ロウバイの花

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

樹木 落葉小高木

満月ロウバイ(蠟梅)の花が咲き始めました

2021年1月4日

PR

満月ロウバイ(蠟梅)が、暮れから、ちらほらと咲き始めました。ロウバイは、中国原産のクスノキ目で、正月前後に花を咲かせる貴重な花です。黄色く透き通った蝋細工のよう花で、いい香りがします。この記事では、我が家のロウバイの1年の様子を書きました。

満月ロウバイ(蠟梅)の花が咲き始めました

1月のロウバイ

ロウバイの樹と花(1月1日)

ロウバイの樹と花(1月1日)

庭の満月ロウバイ(蠟梅)に、たくさんのツボミと花がついて、いい香りがしています。

ちょうど、暮れから咲き始め、正月に咲き始めて華やかになりました。

まだ、ツボミの方が優勢で、2~3分咲きでしょうか。

たくさんのツボミと花

たくさんのツボミと花

丸く黄色いボールのようなツボミがたくさんついて、

あちこちに花もき始めています。

ちょうど正月の頃に咲き始めてにぎやかになりましたが、

これからしばらく楽しめそうです。(^⊆^)

咲いた花(1月1日)

咲いた花(1月1日)

ロウバイの花は、全体が透き通った蝋細工のような黄色で、

すこしうつむいて咲いて咲くのが特徴です。

淑やかに咲いた花(1月1日)

淑やかに咲いた花(1月1日)

春は黄色い花が多いと聞きますが、

その最初に咲く花なのでしょうね。

ロウバイと雪

ロウバイと雪

暮れに降った雪が、咲き始めたロウバイに積もりましたが、

これもちょっと面白い景色になりました。めったに見られない美しい光景だと思います。

一時は、強い風が吹き、雪も降りましたが、花とツボミは、しっかりとついています。

降った雪はすぐに融け、もとに戻りました。

自然の変化は素早いので、せっかくのきれいな光景もあっという終わってしまいます。

12月 のロウバイ

ロウバイの葉とツボミ(12月初旬)

ロウバイの葉とツボミ(12月初旬)

花が咲き始める前の12月初めは、黄色くなった葉が残り、つぼみが膨らんきていましたが、

いまは、葉はすっかり落ちて、ツボミと花だけで頑張って咲いています。

10月のロウバイ

ロウバイの葉とツボミ(10月中旬)

ロウバイの葉とツボミ(10月中旬)

10月にも、ツボミはつけていましたが、紅葉するまえで、葉はまだ青々していました。

その頃は、早く咲いてほしいと思っていましたが、あの時から、あっという間に咲いた気がします。

ロウバイ(蝋梅)に実がつき、葉がしげりました(5月頃)

葉が茂ったロウバイ

ロウバイの新緑と実(5月5日)

ロウバイの新緑と実(5月5日)

写真は5月初めのロウバイの姿です。生き生きとした緑の葉が茂り、あちこちについた実が、大きくなってきています。(^_^)

この記事では、我が家のマンゲツロウバイ(満月蝋梅)の、花の終わりから、実を付け葉が茂るまでの様子を見てみたいと思います。

冬からのロウバイの変化

花が散る前のロウバイ(1月29日)

花が散る前のロウバイ(1月29日)

暮れから1か月ほどの期間、綺麗な花と香りを楽しませてくれたロウバイも、1月下旬には花が散り始めました

ロウバイは、正月にたくさん咲いて賑わせてくれる、ありがたい花だと思います。

植物は暮れに赤い実を,つけるものがおおく、年が明けると黄色い花が多くなると言われるようですが、その代表格ではないかと思います。

花が終わると花びらが茶色くなってしまい、見栄えはよくないのですが、

花が終わったロウバイ(3月4日)

花が終わったロウバイ(3月4日)

ロウバイは、この時期には、暖かくなるのを待ちながら、次の準備を着々としているようです。

花が終わった直後にも、小さな実はついていたのだろうと思いますが、2、3日もすると、つぎの写真のように、はっきりと、実がついていました。

実がついたロウバイ

花の後に実を付けました(3月27日)

花の後に実を付けました(3月27日)

ロウバイは、葉がでる前に花が咲ききましたが、実も葉がでる前につくわけですね。

花と葉の順序は、樹によって違うようですね。なぜなのかわかりませんが、興味深いですね。

新緑が出始めるころには、実も大きくなっています。

新緑の出現(4月18日)

新緑の出現(4月18日))

新緑がつき始めてから、半月もすれば樹全体がきれいな緑で覆われ、勢いよく成長していることが実感され、こちらも、元気をもらいます。

この樹はい昨年たくさんの花が咲いたなと思っていたのですが、昨年の秋に初めてたくさんの実を付けました。

ロウバイ(蠟梅)の種を採りました

庭のロウバイ

庭のロウバイ

庭のロウバイの樹は、まだ葉が茂っているので、葉に隠れていますが、いくつかの種をつけています。

花が終わった直後は、まだ葉がついていませんでしたが、そのころから種をつけていました。

ロウバイの種(4月中旬)

ロウバイの種(4月中旬)

葉が出始めたころの種は、生まれたてで、まだ小さい状態です。

ロウバイの種(5月中旬)

ロウバイの種(5月中旬)

一か月たつと、一人前に大きさになっているように見えます。

採ろうとした今は、冒頭に写真のように茶褐色になっていました。

今日、10月18日に種を採りました。

ロウバイの種(外皮あり)

ロウバイの種(外皮あり)

採れたのは、写真の7個でした。

もう少しついていたように思っていたのですが、落ちたものもあるかもしれません。   (^―^) 

縦方向にそろったたくさんの繊維でできた袋状のものに、種が入っていました。

ロウバイの種

ロウバイの種

一つの袋の中には、この3個の種が入っていました。長さ1cm、幅3mmほどの大きさです。

他の袋からも種を採り出して、蒔いてみたいと思います。

ロウバイの実生苗

ロウバイの実生苗

ちなみに去年蒔いた種から、できた実生苗は3本でした。そのうちの一つがこの写真です。

でも、この実生が育っても、親樹と同じ花を咲かせるかどうかはわからないようです。ロウバイを接ぎ木で育てた場合、その種が発芽しても、先祖返りと言われる現象で、台木の花が咲く可能性があるようなのです。

これを避けるためには、この実生苗に、いま咲いている樹を接ぎ木する必要があります。

いま、ロウバイにはまだ葉がついていますが、やがて落ちてしまい、花を咲かせます。

ロウバイ(蝋梅)の基本情報・花言葉

ロウバイ(蝋梅)は、中国原産のクスノキ目ロウバイ科ロウバイ属の落葉小高木で、樹高は、4mくらいになるといわれます。

早き咲の品種は12月ころから、晩生種では2月ころから、透き通った2cmほどの黄色い花を咲かせ、いい香りがします。

ロウバイの名前は、花が透き通った蝋細工のような姿で、梅のような香りがすることや、臘月(ロウゲツ、12月)に咲くことなどに由来するといわれます。

別名に唐梅(カラウメ)、蠟梅、臘梅、などがあります。唐梅の名は、17世紀ころに中国から朝鮮半島を経由して日本に伝来したことに由来するとのことです。

名前に梅とつきますが、梅はバラ科であり、ロウバイとは別の品種になります。花の香や形から連想してつけられたのでしょうか。

学名は、Chimonanthus praeco。英名は、Winter sweet。

ロウバイの栽培品種には、花全体が黄色いソシンロウバイ(素心蝋梅)、ソシンロウバイからの選別品種のマンゲツロウバイ(満月蝋梅)などがあります。なお、ロウバイの原種は、「花被片」が赤紫色とのことです。

葉の大きさは、長さ8~18cm、幅3~7cmくらいで、卵形から披針形で、対生します。

実は、3月ころにつき、9月ころに熟して黒くなります。

ロウバイの花言葉は、「ゆかしさ」、「慈しみ」で、1月2日、1月21日の誕生花です

おわりに

ロウバイの花が咲き終わった後の様子をみてみました。

ロウバイの花は、寒い時期、それも正月に黄色く透き通った感じにきれいな花を咲かせ、楽しませてくれるありがたい花ですが、花が落ち、実ができ、きれいな新緑がしげる、その様子をみるのも楽しいとものだと思います。

今年の暮れにも、また、きれいな花を咲かせてくれるのが楽しみです。\(^W^)/

参照サイト

Wikipedia ロウバイ

花言葉-由来 ロウバイ

関連投稿

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-樹木, 落葉小高木
-, , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ