カテゴリー
落葉高木

ヒメシャラ(姫沙羅)の紅葉

11月になり、ヒメシャラ(姫沙羅)の樹も黄から赤褐色に紅葉しています。

ヒメシャラの紅葉

ヒメシャラの紅葉
ヒメシャラの紅葉

道路沿いに、綺麗に紅葉したヒメシャラの樹が数本生えていました。

黄色や赤褐色に紅葉していて、きれいです。

写真の中で、数本、細長くのびて、黄や赤褐色に紅葉しているのがヒメシャラの樹です。

真っ赤な赤ではないのですが、よく目立ってきれいです。

紅葉もきれいですが、ヒメシャラの樹の特徴は、つるつるした赤褐色の樹肌です。

山の中でも、一目でヒメシャラだとわかります。

表面がつるつるしているからでしょうか、地方によっては、ヒメシャラをサルスベリと呼ばれることもあるようです。

ヒメシャラの樹肌
ヒメシャラの樹肌

こちらが、ヒメシャラの樹肌です。

樹肌、花や、紅葉などがきれいなので、庭木につかわれることもあるようです。

ヒメシャラは、6~8月ころに花を咲かせます。

ヒメシャラの花
ヒメシャラの花

花の直径は2cmくらいで、5枚の白い花弁の中にたくさんの雄しべが付きます。

そして、この花は、朝開いて夕方に散るそうです。

また、ヒメシャラの花はツバキ科なので、ツバキににているようにも思います。

花が終わると、10~11月ころに種子をつけます。

ヒメシャラの種子
ヒメシャラの種子

ヒメシャラの種子も少し変わった形をしていますが、

この種子の殻は、葉が落ちたあとも枝に残ったままになるそうです。

葉が落ちた枝に、この殻がたくさんついているのも、おもしろそうですね。                (^-^ ) 

ヒメシャラは、日本の固有種で、神奈川県~和歌山県までの太平洋側や四国、九州に分布する、ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木です。

樹高は15m、胸高直径は90cmになると言われます。

ヒメシャラの花言葉は、「謙譲」、「愛らしさ」。

おわりに

ヒメシャラは、近くの山でもよく見かけます。特徴のある樹肌なので、一目でわかります。花、樹肌、紅葉と楽しめるきれいな樹なので、庭木にするのも面白いかもしれません。

参照サイト

 Wikipedia ヒメシャラ

 弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑に365日」

関連投稿

 山の紅葉がきれいです

  

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA