オオキンケイギク

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

オオキンケイギクとキバナコスモスの違い

2021年5月25日

夏になると、オオキンケイギクの黄色い花をよく見かけます。きれいな花ですが、繁殖力が強いため特定外来生物に指定され、各地で駆除もされています。同じころに咲くキバナコスモスとよくにているので、両者の違いやそれぞれの詳細をまとめました。

オオキンケイギクとキバナコスモスの違い

オオキンケイギクとキバナコスモスの違い一覧

最初にオオキンケイギクとキバナコスモスの違いをまとめました。

両者は、よくにた黄色い花を咲かせますが、つぎに写真のように、花や葉に明らかな違いがあります。

        オオキンケイギク
           キバナコスモス
   花
オオキンケイギク キバナコスモス
       葉 オオキンケイギク

花と葉を見れば違いはわかるかと思いますが、他の項目を含め、表にまとめました。

オオキンケイギクとキバナコスモスの違い
オオキンケイギク キバナコスモス
開花期 5~7月 6~10月
舌状花の数 多数 8枚
舌状花の先 4~5裂 2か所に切れ込み
葉の形 長細い 2~3回羽状複葉
葉のつき形 互生 対生

以下に、オオキンケイギクとキバナコスモスについて詳しくかきました。

オオキンケイギク(大金鶏菊)

オオキンケイギク

群生するオオキンケイギク

いま、オオキンケイギク(大金鶏菊)の花をよく見かけます。

この写真は、通りがかった畑の土手に群生してたくさんの咲いていたものです。

キク科の黄色い花で、花の形から鶏を連想して「大金鶏菊」と名づけられた言われますが、はなやかな花だと思います。

家の近くの土手でも、毎年きれいな花を咲かせ、きれいな花だと思っていたのですが、平成18年に「特定外来生物」に指定され、栽培、販売、移動などが禁じられているとのことです。繁殖力が強く、他の植物を駆逐して景観を損ねる恐れがあるようです。

せっかくきれいな花なのに、残念だと思います。

オオキンケイギク

近くで咲くオオキンケイギク

近くの空き地の雑草の中で咲いているオオキンケイギクです。毎年1~2回は、草刈りをするのですが、いつも生えてきます。

花が咲いたらすぐにでも刈ってしまうほうがいいんだろうと思います。

花をよく見てみると、こんな感じです。

オオキンケイギクの花

オオキンケイギクの花

形は、頭状花で、たくさんの小さな花が集まって1つの花になっています。つまり、中心部に小さなつぶつぶのような管状花が集まり、周囲にたくさんの舌状花がついています。

鮮やかな黄色ですが、特徴的なのは、周囲にたくさんついた舌状花の先が、4~5裂していることです。

オオキンケイギクの葉

オオキンケイギクの葉

葉を見てみると、細長い葉が、まっすぐに上を向いて伸びているようです。

草丈は0.3~0.7mくらいで、葉は根出葉と、茎につく葉がありますが、茎につく葉は細長く、互生してつきます。

オオキンケイギクの基本情報・花言葉

オオキンケイギクは、北アメリカ原産で台湾、オーストラリア、サウジアラビアなど世界各国に移入分布し、日本各地でも見られるキク科オオキンケイギク属の宿根草です。

名前の由来は、花の色を「金鶏(黄色の鳥)」に見立てたという説と、「花が黄色で、花びらの形が鶏のトサカを連想させる」ことに由来するとする説、があります。

学名は、Coreopsis lanceolata。

英名は、Lance-leaved coreopsi。

繁殖力が強く、他の植物への悪影響が大きいとされ、日本では特定外来生物に指定されており、栽培、運搬、販売、野外への放出などは禁止されています。

花期は5~7月ころ、草丈0.5~0.7mの茎の先に、直径5~7cmほどの黄色い頭状花を咲かせます。

花の周囲につく舌状花の先端は、4~5裂します。

オオキンケイギクの花言葉は、「いつも明るく」、「きらびやか」で、7月8日の誕生花です

キバナコスモス(黄花秋桜)

キバナコスモス

キバナコスモスの花

キバナコスモス(黄花秋桜)の花です。

こちらも黄色い花で、オオキンケイギクによくにたきれいな花です。

キバナコスモスはメキシコ原産の一年草ですが、特定外来生物の指定もなく、栽培しても問題にはなりません。

花は直径5~8cm、舌状花は幅広で、数は8枚ほどで、先端に2か所の切れ込みがっています。

葉は長さ5~12cmで、深い切れ込みが入ったような葉で、2~3回羽状複葉、茎に対生しています。

キバナコスモスの花

キバナコスモスの葉

細い茎の先に、一つの花が咲いています。

つぎの写真は、群生地の様子です。

キバナコスモスの群生

キバナコスモスの群生

キバナコスモスの基本情報・花言葉

キバナコスモスはメキシコ原産の帰化植物で、日本には大正時代に輸入されたといわるキク科コスモス属の一年草です。

園芸品種ですが、一部 野生化したものもあるようです。

学名は、Cosmos sulphureus。

英名は、Golden cosmos, Yellow cosmos, Sulfur Cosmos, Orange cosmos。

花期は6~11月で、花の直径は3~5cmで、黄色からオレンジ色や赤の花を咲かせます。

葉は切れ込みが深く2~3回羽状複葉で、対生してつきます。

草丈は30~100cmほどになります。

キバナコスモスの花言葉は、「野性的な美しさ」で、6月17日の誕生花です

おわりに

オオキンケイギク(大金鶏菊)の花が近くで咲いています。

きれいな花なのですが、繁殖力がつよいために特定外来生物に指定されており、残念だと思います。

環境を維持していくためには必要なことなんだろうと思いますが、人が海外から持ってきたけど、繁殖しすぎたので禁止する、ちょっと考えさせられる思いです。

参照サイト

Wikipedia キバナコスモス オオキンケイギク

九州地方環境事務所資料 オオキンケイギクは特定外来生物です!

三河の植物観察 キバナコスモス

花言葉事典 オオキンケイギク

花言葉由来 キバナコスモス

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

-草本, 野草
-, ,