PR

ミツバアケビの花

蔓性植物

ミツバアケビ( 三葉木通 )の花が咲きました

2021年3月26日

PR

3月後半になり、花盛りになってきました。数年前に植えた栽培品種のミツバアケビ(三葉木通)にも、花 が咲きました。山には、葉が5枚のアケビ(木通)や3枚のミツバアケビ(三葉木通)も自生していますが、この品種は実が大きいと聞いて買ったものです。

ミツバアケビ

ミツバアケビの花

ミツバアケビの花
ミツバアケビの花

ミツバアケビ(三葉木通)は、葉が3枚ずつ、

掌状複葉(ショウジョウフクヨウ)という形でつくので、そう呼ばれるそうです。

「木通」でアケビと読むそうですが、植物の漢字の表現は難しいものが多いですね。

上の写真は、横から撮っているので、わかりずらいのですが、

ツルから延びた葉柄の先に、葉が3枚ついています。

ちなみに、葉が5枚のものもあり、こちらは、アケビ(木通)と呼ばれます。

アケビの葉
アケビの葉

ミツバアケビもアケビも、雌雄同株で、雌雄異花です。

つまり、樹に雌雄の区別はありませんが、咲く花に雌雄があるということです。

写真を見ると、新葉のもとから柄を伸ばして、

たくさんの小さな花をつけています(総状花序)が、

こちらが雄花で、10~30個の付くそうです。

そして、柄の途中に大きめの花が2個でしょうかついていますが、

こちらが、雌花です。

ミツバアケビのツル(蔓)

絡み合ったミツバアケビのツル
絡み合ったミツバアケビのツル

この樹は、畑近くに設けられたフェンスにそって伸びているのですが、

ツルがよく伸びて、絡み合っていて、たくさんの花をつけています。

ツルを少し整理しておいたほうがよかったかもしれませんね。

伸びるミツバアケビ
伸びるミツバアケビ

ツルが伸びるようにと思って、針金を張っているのですが、

そこにも伸びています。

下から見ると、時計回りに巻いています。

まだ、伸びていきそうです。

ミツバアケビのツルは、籠(カゴ)などの細工に使われますね。

細工に使う材料は、まっすぐ伸びたツルなので、

我が家のように絡み合ったものは、使えそうもありません。(>_<)

地面を這っているような、まっすぐなものが使われるようでが、

ケビよりミツバアケビのツルのほうが適しているうです。

同じように見えても違うようです。

ミツバアケビの実

昨年つけた実
昨年つけた実

この樹には、去年初めて実がなりました。

樹は大きくなるものの、なかなかだったのですが、

薄い紫をした、大きめの実が対になってつきました。

去年採った実
去年採った実

こちらが、去年採ったアケビです。

ひとつは大きくならなかったようですが、

割れた皮の中に、袋に包まれた実が入っています。

種も多いのですが、ゼリー状の実が甘いので、よく食べられます。

種が少ない品種が開発されればいいな、と思っています。

地方によっては、皮の部分や新芽を食べることろもあるようです。

山で実ったミツバアケビの実
山で実ったミツバアケビの実

こちらは、去年、山の中で見たミツバアケビの実です。

皮の表面は、茶色っぽくて、4個ほどの実をつけています。

時々見ていたのですが、そのうちになくなっていました。

たぶん、おサルが食べたんでしょう。

ことしの我が家の出来はどうなるか。

なっても、猿に盗られる可能性も大きいので、

気をつけなくてはなりません。

ミツバアケビの基本情報・花言葉

ミツバアケビは、中国や朝鮮半島にも分布し、日本では北海道から九州に生えているようです。

アケビ科アケビ属の落葉つる性植物で、蔓(ツル)はカゴなどの細工に使われ、実や新芽は食べられてきました。

名前は、アケビに対して、葉が3枚であることと、つぎのような由来があるようです。

熟した実の割れている様子が、口を開けている人を連想することから、「開け実」が変化したという説や、その口を開けた姿が「あくび」をしているように見えることから「アケビ」となったなど、名前の由来には諸説あります。

HORITA ミツバアケビ より

アケビの花言葉は、「才能」、「唯一の恋」。(ミツバアケビはアケビと同じ花言葉のようです。)

工芸品に使われたり、食用にされるために「才能」、

雌雄の花が近くに離れて咲くことから「唯一の恋」、とつけられたとのことです。

おわりに

アケビの花がたくさん咲きました。

去年初めて少し実がなりましたが、今年はもう少し実ってくれるでしょうか。

秋を楽しみにしたいと思います。 *\(^G^)/*

参照サイト

Wikipedia ミツバアケビ アケビ

松江の花図鑑 ミツバアケビ

HORITA アケビ

 

関連投稿

山で実るアケビ

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-蔓性植物
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ