イイギリ

PR

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

樹木

2月末の木の実 ~鳥が食べたもの残っているもの~

2月末になり、鳥が食べられ、木の実も少なくなりました。身近に見る、センダンの白い実、イイギリやクロガネモチ、ピラカンサなどの赤いの実などは、すっかりなくなりましたが、なぜか、マンリョウ、ナンテンなど、まだ残っているものも見られます。

2月末の木の実 ~鳥が食べたもの残っているもの~

鳥が食べた樹の実

センダン

アップで見たセンダンの実

アップしたセンダンの実

食べられたセンダン

食べられたセンダン

センダンの実

センダンの実

1月末に、実がたくさんついたセンダンの樹を見つけて、記事に書きました。その時の写真が左になります。

ところが、先日通りかかると、驚いたことに実がすべてなくなっていました。実が一度に落下することはないと思うので、動物に食べられたのだろうと思います。

猿が来て食べた可能性もあるかもしれませんが、おそらくヒヨドリやカラスのような大きな鳥が来てべたのだろうと思います。鳥にとってはいい餌になるのでしょうが、種が散布されてどこかで発芽するんでしょうね。

センダンの実は有毒ですが、鳥は平気で食べるようです。実の大きさは、長さ19mm 太さ13mmと少し大きいので、小さいが食べるのは無理なんだろうと思われます。

センダンの実についての詳細は、こちらの記事に書いています。

センダンの実
センダン(栴檀)の白い果実

冬のセンダンの樹についた果実について調べて見ました。センダンの果実は、楕円形状の球体で、白~黄色い色をした薄い皮で覆われていて、中には核と呼ばれる木質した内果皮があり、種が入っています。この果実は有毒 ...

続きを見る

イイギリ

イイギリの実(12月3日)

イイギリの実(12月3日)

イイギリの実(2月24日)

イイギリの実(2月24日)

きれいな赤い色のナンテンの実のような実だったイイギリ(別名ナンテンギリ)も、先日みるとほとんどなくなっているようでした。

葉を落した樹の枝に、よく目立ついろでぶら下がっていて綺麗でしたが、多少のこっているようですが、店じまいのようです。こちらも鳥が食べたのでしょうか。

この樹は、あちこちに生えていますが、どの樹も少なくなってきているようです。自然に落下したものもあるかもしれませんが、鳥が逃すことはないなかなと思います。

実の大きさは、5~10mmで、毒性はないようなので、小型の鳥も食べに来るかもしれません。

イイギリについても、記事にしていますので、詳しくはこちらをご覧ください。

イイギリ
黄葉したイイギリ(飯桐)と、冬に残るオレンジの実

秋になり、黄葉したイイギリにオレンジ色の実がついています。名前は、葉をご飯を包むために使い、キリににていること由来します。ナンテンにに形で実をつけるので、別名はナンテンギリ。紅葉がきれいで、冬のオレン ...

続きを見る

クロガネモチ

クロガネモチ(12月2日)

クロガネモチ(12月2日)

クロガネモチ(2月18日)

クロガネモチ(2月18日)

こちらは、我が家のクロガネモチです。

1月末ごろまでは、赤い実をつけていましたが、2月中旬にはすっかりなくなっていました。樹の下には、外皮がとれた中の白い実や、糞などが落ちていました。

鳥たちは、食べろになるまで待っていて、美味しいころになると一気に食べるようです。これは、野菜を食べにくる猿も同じです。やはり美味しいものが食べたいというのは、どの生き物にとっても同じようです。

我が家のクロガネモチの実はなくなりましたが、街路樹のクロガネモチはまだ残っているものも見られます。熟し方が不足しているのか、クルマの行き来を警戒しているのかわかりませんが、樹によって食べられ方に差があるようです。

クロガネモチについての詳細は、こちらもご覧ください。

クロガネモチの実
冬に赤い実をつけるクロガネモチと、近縁種のモチノキとの違い

クロガネモチは、冬にきれいな赤い実をつけます。名前は、若い枝などが濃紫でモチノキ科であることに由来し、「カネモチ」の文言から縁起がいいとされ、庭木や街路樹によく植えられます。ここでは、クロガネモチと、 ...

続きを見る

ピラカンサ

ピラカンサの実(11月17日)

ピラカンサの実(11月17日)

ピラカンサの実(2月26日)

ピラカンサの実(2月26日)

ピラカンサは、実をつけるのも早いためか、昨年には食べられていたようです。

こちらは、以前、ヒヨドリが食べているところを動画でとり記事にしました。

ピラカンサを食べるヒヨドリ(動画撮影に挑戦)

庭のピラカンサに、今年も赤い実が沢山つきました。毎年つくのですが、いつの間にか野鳥が来て、食べていくようで、気が付いた時には、無くなっています。今年は、カメラをセットして動画撮影に挑戦しました。何とか ...

続きを見る

樹に残っている実

マンリョウ、ナンテン

マンリョウの実(2月25日)

マンリョウの実(2月25日)

ナンテンの実(2月27日)

ナンテンの実(2月27日)

多くの実が食べられているようですが、マンリョウやナンテンの実はまだ残っています。

いずれ食べられるのかと思いますが、マンリョウの実は今も光沢があってきれいです。実が葉の下につくので、センリョウにくらべて食べられにくいと聞いたことがありますが、どうなんでしょう・

庭のナンテンの実も、残っています。実は、ナンテンの実は猿も食べに来るので、暮れに多くをとってしまったのですが、少し残しておいたものが、光沢がなくなってついています。近くのお宅のナンテンも、残っているのを見かけます。

ナンテンの樹の下には、アオキなどの実生が生えることがあり、鳥によって散布されたものだろうと思います。これは、ナンテンの実を食べに来た鳥によって落とされたものだろうと思われるので、鳥が食べることは確かだろうと思います。

なお、シロヤマブキの黒い実も、遅く残ることが多いと言われます。

マンリョウとナンテンの詳細については、つぎの記事もご覧ください。

マンリョウ
マンリョウ
マンリョウ(万両)の赤・白の実とセンリョウ(千両)

マンリョウ(万両)には赤い実がつくものと、白い実のものがあります。庭に白、近くの野に赤のマンリョウがあるので、紅白でそろえたいと思っています。センリョウ(千両)は、赤い実と黄色い実がつく種類があり、切 ...

続きを見る

ナンテン
ナンテンの実
我が家のナンテン(南天)の実と、食べにくる猿

「難を転じる」と言われるナンテン(南天)ですが、我が家にも植えられていて、毎年、冬になると赤や白の実をつけます。最近になって、この実を猿が食べにきます。よほど食べるものがないのでしょうが、困ったことで ...

続きを見る

シロヤマブキ
シロヤマブキ
シロヤマブキは4~5月に白い花を咲かせ、秋に4個の黒い実をつけます

シロヤマブキ(白山吹)は、4~5月に4弁の白い花を咲かせ、秋に黒く光沢のある実を4個づつつけます。ヤマブキとよくにた白い花が咲くので、シロヤマブキと名づけられましたが、違う種類になります。ここでは、シ ...

続きを見る

本日も、ご覧いただきありがとうございました。(^⊆^)

PR

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

PR

PR ー断捨離はこちらで!ー

楽天ROOM

私のroom

-樹木
-, ,

© 2022 山に出かけてecoライフ