PR

ナンキンハゼと鳥

落葉高木

ナンキンハゼ(南京櫨)の実を食べる鳥たち

PR

先日、奈良市内の図書館から帰ろうと駐車場に戻って来たとき、突然、鳥の集団が飛んできました。見るていると、ナンキンハゼ(南京櫨)の実を一心に食べ、あっという間に飛んでいってしまいました。

ナンキンハゼと鳥

ナンキンハゼの実を食べる鳥たち
ナンキンハゼの実を食べる鳥たち

久しぶりに図書館に行き、

帰ろうと駐車場に戻ってきたところ、

バラバラ(?)とたくさんの鳥が飛んできて、

一生懸命にナンキンハゼの実を食べ始めました。

ここには、たくさんのナンキンハゼが植えられているので、よくきているんでしょうね。

一心不乱に実を食べる鳥
一心不乱に実を食べる鳥

写真では、よくわからないのですが、ムクドリでしょうか。

しばらく食べたあと、実はまだ残っているのですが、

一斉に、飛んで行ってしまいました。  (>_<)

樹についたナンキンハゼの実
樹についたナンキンハゼの実

きれいに紅葉していたナンキンハゼは、いまは、すっかり葉を落とし、実だけがついています。

ナンキンハゼの実

ナンキンハゼの実
ナンキンハゼの実

実(ミ)は固い殻で覆われていますが、

時間がたつと、殻が割れて中から白い種が現れます。

鳥は、この白い実を食べるんですね。

ナンキンハゼの殻

樹の近くに落ちた殻
た樹の近くに落ちた殻

樹の下をみると、たくさんの殻が落ちていました。

こんなに殻が落ちるとは、知りませんでした。

ナンキンハゼの実の殻
ナンキンハゼの実の殻

この殻が落ちたあと、

白い蝋状物質で覆われた実が現れます。

殻がこれだけ落ちているんですから、白い実も半端なくついていたんでしょうね。

鳥に食べられた種は、表面の蝋状物質が消化吸収され、

種子が排泄されることによって散布されるようです。

11月に投稿したように、奈良市の春日山原始林では、

外来種であるナンキンハゼが繁殖するので、

対応に苦慮しているとのことなのですが、このような形で、

種が散布されているんですね。

この様子から、人の生活と環境の維持の関係が、一筋縄にはいかないんだろうと、改めて思いました。  ヽ(ー_ー )ノ

         

ナンキンハゼの花言葉は、「真心」、「心が通じる」。

おわりに

葉が落ち、実が残ったナンキンハゼの樹に、鳥が集団できて、盛んに実を食べていました。

この鳥たちにとっては、美味しいようで、一心不乱でした。

奈良市の春日原始林では、外来種であるナンキンハゼの繁殖に困っているとのことですが、

環境を守るのか、紅葉を楽しむのか、原始林の維持は可能なのか、など議論のあるところなんだろうと思います。

参照サイト

Wikipedia ナンキンハゼ

LOVEGREEN

関連投稿

ナンキンハゼ(南京櫨)の実と紅葉

ナンキンハゼの実が綺麗!

       

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-落葉高木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ