カテゴリー
落葉高木

返り咲きしたヤマボウシの花

5月に咲いていたヤマボウシ(山法師)が、11月の今、返り咲きしています。

11月のヤマボウシの花

返り咲きした花々
返り咲きした花々

先日、道沿いに植えられているヤマボウシに白いものがついているような気がしたのですが、

昨日、近寄ってみると、やっぱり花でした。

葉は少なく、5月のころの勢いはありませんが、結構な数の花がさいています。            (*^o^)

近くで見たヤマボウシ
近くで見たヤマボウシ

花のつき方は、5月のころと同じようですが、今の時期によく咲いたな、と思います。

花が、本来咲く時期と違うころに咲くことを、「狂い咲き」とか、「返り咲き」と呼ぶそうですが、

ここでは、「返り咲き」と呼ぶことにします。

ヤマボウシの花と花芽
ヤマボウシの花と花芽

横から見ると、咲いた花があるのと、花が開かない状態の花芽もついているようです。

来年の分も、残しているようです。

インターネットで調べると、ヤマボウシが返り咲き(狂い咲き)すつことはよくあるようです。

また、年に2度咲く品種もあるようです。

なので、それほど珍しいことではないようです。

ただ、このヤマボウシは、9月ごろに、枯れたような状態になって、つけていた葉や実を落としていました。

どんな感じだったかというと・・・

8月のヤマボウシとその後

8月のヤマボウシ
8月のヤマボウシ

8月始めのころは、このように元気で、実をたくさんつけていました。

ヤマボウシの実は食べることが出来ると聞いていたので、熟したら、密かに試食させてもらおうかと思っていました。

ところが、ところが、8月に日照りが続いたあと、葉が枯れたようになりました。

私も、畑が水不足になり、水を運んで野菜にやっていた時期がありましたが、あのころだったんでしょうね。

9月に近ずいて見ると、実が黒くなって落ちてしまっているんです。                (・_・、)

道路に落ちた実
道路に落ちた実

道路にこのように、おびただしい数の実が、無残にも真っ黒になって、ころがっていました。

食べられなくて残念というより、樹は大丈夫か?と心配していました。                

枯れた葉と実
枯れた葉と実

こちらは、今も残っている枯れた葉と実です。

このように、一時は、大変な状態でしたが、盛り返して花をつけるまでになったんですね。

枯れたように見えたのは、樹を守るために、負荷を減らしたということなんでしょうか。

樹が枯れたと思っても、根がしっかりいていると再び生き返ることはありますね、そんな感じでしょうか。

返り咲きしたヤマボウシ
返り咲きしたヤマボウシ

返り咲き(狂い咲き)について、ググるといろいろでてきました。

日本植物生理学会のみんなの広場に詳しくでています。

要約すると、つぎのようになるかとおもいます。

が出来たあとに、葉が何らかの原因で落ちてしまうと、それまで葉から出していた、冬に備えて花芽を守るための、花芽の成長を抑制するアブシシン酸(ABA)という植物性ホルモンが停止します。

寒い時期にABAが止まっても花は咲きませんが、暖かい時期にとまると抑制できなくなり、花が咲くことがあるそうです。

さらに、寒くなると、ABAが減少してジベレリンという成長ホルモンが増加し、春に温度が高まると開花する、

ということのようです。

植物の仕組みも興味深いですね。 

                  o( ^_^ )o

ヤマボウシ(山法師)は、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木で、本州以南に分布します。

ヤマボウシの花言葉は、「友情」

おわりに

一時は、枯れたようになっていたヤマボウシに、寒くなってきた今、花がさいています。返り咲きと呼ばれる現象だと思いますが、植物の力強さを感じます。

参照サイト

 Wikipedia ヤマボウシ 

 日本植物生理学会 みんなのひろば 狂い咲きについて

 みんなの花図鑑

関連サイト

 法師がいっぱい!ヤマボウシの花々

   

  

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA