ヤブニッケイの花

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ヤブニッケイ(藪肉桂)に咲く黄緑い花と黒い実

2022年7月13日

ヤブニッケイは、関東・北陸以西に分布するクスノキ科の常緑高木広葉樹で、6月ごろに5mmほどの小さな黄緑の花を花序で咲かせます。花が終わったあとには15mmほどの丸い実をつけ、10~11月ごろに黒く熟します。近くのヤブニッケイの様子を紹介します。

ヤブニッケイ(藪肉桂)に咲く黄緑い花と黒い実

ヤブニッケイの花

ヤブニッケイの花

ヤブニッケイの花

写真は、6月初めに撮ったヤブニッケイ(藪肉桂)の花です。

直径5mmほどの黄緑いろく小さな花で、枝の先に花序になって咲き始めたところです。花の周りには球形のツボミも見られます。

小さな花なので目立ちませんが、筒型の花被(花弁や萼のこと)の先が6枚に分かれた可愛い形の花で、枝の先にたくさんついています。

ヤブニッケイはあまり馴染みのない樹だと思いますが、クスノキの仲間の雌雄異株の常緑高木で、葉がよくしげり、丈夫なので防風や目隠しのために植えられることもあるようです。

同じクスノキ科のクスノキとは様子が違うようです。クスノキについては、関連投稿をご覧ください。

花の中心部には、雌しべや雄しべが見られますが、この樹は雌の樹なので、花の後に毎年実がつきます。

ヤブニッケイの実

ヤブニッケイの実

ヤブニッケイの実(2021年8月17日)

こちらは、昨年の写真ですが、花が咲き終わったあとには、このような実をつけます。

15mmほどの丸い実で、このころはまだ緑いろですが、10~11月ごろになると黒く熟します

黒く熟した実

黒く熟した実

こちらは、素材サイトから借用したものですが、中に果肉を含む液果で、鳥たちのエサになるようです。

小さな実ですが、たくさんつくので、いい食料になるのかもしれません。

ヤブニッケイの葉

ヤブニッケイの葉

ヤブニッケイの葉

こちらが、ヤブニッケイの葉です。

葉は革質で光沢があり、大きさは、長さ7~10cm 幅2~5cmの長い楕円形状で、3本の葉脈が特徴です。

また、茎に対生しますが、写真のようにずれてつくものもあり、亜対生と呼ばれます。

同じクスノキ科のシロダモによくにた葉ですが、シロダモは葉の裏が白く、実が赤くなるなどの違いがあります。

シロダモの詳細は、つぎの記事をご覧ください。

ヤブニッケイの樹

ヤブニッケイの樹

こちらは、枝の様子を撮ったものですが、ご覧のようにたくさんの枝がでて一面の葉で覆われています。

このようによく繁るので、生垣などにされてきたのだろうと思います。

本日も読んでいただき、ありがとうございました。(^_^)

ヤブニッケイの基本情報

ヤブニッケイ(藪肉桂)は、中国、韓国の済州島や、日本の関東・北陸以西に分布するクスノキ科ニッケイ属の常緑高木で、雌雄異株です。

名前は、同じクスノキ科のニッケイ(肉桂)にくらべて劣るとしてヤブ(藪)とつけられたとされます。また、ニッケイ(肉桂)は中国では、厚い樹皮を「肉」、香木を「桂」と表すことに由来します。

別名は、マツラニッケイ(松浦肉桂)、ナンジャモドキ、クスタブ、クロダモ。

学名は、Cinnamomum yabunikkei

英名は、Japanese Cinnamon

花期は6~7月で、新枝の葉腋から花柄を出し、淡黄緑の花を散形状に数個づつ咲かせます。花の直径は5mmほどで、花被は筒形で上部で6裂します。

果実は液果で、長さ15mmほどの球形~楕円形で、10~11月ごろに黒く熟します。

この実から、蝋などを採ることができると言われます。

葉は革質で対生しますが、ずれてつくものもあり、亜対生と呼ばれます。また、長さ7~8cm 幅2~5cmの長楕円形で、芳香があり全縁です。

樹皮は平滑で、赤みを帯びたこげ茶色になります。

材は、建築用材などに使われ、葉や樹皮は薬用にされてきたと言われます。

ヤブニッケイの花言葉・誕生花

ヤブニッケイの花言葉は、「純潔」で、8月27日の誕生花です

参照サイト・書籍

Wikipedia ヤブニッケイ

庭木図鑑 樹木ペディア ヤブニッケイ

くすきの杜 ヤブニッケイ

高橋秀男 校閲  池田書店 「葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑

関連投稿

PR



カテゴリー

~いま見ごろの花たち~

PR

-常緑高木, 広葉樹, 樹木
-, ,