ガガイモの花

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草木 蔓性植物

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)の薄紫の花

PR

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)は、中国、朝鮮半島などの東アジア一帯や日本全土に分布する、キョウチクトウ科のツル性多年草です。名前は、葉がスッポン(ガガ)ににていて、地下にイモがつくことに由来するいわれます。古事記の時代から親しまれてきた植物です。

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)の薄紫の花

ガガイモの花

ガガイモの花

たくさん咲いたガガイモの花

近くの山で、ガガイモの花が咲いていました。

ガガイモは、古事記の神話にも出てくる植物で、古くから親しまれてきたようです。

直径が1cmくらいの、薄紫の小さな花なのであまり目立たないのですが、集散花序でたくさん咲いています。

上の方には、まだたくさんのツボミがついていて、したに花が咲いています。

近くから見たガガイモの花

近くから見たガガイモの花

近ずいてみるのと、遠めから見るのとでは、少し違った印象になります。

ちょっとグロテスクと言うんでしょうか、個性を持っていて、

花びらは細長く、5枚からなり反り返っており、表面に白い毛が密生しています。

また、中心から伸びた雌しべは、くねくねと曲がりながら伸びています。

ツルと葉

長く伸びるガガイモ

長く伸びるガガイモ

ガガイモは、ツルを2mくらい伸びますが、写真ではウツギでしょうか、他の樹などに巻き付いて伸びています。

巻きひげはなく、右まきで巻き付いているようですね。

ツルには、間隔を置いて、2枚の葉が対になってつき、その間から花柄がでています。

元気よく伸びていますが、他の草木は、迷惑なんでしょうね。(゜▽゜;)

ガガイモの葉

ガガイモの葉

ガガイモの葉は、心臓形で、先端が伸びて尖っていていますが、光沢があり葉脈がよく目立っています。

この葉の様子が、スッポン(ガガ)にており、地下にイモがつくことから、ガガイモの名前になったとの説があるとのことです。

(葉は、イモの形をしているためとも言われるようです。)

ガガイモの実

ガガイモの実

花が終わったあとには、袋果(タイカ)で長さ 8 ~10cm 幅2cmで披針形になります。

最初は、緑色をしていますが、秋に熟すと茶色に変色し、割れて写真のように白い毛が現れ、

毛には種がついていて、風散布されます。

この割れた殻は、舟のように見えるとされ、「羅藦船(かがみぶね)」と呼ばれて神話に現われます。

すなわち、国造りをしていた大国主命(おおくにぬしのみこと)を助けるために、小さい姿をした神様(少名毘古那、すくなびこな)が、このガガイモの舟(「羅藦船(かがみぶね)」)に乗って沖合いから登場したとされます。(LOVEGREEN ガガイモより)

神話ですが、ガガイモが太古から親しまれてきたことがわかります。(#^.^#)

ヘクソカズラ(屁糞葛)との違い

ヘクソカズラの花と葉

ヘクソカズラの花と葉

ガガイモと同じころに咲く、ヘクソカズラの花と葉です。

同じつる性なので、混同する場合があるようですが、花は全く違っています。

また、葉は形は少しにていますが、葉脈の見え方が違っており、間違うことはなさそうです。

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)の基本情報・花言葉

ガガイモ(蘿藦、鏡芋)は、中国、朝鮮半島などの東アジア一帯や日本全土に分布する、キョウチクトウ科イケマ属のツル性多年草です。

名前は、葉がガガ(スッポン)ににており、地下にイモをつけるためとする説や、割れた実の内側が鏡のように光るのでカガミイモ(鏡芋、輝美芋)の名がつき、なまってガガイモとなったとする説があります。

古名は、カガミまたはカガミグサ。学名は、Cynanchum rostellatum。

花期は8月で、葉の脇から花柄を出し集散花序で、1cmほどの淡紫色の花をたくさん咲かせます。花びらは5つに分かれて星型に反り返り、内側に毛が密生します。

実は、袋果で長さ 8 ~10cmで、熟すと割れて船のような形になり、中から白い毛の生えた種が出ます。

葉は対生し、長さ5〜10cm 幅3〜6cmの心臓形で先が尖り、全縁です。葉脈が目立ち、表面は濃い緑色で、葉や茎を切ると白い乳液が出ます。

地下茎を伸ばし、その先に茎を出します。つるは右巻きで、2mくらい伸びると言われます。

乾燥させた種は蘿摩子(らまし)と呼ばれる生薬で、強精、止血に効果があり、また、葉は解毒、腫れ物に薬効があるとされます。

ガガイモの花言葉は「清らかな祈り」、「味わい深い」で、7/18、8/26の誕生花です。

「清らかな祈り」古事記において、大国主命と一緒に国造りをしたスクナビコナの神が、ガガイモの実を割って作った天之蘿摩船(あまのかがみのふね)に乗って現れたとされることに由来するといわれます。

参照サイト

Wikipedia ガガイモ  ヘクソカズラ

松江の花図鑑 ガガイモ

Chills Laboratory ガガイモ

LOVEGREEN ガガイモ

関連投稿

ツユクサ
夏に咲く、ツユクサ(露草)、ヘクソカズラ(屁糞葛)の花

ツユクサとヘクソカズラは6~9月ころに咲く野草です。ツユクサはツユクサ科の一年草で草丈は15~50cmほどで、2cmほどの紫の花が咲きます。ヘクソカズラはアカネ科のつる性の多年草で、別名サオトメバナ。 ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-草木, 蔓性植物
-

© 2021 山に出かけてecoライフ