PR

マサキ

常緑低木

マサキ(柾、正木)の赤い実

2021年1月16日

PR

公園で、マサキに赤い実がついているのを見かけました。4mほどの高さの樹ですが、あちこちに、たくさんの実がついていました。近づいて見ると、薄茶色の殻から、橙色の種が飛び出しています。

マサキ(柾、正木)

マサキの実

マサキの種
マサキの種

久しぶりに、近くの公園にいってみると、

以前は、うす茶いろだった実から、写真のように橙色の種が

飛び出しています。

橙色のものは、仮種皮と呼ばれる皮で、その下に白い色の種が収まっています。

マサキの実の大きさは、6~8mmくらいでしょうか、

なかには、種がなくなっているものもあります。

落ちたのか、鳥に食べられたのか。

この種は、メジロ、ムクドリなどのいい餌になるそうです。

ニシキギの実
ニシキギの実

こちらは、10月に撮ったニシキギの実ですが、

同じニシキギ科ニシキギ属です、にていますね。

(*´▽`*)  

2月中旬に見たマサキの実です。

中の種がすっかりなくなっていました。鳥たちが食べたんでしょうか。

2月中旬のマサキの実
2月中旬のマサキの実

  

マサキの花

マサキの花
マサキの花

マサキの花期は、6~7月です。

写真のように、たくさんの花が集まって咲きます。

集散花序で、7~15個の花がつくとのことです。

花の大きさは2.5mmくらいと小さく、

こちらも、ニシキギの花ににています。

小さいので、あまり目立たないようですが、可愛い花です。

マサキの葉

マサキの枝と葉
マサキの枝と葉

マサキの葉は、(ヨウヘイ)が短く、枝に対生(タイセイ)してつきます。

楕円形に近く、長さが3~8cm、幅が2~4cmです。

マサキの葉の表面
マサキの葉の表面

マサキの葉の裏面
マサキの葉の裏面

葉の表面は、光沢があり濃い緑色をしていますが、裏面は薄緑色で光沢はありません。

マサキの樹

たくさんの実がついたマサキ
たくさんの実がついたマサキ

マサキは、高さが1~5mの常緑低木で、

たくさんの枝が出ています。

マサキの幹
マサキの幹

幹の径は、10cmくらいで、

樹皮は、暗褐色で、縦方向の筋が見られます。

  

マサキの分布・利用・花言葉など

マサキは、中国、朝鮮や日本に自生するニシキギ科ニシキギ属の常緑低木です。

日本では、北海道以南の海岸近くなどに分布するとのことです。

刈り込みに強く、潮風や大気汚染にもつよいため、庭木や生垣などに使われます。

マサキの名前は、一年中青いので「正青木(マサアオキ)」と言われていたのが訛(ナマ)って、マサキとなったという説があるそうですが、ほかにも諸説ありはっきりしないそうです。

マサキの花言葉は、「厚遇(こうぐう)」、「円満(えんまん)」。

おわりに

マサキの名前は聞いたことがありましたが、見るのは初めてでした。

幸い、特徴のある実をつけていたため、すぐにマサキとわかりました。

マサキは、同じニシキギ科ニシキギ属の、ニシキギマユミツリバナなどとよく似た実をつけますが、

常緑樹は、マサキだけのようです。


  

参照サイト

 Wikipedia マサキ ニシキギ マユミ

 庭木図鑑 樹木ペディア ツリバナ

 Green Snap

関連投稿

 ニシキギ(錦木)の紅葉と実

 ニシキギに咲く花と集まる虫

    

ランキングの応援をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-常緑低木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ