は、革質で堅いためか、動物に食べられることがないようです。

山でそだっている実生苗が、自然の状態ままで育っているのを見かけます。

動物も、革質で硬いので、敬遠するのかもしれません。

ソヨゴの樹

ソヨゴの樹

ソヨゴの樹

ソヨゴは常緑小高木で、7mくらいに育つといわれます。

山で大きく育った樹は、複数の幹が集まって、株立ちになっていることが多いようです。

また、日陰に強く、成長が遅いのが特徴で、

材は堅く、そろばんの珠や櫛、斧などの柄、などにも用いられてきたとのことです。

樹皮からは、鳥もちがとれるようです。(^-^)

ソヨゴの基本情報・花言葉

ソヨゴは、中国、朝鮮や本州中部地方以南に分布するモチノキ科モチノキ属で、雌雄異株の常緑小高木です。

風が吹くと戦(ソヨ)いで、葉が擦れ合う音がするので、ソヨゴと名づけられたといわれます。

また、冬にも葉が青々としていることから、「冬青」や「柄具冬青」などと書いてソヨゴと読むようになったようです。

ソヨゴの別名はフクラシバで、葉を燃やした時に、内部で発生した水蒸気が膨張して破裂するために、

「膨らし葉(フクラシバ)」と呼ばれた、ことに由来するとのことです。

学名は、Ilex pedunculosa

英名は、longstalk holly

花期は5~6月で、雄雌それぞれの樹に花がさきますが、実がつくのは雌の樹になります。

実は、5~6mmの柄の先につき、7mmほどの球形で、10~11月に赤く熟します。

葉は卵状の楕円形で、革質で光沢があり、波打っていて枝に互生します。

また、日陰に強く、成長が遅いため緻密な材になり、そろばんの珠や櫛や、道具の柄にも使われてきたようです。

皮からは、鳥もちをとることができるとのことです。

ソヨゴの花言葉は、「先見の明

おわりに

12月近くになり、年中緑の葉をつけているソヨゴに、いま赤い実がついています。

夏の暑い時期に、この樹の木陰で休んでいると、風が吹くと涼しげな音がして、心地よく休めます。

ここちいい風の音や、一年中緑を絶やさず、秋に赤みをつけるなど、人に安らぎを与えてくれる樹だと思います。

そういう意味で、庭木にしても、おもしろいかもしれませんね。

参照サイト

 Wikipedia ソヨゴ

 Green Snap

 松江の花図鑑 ソヨゴ

関連投稿 



~いま見ごろの花たち~

-常緑小高木, 広葉樹, 樹木
-, , ,